当サイトは中古車買取・査定に関する情報を提供しているサイトです。どのようにすれば高く車を売ることができるのかについて解説しています。

たとえば、自分の車を高く売る方法としてネット上の一括査定があります。それだけでなく「中古車を売る前の注意点」「売るタイミングはどこがいいのか」を含めて、車の売却に関することを総合的に情報発信しています。

あなたの車、いくらで売れると思いますか?

出張査定で査定してもらっている様子

はじめて車を売ったとき高く売る方法など全く知らない初心者でした。

車を高く売る方法を知らなかったのは、中古車というのは新車買取の際に下取りで出すものという認識しかなかったからです。

そのため、私は新車を販売するディーラーでしか中古車を売ることができないと考えていました。

また、最初に車を売却するときに、複数の買取業者に買取を依頼して査定するという考え自体ありませんでした。

しかし、最初の車を売った後になって買取相場の価格をネットで調べたところ、私の乗っていた車はもっと高く売ることができたことを知りました。

その後、本を読んだりディーラーや中古車買い取り店の現場の人に聞いて車を高く売るにはどうすればいいか調べまくりました。

車を高く売るために読んだ本

また、地域や季節、流行、新車のモデルチェンジなども中古車の査定価格に反映されます。

このように高く買い取ってくれる業者を見つけるためには、比較することが大切だと知ったのです。

自動車の買い替えや売却を決める瞬間BEST7

自動車は1度買ってしまえば、一生乗り続けられるものではありません。何かしらのきっかけで新しい車にしたり、売ったりしなければなりません。

実は、多くの人はここで挙げる7つの瞬間に車の買い替えや売却を決めています。

新しい車に乗り換えたい

今乗っている車に満足できず、新しい車に乗り換える人がいます。

自動車メーカーは今までたくさんの車を発売し、現在でも毎年のように多くの車を発売しています。また、車ごとに狙っている客層が違うため、多種多様な車があります。

例えば、「運転が苦手な20代女性のための軽自動車」というコンセプトで作られている車があれば、「4人家族のお父さんが運転する、長距離運転が楽な車」というコンセプトで作られている車もあります。

このように車にはそれぞれ狙っているターゲット層がいます。ゆえに、ターゲット層が求めている機能を満たす車として設計されているのです。

私も含め多くの人は、生活事情が変わって使用用途が合わなくなってきたり、趣味や嗜好が変わったりします。そうなれば、必要な車が変わってきます。このようなときに、多くの人は車の買い替えを考えるのです。

使用目的を明確にせずに次の車を購入してしまうと、購入後になって「こんなはずではなかった」と不満を抱えながら乗り続けるということになってしまいます。

そのため、新しい車に買い換える前に、車の特徴が自分の生活や使用用途に合っているか検討する必要があります。

<関連記事>

・新車購入で失敗しない車種選びの方法

維持費の安い車に乗り換えたい

今乗っている車の維持費の高さに悩んで、車を買い換える人もいます。日本で自動車を購入すると、初期費用に何百万円もかかります。それだけでなく、買った車を維持するために毎年20万円、30万円の維持費を支払わなければなりません。

さらに、新車登録から13年以上経過した車は、新車登録から13年未満の車に比べ、税金を余分に払わなければなりません。そのため、長期間にわたって車を所有するほどお金がかかります。

当然ながら、排気量が大きくなればなるほど、排気量が小さい車と同じ距離を走ったときには余分に燃料を消費するため、燃料代も高くなります。

このような理由で、排気量の大きい普通自動車から維持費の安い軽自動車に乗り換える人がいます。私もこの理由で軽自動車に乗り換えました。今私が乗っている車は軽自動車ですが、普通自動車に比べればはるかに安い維持費で済んでいます。

転勤で不要になった

転勤で地方から都会へ異動することになったり、結婚で引っ越したりすることで車が不要になる人もいます。

例えば、地方から東京都の23区内のような都市部に引っ越すことが決まった場合、車が生活に必要なものではなくなります。

なぜなら、公共交通機関が発達した都市部では、家から徒歩で日常に必要な買い物が全て済んでしまうからです。

東京や大阪などでは、車がなくてもカーシェアリングのように気軽に車を借りることができるため自宅に車が無くても、生活に不便を感じることはありません。

カーシェアリングのイメージ画像

地方であれば日用品をスーパーに買いに行ったり、娯楽のために出かけたりするには車が必要になります。しかし、都市部では車が無くても買い物を済ませたり、映画やレジャーなどの娯楽を楽しんだりすることが可能なのです。

そのため、地方から都市部への引っ越しが決まると車を手放す人が多いです。

また、結婚している夫婦世帯が都市部へ引っ越す場合、転勤にともない夫婦で自動車1台で済ませる家庭があります。なぜなら、引越し先の月極駐車場の費用が高く、車の維持費が高くなることからです。

