車検の時期がやってくるたびに、「車もずいぶん古くなったし、そろそろ買い換えのタイミングかな」と考える人は多いです。

ただそうはいっても、「古くなった車って売れるのか」と考えて、下取り額に期待しない人のほうが多いのではないでしょうか。

実は、新車購入後数年の車や、10年以上乗った車であっても、買取店次第で0円にも、数十万円にもなります。

0円だと思っていた愛車が、査定に出したら数万円どころか数十万円で売れたら、嬉しいですよね。

半面、「全然高くない」と落胆してしまう人もいるのです。

せっかくあなたの車を売るのであれば、高く買い取ってもらったほうが良いですよね。

この記事では、あなたの愛車に査定額がつく理由、また高く売るにはどうすれば良いのか具体的な方法を紹介していきます。

最後まで熟読した上で、売却を進めればあなたの車を高ることができるので、しっかり読んであなたの車を高く売るようにしましょう。

車検を区切りに乗り換えを検討する人が多いわけ

車検を区切りに車を買い換える理由の多くは次の2つの理由である場合が多いです。

  • メンテナンス費用が一気に高くなる
  • 新しい車が欲しくなる

もし、あなたもこの2つの理由に当てはまるのであれば、車の買い換えどきかもしれません。

メンテナンス費用が一気に高くなる

車は古くなればなるほど、さまざまな不具合が現れ始めます。

たとえば、新車を買ったときに比べると燃費が大幅に悪くなったり、走行中に異音が気になるようになったりなどです。

これは、車は年間を通して屋外で保管されることが多く、ゴム部品や金属部品の劣化が年々目立ってくるからです。しっかりメンテナンスしていればトラブルの発生を防ぐことはできます。

ただ、エンジンやエアコンなどお金と手間のかかる部品の大きなメンテナンスは、おおよそ10年を境にやってきます。大きな部品になるほど合わせて交換する部品の数も増えます。

そのため、10年を境に一斉に部品を交換することが多いため、メンテナンスの費用が非常に高額になりやすいのです。

新しい車が欲しくなる

新しい車が欲しくなるというのも、理由として挙げられます。技術の進歩はすさまじく、数年前にはオプションで何十万円もした装備が、標準装備でついています。

また、モデルチェンジで外観が大きく変わっていたり、音楽や車中泊、加速性能など細かいニーズに応える車が毎年登場しています。

今乗っている車に愛着はあるものの、新しい車生活に期待せずにはいられず買い換える人が多いようです。

古い車でも高く売れるって本当?

いずれの理由にしても、せっかく車を買い換えるのであれば、少しでも高く売れるに越したことはありませんよね。

ただ、「そもそも古い車に需要があるのか」「本当に売れるのか」と疑問に思ってしまう人が多いのが現状です。なかには、自分で価値が無いと判断して廃車してしまう人もいます。

しかし、10年以上年式が落ちた車であっても高く売ることが可能です。むしろ、中古車買取業社の中には、ぼろぼろに使い古された車でないと買い取り対象にならない業者もいるほどです。

その理由は大きく3つあります。

海外の大きな需要

日本の中古車は海外で人気が高いです。なぜなら、中古の日本車は日本の車検の頻度は海外に比べると多いうえに、車検に合格するハードルが高いからです。

たとえば、国によっては車検の検査員を買収して合格させてしまう国や、初回の車検が新車購入後8年間は無い国などがあります。

つまり、車の状態の差が激しすぎるのです。見た目が綺麗なのに、中身がボロボロな車が中古車市場に多く混ざっているのです。

それに比べて、日本車は厳しい車検を短い頻度で実施しているため、年式が10年落ちどころか、20年落ちの車でも状態の良い車が多いです。

また、海外の多くの国では車は完全に乗れなくなるまで乗り続けられる事が多いのも特徴です。

そのため、日本では10万円程度でしか買い取られない車を、海外の中古車買い取り業者が100万円以上で買っていくといったことが多くあるのです。このように、日本車は海外で人気があります。

国内での中古車の需要も大きい

ネットや中古車情報誌を見ていると、年式が10年、20年経過しているにも関わらず売られている車が多くあります。

こんなに古い車が売れるのかと思うかもしれませんが、売れるからこそ情報が出回っているのです。

たとえば、地方の会社に入りたての新人社員や、都会から地方に転勤したての人は、生活が安定するまではつなぎの車があれば良いと考えます。生活が安定したら、欲しかった新車に乗り換えるのです。

