車検前に車の買取依頼をしよう

これから車検をむかえるにあたって、車検を通してから売ったほうが良いのか、車検前に売ってしまっても大丈夫なのか悩みますよね。

年式が古くなれば車検だけで10万円、20万円と高くなる上に、売却時に車検にかかった費用が査定額に考慮されるのかもわかりません。

結論から言えば、車検の費用が査定額に考慮されることはないため車検前に売ってしまったほうがお得です。また、車検に通して売ったとしても査定額に車検費用が満額上乗せされることはありません。

なぜ車検の費用が考慮されないのか、また車検前に売ってしまうことによってどのようなメリットがあるのか解説していきます。

車検満了当日に売却しても問題ない

車検直前のギリギリの売却になってしまっても問題ありません。具体的には、買取店まで運転していくことができれば売却が直前になってしまっても問題ないです。

なぜなら、大手の買取店の中には自社で車検を通すための工場を持っているからです。車検が切れてしまっていても、工場の敷地では私有地であるため運転しても問題ないのです。

また、工場を持っていなくても中古車を売買するときにはレッカー車で運搬することができるため車検証が有効でなくても大丈夫なのです。

ただし、車検が残っている車より車検が残っていない車のほうが公道を運転できない分扱いにくいです。売却自体に問題はありませんが、多少査定額が下がることは考慮しましょう。

車の車検が切れてから売ると、査定額が大幅にさがる

車の車検が切れてから売却するのは避けたほうが良いです。なぜなら、車検が切れてしまうと、買取店に安く買い取るための口実を与えることになるからです。

公道を運転することができないため余計な手間がかかるからです。

具体的には、車検が残っている状態で売却するのに比べて次のような手間がかかります。

  • 仮ナンバーを用意して、車に取り付ける
  • 車をレッカーする

仮ナンバーを取得して車に取り付ける場合、自分で行えば数百円で済みます。ただ、手続きが面倒なため車に詳しくない人が行うのは難しいです。

そのため、多くの場合買取依頼をした業者に代行でおこなってもらうことになります。

買い取りしてもらう会社に依頼すると仮ナンバーの取得なら1万〜3万円、レッカーなら3〜5万円の費用がかかります。

言うまでもなく、これらの費用は査定金額から差し引かれます。そのため、車検が切れた後に売却するのは避けるようにしましょう。

車を高く売るコツは、「車検を通す直前」に売る

車検を通す前に売却してしまったほうがいい理由は2つあります。

ひとつ目の理由は、車検を通したからといって、車検にかかった費用が買取額が上乗せされることが無いからです。

もうひとつの理由は、車検を通す前がもっともお得に売却できるからです。それぞれ詳しく解説していきます。

車検にかかる費用は回収できない

車検にかかる費用は車種や交換部品の有無で変わってきます。ここでは、車検で最低限負担しなければならない税金と、整備料などの費用について解説していきます。

軽自動車

軽自動車を車検に通すときにかかる法定費用は、おおよそ3万円です。詳細は下記の表のとおりです。

費用内訳価格
自賠責保険料(25ヶ月)21,970円
①重量税6,600円
②重量税・エコカー5,000円
③重量税・新車登録後13年経過車7,600円
印紙代1,400円
法定費用合計①29,970円
②28,370円
③30,970円

今乗っている車がエコカーの対象になるかは国土交通省の「自動車関係税制について」で詳しく解説しています。

上記の表に加えて、車検代行費用や整備費用が加わり、車検の総額は5〜8万円となります。

小型の乗用車(総重量1.0トン以下)

小型乗用車を車検に通すときにかかる費用は3.7万円〜4.7万円となっています。

費用内訳価格
自賠責保険料(25ヶ月)25,750円
①重量税16,400円
②重量税 (エコカー)10,000円
③重量税(新車登録後13年経過車)20,000円
印紙代1,700円
(※300番代のナンバーは1,800円)
法定費用合計①43,850円
②37,450円
③47,450円

この費用に整備費用や車検代行費用を加えると7万〜10万円程度になります。

小型の乗用車(総重量1.5トン以下)

小型の乗用車を車検に通すときにかかる費用は4.2万〜5.7万円です。

費用内訳価格
自賠責保険料(25ヶ月)25,750円
①重量税24,600円
②重量税 (エコカー)15,000円
③重量税(新車登録後13年経過車)30,000円
印紙代1,700円
(※300番代のナンバーは1,800円)
法定費用合計①52,050円
②42,450円
③57,450円

この費用に整備費用や車検代行費用を加えると、8万〜11万円程度になります。

中型の乗用車(総重量2.0トン以下)

中型の乗用車を車検に通すときにかかる法定費用は、おおよそ4.7万〜6.7万円となっています。詳しい費用は下の表のとおりです。

費用内訳価格
自賠責保険料(25ヶ月)25,750円
①重量税32,800円
②重量税 (エコカー)20,000円
③重量税(新車登録後13年経過車)40,000円
印紙代1,700円
(※300番代のナンバーは1,800円)
法定費用合計①60,250円
②47,450円
③67,450円