夫婦のどちらかが公共交通機関で通勤したり、自転車で通勤したりして車1台で済ますことができれば、車の維持費を抑えることができます。

このように転勤や結婚などの生活の変化によって、車が不要になるといったケースがあります。

<関連記事>

・都会への引っ越しが決まったら、車は手放すべき

・カーシェアリングはマイカーの代わりになるのか

所有者が亡くなり、管理に困っている

車の所有者が亡くなり、車の処分に困っている人もいます。例えば、おじいちゃんが生前は乗っていたけれど、亡くなって処分方法が分からないといった場合です。

なぜ処分方法が分からないかというと、故人の財産(所有物)を勝手に処分することはできないからです。故人の所有物を処分する場合、法定手続きを適切におこなう必要があります。

例えば、故人の死亡届が出ていない場合は「譲渡証明書」が必要ですが、死亡届けが出ている場合は「遺産分割協議書」が必要になります。

亡くなった方の家族が遺産分割協議書を作成して相続を行う場合、亡くなった本人の配偶者と、その子供の実印と印鑑証明が必要になるなど、大変な手間がかかります。

特に普通自動車の売却を自分で処理しようとすると、旧所有者から法定相続人に名義を変更し、さらに新たな所有者が売却・廃車手続きを行わなければならないなど、非常に手間がかかります。

こうした場合、自分で手続きをするのではなく中古車買取業者などの専門家に売却を依頼し、故人の車を手放すといったケースがあります。

<関連記事>

・自動車の遺産分割で絶対に確認すべき3つのこと

子育てに適した車に乗り換え

独身のときと出産後に同じ車に乗り続ける人がいますが、その数は少ないです。結婚してから出産まで、独身のときに乗っていた車に乗り続けることがあっても、出産後まで同じ車を乗り続ける人はなかなかいません。

その理由の一つとして、乗る車の基準が自分ではなく「赤ちゃん」「こども」中心に変わることが挙げられます。例えば、現在の日本の法律では、6歳未満の幼児にチャイルドシートを着用することが法律で義務付けられています。

独身のときにスポーツカーやクーペを買った人が、出産後も同じ車に乗り続けると家族3人で移動するときに座席が狭かったり、チャイルドシートを固定しにくかったりと生活をするうえでとても面倒です。

また、独身のうちからミニバンのような7人、8人乗りの車に乗っている人はほとんどいません。なぜなら、新車価格と維持費が高いからです。

このように、子育てに適した車に乗り換えるために買い換える人もいます。

<関連記事>

・出産後の子供のために、どんな車に買い換えるべきか

老後の生活に向けた乗り換え

子育てを終え、子供が就職すると独身のときのようにはいかないまでも、自由に使えるお金が増えます。そのため、子育ての期間中に乗りたかった車や、昔から憧れていた車に乗り換える人もいます。

例えば、学校卒業後すぐに結婚し出産までした夫婦の場合、「子供が就職するまで自由に使えるお金が無い」と言っても過言ではありません。子供を塾や習い事に通わせるための教育費、大学進学に向けた貯金など、お金の出費が絶え間なく訪れるからです。

そのため憧れていた車があるとしても、簡単に購入することができません。しかし、子供が社会人になり自立した生活を始めると、自由に使えるお金ができるため、我慢せずに憧れの車に乗り換えることができるようになります。

一方、老後に向けて維持費のかからない車に乗り換える人もいます。前述の通り、普通自動車の維持費はまったく乗らなくても年間20〜30万円はかかります。

子供に迷惑はかけられないからと、自分の老後の貯金を貯めるために維持費の安い軽自動車に買い換えて、車の維持費をおさえる人もいます。

<関連記事>

・子育てがひと段落したら、生活にあった車を買うべき

老後の身体能力の低下に備え、安全技術の充実した車に乗り換え

また、加齢に伴う身体機能の低下を感じて、安全装備が充実した車に乗り換える人もいます。

自分の身体能力が落ちている事を冷静に判断できる人であればあるほど、自分が運転ミスしてしまう可能性をしっかりと考えて安全装置が充実した車に乗り換えていきます。

例えば、20代に比べて40代、50代、60代と年を重ねると視力が衰えるだけでなく、筋力が衰えたり、瞬間的な判断がしにくくなったりします。

そのため、可能な限り車に乗らないようにすればいいのですが、生活の足として車が生活の必需品である人は、生きていくために車に乗り続けるしかありません。

このような理由から、衝突回避システムや、自動走行システムなどの安全装置が充実した車に買い換える人もいます。

・運転に不安を感じたら、安全技術が充実した車を買うべき

売却時に認識すべき点

ここまでで、売却する理由はさまざまであることを解説してきました。

ただ、車を高く売ろうと考えているのであれば以下に述べることは最低限、おさえておく必要があります。なぜなら、これらのことをおさえておかなければ、買取業者から信頼されなかったり、トータルで見て損したりすることになってしまうからです。