また、10年落ち程度では修理費が多少かかるものの、まったく乗れなくなるほど駄目になることはありません。

部品としての価値がある

車に使われている部品は樹脂や金属部品など含めて、2万点以上あります。

そのため、車検を通すのに費用が数十万円かかるような状態になった車であっても、壊れかけた部品を業社が買い取って金属資源として売却すればお金になるのです。

たとえば、 車の排気ガスをきれいにする部品に「排気管」があります。排気管とはエンジン内部で発生した不要なガスを排気するためのパイプです。

その排気管を車から取り外して売却することで、利益を得ることができる業者もいるのです。

出典:株式会社大畑商事

このように、乗用車としての価値が無いと言われる車であっても、部品ごとに分解して売却している業社にとっては価値ある車になるのです。

誰でも簡単にできる「車を高く売る方法」

ここまで説明してきたように、どんなに古い車であっても高く売ることは可能です。ただし、「売却先」と「方法」を間違ってしまえば高く売ることはできなくなってしまいます。

そのため、知らずに安く買い叩かれる業者に売却しないようにすることが大切です。

具体的な車の売却先、また高い査定額を引き出す方法を説明します。

売却先は「下取り」のディーラーより、中古車買取店の「買取り」

売却先を選ぶとき、2つの売却先があることをおさえておきましょう。

  • ディーラーに「下取り」依頼
  • 中古車買取り専門店で「買取り」依頼

この2つの売却先で高く車を売りたいなら中古車買取店の方が査定額が高くなります。

ディーラーの下取りとは

下取りとは、新車を購入するときに、今乗っている車の査定額分を新車の価格から割引してもらうことです。

メリットとしては、ディーラーで車の購入の手続きを進めながら、納車と同時に愛車を手放すことができるため面倒な手間がかかりません。

デメリットは、下取りの査定額そのものが安いことです。特に、10年以上経過した車の場合は店頭で売るにも買い手が見つかりにくいので、査定額が付かないことがほとんどです。

中古車買取店の買取りとは

買取りとは、中古車買取店に買い取ってもらうことです。買い取った車の査定額分を現金で支払ってもらいます。

下取りの場合は、現金で支払われることなく、新車の代金から割引という形で対応されますが、買取りの場合は現金で支払われることになります。

メリットは、査定額が高くなりやすいことです。たとえば、ディーラーでの下取り額0円だった車が、買取りでは15万円になることがざらにあります。

このことから、楽に車を手放したいのであればディーラーへ下取りを依頼すればいいですが、あなたの愛車を高く売りたい場合は中古車の買取り専門業者などに買取ってもらうようにしましょう。

車を高く売るための7つの具体的方法

では、あなたの愛車を少しでも高く買い取ってもらうために試してほしい、7つの方法をチェックしてみましょう。

  1. 査定額を比較する
  2. 相場の最高額を知っておく
  3. 車に関する良い点はドンドン言う
  4. 希望額を聞かれても、知らないふりをする
  5. 売却は数日以内にすることを伝える
  6. 車の売却先は最後まで決めない
  7. 出揃った査定額をもとに交渉する

ひとつずつ詳しく解説していきます。

査定額を比較する

車を高く売る上で、絶対に外してはいけないのが「査定額の比較」です。車の売却額の違いは、「どこに売るか」によって大きく変わってしまうからです。

このことを知らないまま売却してしまうと、最悪の場合数十万円で売れるはずの車が0円で引き取られる恐れがあります。

たとえば、年式や走行距離によっては、ディーラーの「下取り」では0円で引き取られます。

新しく車購入したのですが
下取りに出した車が0円でした。
ホンダのインサイトG
22年式7万キロ、傷へこみなし
妥当なんでしょうか?

出典:Yahoo!知恵袋

ディーラーの「下取り」の査定額がなぜ安いのかというと、ディーラーは新車を売ることで利益を出しているからです。

ディーラーが中古車を引き取っているのは、あくまで新車を買うきっかけにしてもらうことです。下取りであなたの愛車を引き取っても、高く売る方法にディーラーは関心が無いためため利益を生み出せません。

そこで、あなたの愛車を高く売るためにぜひ行なって欲しいのが、中古車の買取を専門としている業者に買い取ってもらうことです。

特に、複数の中古車買取業者と査定額を比較することが大切です。なぜなら、業者によって車の評価が変わるからです。

業者の比較が簡単な一括査定とは?