この費用に整備費用などを加えると、8〜12万円程度になります。

大型乗用車(総重量2.5トン以下)

大型の乗用車を車検に出すときの法定費用は、5.2万〜7.7万円となります。詳しい費用の内訳は下の表のとおりです。

費用内訳価格
自賠責保険料(25ヶ月)25,750円
①重量税41,000円
②重量税 (エコカー)25,000円
③重量税(新車登録後13年経過車)50,000円
印紙代1,700円
(※300番代のナンバーは1,800円)
法定費用合計①68,450円
②52,450円
③77,450円

この費用に整備費用などを加えると、10万〜15万円の費用がかかります。

車検を通してから売却したとしても、税金や整備にかかった費用はほとんど考慮されません。

つまり、5万円や10万円の費用を売る側のこちらが負担する必要はないのです。このことから、車検に通す前に売却してしまったほうが支払う費用が少ないためお得なのです。

車を高く売るコツやおすすめの方法

では、車を高く売るにはどうすればいいのでしょうか。ここでは、車検前に車を高く売るための具体的な3つの要素を解説していきます。

ディーラーに車を売却するのは避ける

車を売却するときに、もっとも避けなければいけないのがディーラーの下取りに出してしまうことです。なぜなら、ディーラーと中古車買い取り店では車の買取る方法が違うからです。

下取りとは?

ディーラーの下取りイメージ

下取りとは、上記のように新車の総額から下取りの査定金額分だけ値引きすることです。下取りをしてもらうことにより、新車に買い替えるときの実質の支払額を安くおさえることができます。

ただし、ディーラーに買取を依頼するときに忘れてはいけないのが「新車値引き」です。新車の売買に関しては、ほぼすべてのディーラーが新車値引きの枠を持っています。

もっとも恐いのは、新車値引きと下取りの金額の合計金額で割引金額を出されてしまうことです。たとえば、下取り金額と新車値引きの金額が本来なら下記のようであったとします。

新車値引き……10万円

下取り……95万円

→値引き上限額:合計105万円

ただ、いきなりこの満額を提示してしまうと後から交渉されたときに交渉の余地が無くなってしまいます。そのため、下取りでは、まずは安い金額の提示から始めるのです。

下取りの仕組み

その結果、最終的に下取り金額がいくらになって、新車の値引きがいくらになったのかわからなくなってしまうのです。

こちらが交渉しなければ差額の10万円がそのままディーラーの利益になってしまいます。このように、ディーラーからは新車割引額だけの金額を引き出したほうが限界金額まで引き出せるため売却すべきではないのです。

査定額を比較する

車を売却するときには査定額を比較するようにしましょう。車の査定額はどのお店が買い取るかによって金額が変わってくるからです。

たとえば、買取店によって買取金額が違ってくる理由としては、在庫車を多く確保したかったり、キャンペーンを実施していたりなどさまざまです。

A店:査定額20万円

在庫車が多いし、今は積極的に買い取りたくない

B店:査定額30万円

軽自動車の在庫車をすぐにでも確保したい。ライバルよりも高くても買い取りたい

上記のように、買取店ごとに査定基準や買取事情が違うため査定額が変わってくるのです。そのため、売却するときは複数の買取店に査定額を依頼するほど良いといえます。

車検ギリギリでに売却をする

遅くても車検前には下取りや査定に出して売却の準備を進めるようにしましょう。最終的には車検満期を迎えるギリギリで手放せばいいですが、満期を迎える1ヶ月前までには申し込むようにしましょう。なぜなら、車検の残っている車検期間が長いほど、買取店が車検を通す必要がないからです。

たとえば、車検があと1週間で切れてしまう場合、買取店は車検を通した上で販売しなければいけなくなります。その際、車検場までのレッカー費用は車検代行の費用などがかかります。

この費用の一部が査定価格に反映されることもあるため、車検が切れる前に査定を申し込んだほうが良いのです。

まとめ

ここまで解説してきたように、車検前に売却してしまったほうが買取店がしなければならなくなる手続きが少ないため高く売ることができます。

買い替えを検討していて、もうすぐ車検がやってくる状態であれば購入の決断をして次の車に買い換えるようにしましょう。


' width= 車を売るときにもっとも大切なのが、「査定額を比較する」ことです。今まで大切に乗ってきた車だからこそ、最後は高く売りたいですよね。

実際に私が車の売却をしたときも、ディーラーより中古車買取店のほうが、23万円高く買い取ってくれました。

ユーカーパックならたった1回の査定で、全国5000社以上の買取店がオークション形式で査定額を決めてくれます。入力も1分で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

一括査定サイト違って1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」「比較している最中に売却を強要される」というトラブルも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!【ユーカーパック】