傷や汚れがあることを隠さない

新車のときに比べると、車を売る段階では大なり小なりの傷がついているものです。そもそも、空気中のチリやホコリなどの汚れが車の表面に付着したり、林道を走っているときに枝が走行中の車に落ちてきたりするのは避けようがありません。

また、雨の日は他の車に水をかけられることがあれば、砂利を含んだ雨水の上を通ったときに、撒き散らした雨水が車の表面にかかることもあるでしょう。このように普段車を使う上で、車の塗装が大なり小なり傷つきます。

これは、車に乗る上で仕方ないことです。しかし、過去に事故を起こして修理の跡があったり、大きな傷を付けてしまったりと、経年劣化ではない傷や事故跡がある車もあります。

あなたの車に自然にできたものではない不良点や欠点がある場合、売るときに正直に申告する必要があります。なぜなら、売却後に隠していた不良が発見されると最悪の場合損害賠償を請求されることがあるからです。

「見つからないなら、それで問題ないのではないか」と考える人もいるかもしれません。ただ、ほとんどの場合車の査定の段階で査定人がこれらの不良を見抜きます。

そのため、仮に過去に事故を起こした車であるにも関わらず、「事故がなかった」と嘘を言っても見破られてしまうでしょう。また、嘘をついてしまうと買取業者からの信用を失うため、どんなに安く買い叩かれても文句を言えません。

その場合、どんなに反論しようとも「依頼者が嘘をついていたので、正確な査定ができなかった」の一言で済まされてしまいます。

買取業者が嘘を見過ごしたまま買取り、後日虚偽の申告があったと主張されれば査定事態が無効になるばかりか、詐欺で訴えられることもありえます。

そのため、過去に事故を起こした事があるのであれば、査定の段階で正直に申告する必要があります。

<関連記事>

・車の傷や汚れは査定にどれくらい影響するのか

高く売るために、修理を行わない

前述のように、過去に事故や不注意から車に何らかの不調があるときは、査定のときに正直に申告したほうが良いでしょう。

また、ちょっとした傷でよく見ないとわからないような小キズなどを修理業者に依頼して修理すれば、査定金額が高くなるのではないかと考える人もいます。

たしかに、ちょっとした傷が治っていることによって中古車査定のときに多少のプラス評価に繋がることがあるかもしれません。しかし、そのプラス評価で上乗せされる金額は、修理金額よりはるかに安くなる場合が大半です。

例えば、塗装面についた深さ2〜3ミリ、長さ3センチメートル程度のかすり傷があるとします。このような傷を治すために、市販の修正ペンを使う人がいます。しかし、市販の修正ペンの色と車の塗装の色が完璧に合致していることはほとんどありません。

メーカーの塗装でないと、どうしても多少の色の違いが出てしまいます。そのため、査定人によっては傷の補修を「汚れ」と判断します。そうれなれば、査定金額をあげるつもりでおこなった修理が、結果的に査定金額を下げてしまうということになりかねません。

実は、中古車買取業者は自社で多少の傷をほぼ完璧に目立たなくするための修理設備を整えています。当然ながら、そのような修理はプロが行います。

そのため、塗装の知識がない素人がおこなうよりはるかに綺麗に修理することが可能なのです。

このような事情から、高く売るための修理は行わずそのまま出すべきだといえます。

<関連記事>

・車の傷や汚れは査定にどれくらい影響するのか

当サイトは以下のような人が対象です

このように、車を売却する上での注意点は多くあります。これらを理解した上で、車の売却を実践してみてください。

売却理由によって悩みが異なり、こうした悩みを解決する手段の一つとして一括査定見積もりがあります。このときの悩みとしては以下の様なものがあります。

・新しい車に乗り換えるときの頭金を多く用意したい

・今の生活にあった車に乗り換えたい

・不要な車を楽に処分したい

・車の売却で面倒な思いをしたくない

1円でも高く車を売却するためにはどうすればいいか、私の実体験を含めてサイト内で解説しています。これらの情報を参考にしながら、1円でも高く車を売ってあなたの必要としていることにお金をかけてください。

このとき、一括査定見積もりを利用するとより高く売ることができるようになります。

高く売れるはずだった車を、安売りしてしまうということはなんとしても避けるようにしましょう。それは、私自身が安売りしてしまった後悔を、あなたに経験して欲しくないからです。

こうしたことから、より多くの買取業者に査定してもらって1円でも高く車を売るようにしましょう。

 



車を売るときにもっとも大切なのが、「査定額を比較する」ことです。今まで大切に乗ってきた車だからこそ、最後は高く売りたいですよね。

実際に車の売却をしたとき、ディーラーよりも中古車買取店のほうが、23万円高く買い取ってくれました。

ユーカーパックならたった1回の査定で、全国5000社以上の買取店がオークション形式で査定額を決めてくれます。入力も50秒で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

一括査定サイト違って1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」というトラブルも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!

1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!【ユーカーパック】