複数の買取業者と査定額を比較するときにおすすめなのが、「車の一括査定」です。

一括査定を使うと、面倒な複数業者との比較を無料簡単にすることができます。

たとえば、上記のディーラーの下取り経験談で挙げた「ホンダ インサイト」を、下取りではなく一括査定に出した人の実績です。

年式が古く、走行距離も2倍以上もあるにもかかわらず、17万円の査定額で買取る業社がいることがわかります。

→誰でも簡単に依頼できる車の一括査定はこちら

中古車の買取業社は、業社によって買取り車種を絞っていたり、販路が国内外で違うため評価のポイントが違うのです。

そのため、複数の中古車買取業社と査定額を比較することが重要です。

相場の最高額を知っておく

車の売却をするときには、査定を依頼する前に相場額を知っておくようにしましょう。

もし相場額を知らないまま査定に車を出してしまうと、出された査定額が安いのか高いのか判断することができません。

たとえば、相場を知らないまま査定を依頼したところ、次の査定額を出されたとします。

提示された査定額:50万円

この査定額が高いのか安いのか、これだけでは判断できませんね。

たとえば、あなたの車の相場価格が、「45万円」あたりなら、この査定額は「高い」と言えるでしょう。

しかし、相場価格が「90万円」であれば、安く買い叩かれています。相場を何も知らないまま、安く買い叩かれて損したなんてことは避けたいですよね。

そのため、あなたの車がいくらで売れるのか、査定額を事前に知っておくことが重要なのです。

車種についての詳細な金額をいますぐ知りたいのであれば、一括査定を使って査定額を知るのがおすすめです。

車に関する良い点はドンドン言う

車の良い点関は、査定のときにどんどん伝えるようにしましょう。

  • 洗車は月に1回は必ずしていた
  • 年次点検は必ず出した
  • ワックスは季節の変わり目ごとにしていた

嘘をついて評価をあげようとするのはいけませんが、実際に車のために上記のように手間をかけていたのであれば出し惜しみせずに積極的に言うようにしましょう。

希望額を聞かれたら知らないふりをする

実際に査定をしてもらう段階になったとき、査定の希望額を聞かれても「予想がつかない」「わからない」と明確な金額を言わないようにしましょう。

査定を申し込むと、車の状態を詳細に知るために査定人に査定してもらうことになります。このとき、どの会社の査定人も99%の確率で「いくらで売れたらいいですか」と聞いてきます。

事前に売却する車の相場額を知っておいたほうが良いと言ったのは、このとき査定人のペースに乗せられないためです。

たとえば、もしあなたが希望の査定額を言ってしまった場合、その査定額を出したらすぐに売却してくれるのかという話になってしまいます。

査定額は業社の在庫状況や市場動向で変わるため、いつも同じではありません。また業社によっても査定額は変わってきます。交渉次第で査定額をもっと引き上げられるのに、相場の金額でしか売れないのはもったいないですよね。

そのため、相場額を知っていたとしても答えないようにしましょう。

相場額より高い査定額を言ってもいい?

相場額を知っていて、その相場より高い査定額を言うテクニックを紹介しているサイトもありますが、私はおすすめではありません。

たとえば、50万円が相場の車に対して、査定人から希望査定額を聞かれたときに「70万円」とかなり高めの希望額をいうテクニックです。

この方法で査定額を上げた場合、業社の反応は次の2つに別れます。

  1. 「査定額が相場ではない」と希望額が出せないことを素直に言う
  2. 「希望額で売却を進める」といい、あとから減額する

素直に査定額が出せないことを言ってくれる業社であれば良いのですが、後から減額するを申し出る業社にあたってしまった場合、時間もお金も奪われてしまいます。

たとえば、買い取った後になって「修理跡が見つかった。買取り時に説明がなかったので減額せざるを得ない」と、当初申し出た金額の半額以下の査定額まで減額してくる悪質な業社もいるからです。

相場はあくまで参考までの数字であり、実際の査定額は査定してもらうまではわからないことを覚えておきましょう。

売却は数日以内にすることを伝える

もし可能な限り高い査定額を引き出したいのであれば、「早ければ当日中、遅くとも数日内に売却先を決定する」と伝えるようにしましょう。

実際に数日以内に売るつもりがなくても、上記のように言ってしまって大丈夫です。「査定額に不満で乗り続けることにした」という事例はよくあります。

高い査定額を出すなら、売却するまでの時間が短いほどいいからです。売却するまでの期間が短ければ短いほど、査定の本気度がわかるからです。

たとえば、あなたが新車を購入するときに新車の見積もりを3つのディーラーに依頼したところ、見積もりを出すまでかかる時間が次のように違ったら、どこに好印象を持ちますか。

  • 今日中
  • 今週中
  • 今月中

おそらく、「今月中」に連絡をくれると言っているディーラーより、「今日中」に査定額を連絡してくれる方に好感を持つはずです。

これと同じように、あなたもディーラーに対しては「早く決めるつもりなんですよ」という意志を示すことが高い査定額を引き出す上で大切です。

車の売却先を最後まで決めない

車の売却先は、最後の査定が終わるまで即決しないようにしましょう。具体的には、「売却は最後の査定額が出きってから決める」と伝えることです。

実は、車を売却した人の中には次のように言われ、売却をすぐに決めてしまった人がいます。

「今すぐ決めてくれたらもっと高い査定額が出せる」

「車業界だからわかるけど、ぶっちゃけ他の業社も査定額は変わらない」

これらの言葉をそのまま受け取ってしまっては、業社の思うままです。実際は業社によって査定基準が違うため、査定額は業者ごとに変わります。

  • 軽自動車の買取りが得意な業社
  • 輸出が得意な業社
  • どんな車でもそこそこの価格で買い取れる業社

このように業社によって買取りが得意な車種と苦手な車種があるため、どの業社でも買取り額が同じということはありえません。

また、売却を少しでも早くさせようとするのは、他の業社に売買契約を取られないようにするためです。なぜそのようなことをするかというと、業社の利益が減っていくからです。

たとえば、相場より20万円安く買い叩かれれば、売る人は20万円分損して、買取業社は20万円得します。これが複数業者に査定を依頼して後で説明する交渉を進めると、相場に近づいていき、業社によっては相場を超えた金額で買い取られます。

このことから、業社から早く売るように誘いがあっても、売却先は最後の最後まで決めないようにするのがおすすめです。

出揃った査定額をもとに交渉する

最後まで査定額を聞いた後に余力があれば、査定額を引き上げる交渉をするようにしましょう。

交渉とはいっても、難しいことは何もありません。査定額が安い業者に、他社の査定額を伝えるだけです。

このとき、店舗に出向くようなことはせずに、電話で交渉を進めるようにしましょう。なぜなら、店舗に車で行った時点で業社のペースに乗せられる恐れがあるからです。

実際に私の友人が体験したのが、車チェックのために鍵を預けたきり、交渉が進まないとなかなか返してもらえなかったそうです。

「他の会社に売ってもいいけれど、あなたの会社に売ってもいいんですよ」というスタンスで交渉するために、査定額の交渉は電話でするようにしましょう。

交渉のコツは、他の業社に現状出ている最高査定額に 10〜20% を加えた金額を伝えることです。たとえば、4社に査定を依頼して次の金額を提示されたとします。

A社:30万円

B社:35万円

C社:30万円

D社:40万円

このうち、B社が本命の業社なら44〜48万円が交渉額の適切な金額になります。

最高額D社の金額 + 10〜20%(4〜8万円) = 44万〜48万円の査定額

たとえば、35万円を提示したB社に「他社の査定額で45万円の査定額がつきました」と伝えてみます。

査定額を上げられる場合はB社が最も高い査定額になりますが、交渉に失敗した場合は素直にあきらめましょう。

こうして交渉した中で、最も高い査定額を付けてくれた会社に売却するようにしましょう。

まとめ:車を高く売るために

あなたの車を高く売るためには複数の買取店で査定額を比較することが大切だと解説してきました。

  • ディーラーの下取りにだすか
  • 複数の中古車買取店に査定を依頼し、査定額を比較するか

このちょっとした選択の違いで数万円、数十万円もの査定額が変わってくるのです。

特に、年式が古い車であるほど、ディーラーの下取りでは査定額がつきません。

古い車だからといって0円の価値もないと決めてしまうのではなく、高く買い取ってくれる業社もいるということを知っておきましょう。

あなたの車に価値を見出してくれる業社をすばやく見つけるためにもここまで紹介してきた内容を活用してみてください。


' width= 車を売るときにもっとも大切なのが、「査定額を比較する」ことです。今まで大切に乗ってきた車だからこそ、最後は高く売りたいですよね。

実際に私が車の売却をしたときも、ディーラーより中古車買取店のほうが、23万円高く買い取ってくれました。

ユーカーパックならたった1回の査定で、全国5000社以上の買取店がオークション形式で査定額を決めてくれます。入力も1分で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

一括査定サイト違って1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」「比較している最中に売却を強要される」というトラブルも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!【ユーカーパック】