軽自動車が事故を起こして動かなくなってしまったとき、修理するのか廃車にするのか迷う人は多いです。特にエンジンを損傷してしまったときは、修理費用が50万円を超えるようなこともあり、処分するにもお金がかかってしまうのではないかと考える人は多いです。

引き取ってもらうのにいくら必要になるのか、また事故した状態の車でも引き取ってもらうことができるのか分かりませんよね。

実は、事故で動かなくなった軽自動車は高く買い取ってもらうことが可能です。このページでは、なぜ動かない軽自動車が高く買い取ってもらえるのか、またどのようにすれば高く買い取ってくれる業社を見つけられるのか解説していきます。

事故車の軽自動車の相場とは

軽自動車の事故車を手放すことを考えるとき、まず考えるのは「廃車」という人は多いです。

そのため、事故車の軽自動車の相場は0円どころか、引き取るための「レッカー代」や「解体料」を支払って、有料で引取ってもらうのが一般的です。

動く車なら売れるのはわかりますが、動かなくなってしまった車となると価値が無いとみなされてしまうのです。

しかし、事故車の軽自動車に価値が無いと考えるのは、あくまで引き取った車をそのまま販売している業者です。

実は、事故車の軽自動車を高く評価して、買い取ってくれる業者もいることをご存知でしょうか。

事故車の軽自動車には「使える部品」がいっぱい

軽自動車に使われている部品の数は、車の形を作っているボディから、部品を止めるための小さなネジまで含めれば2万点以上使われています。

事故で動かなくなってしまった軽自動車の2万点以上の部品が一斉に使えなくなるという事故はめったにありません。

事故の程度の差こそあれ、使える部品は数多くあります。たとえば、正面衝突の事故で損傷してしまった場合を想定してみます。

事故車の部品の行方

このように、交通事故で車が使用不能になってしまったとしても、分解することで大量の「使える部品」を取り出して、部品を求めているお客さんに売ることができるのです。

廃車から取り出した部品のリサイクル事例

廃車から取り出した部品はどのようにリサイクルされているのでしょうか。リサイクル事例と聞くと

事故車の部品が欲しくて仕方ない事例1:シートの汚れ

「部品単位で分解して売ることができるというのは分かったけれど、どのような人が部品を欲しがっているのか」と疑問に感じませんか。

たとえば、子育て中の家族の場合、次のような問題が起こる場合があります。

車の中でこどもがおもらししてしまいました。

対処法を教えてください。座席はアルカンターラです。

出典:Yahoo知恵袋

このような場合、シートをクリーニングすればオッケーという人もいるでしょう。しかし、どうしても汚れていないシートに交換したいという人もいます。

車の座席は通常は新品で流通していることがないため、簡単に手に入れる事ができません。そこで、廃車の部品から取り出したシートに需要があるのです。

事故車の部品が欲しくて仕方ない事例2:窓ガラスの割れ

日常生活で、車の窓ガラスが割れてしまうという事件もあります。

粉々になった車の窓、修理費用はどれぐらいになりますか?

車の置き引き被害に逢い、窓ガラスが粉々になりました。

車両保険には加入していなかったので自分で修理するつもりなのですが、費用はいくらくらい掛かるのでしょうか?

出典:Yahoo知恵袋

自動車の窓ガラスの場合、車両保険を使うと保険の等級が下がり、翌年からの保険料が高くなります。

だからといって、実費で新品の窓ガラスをディーラーで購入するとなれば、高い場合では10万円以上の交換・修理費用を請求される恐れがあります。

そのようなとき、廃車から取り出した窓ガラスであれば、1万円以内で交換することも可能です。

ディーラーで事故車を下取りしてもらうのは一番もったいない

ディーラーや中古車販売店に事故車を引き取ってもらう場合、残念ながら事故車は有料引取りになってしまいます。新車や中古車を買う代わりに廃車にする場合でも、せいぜい無料引き取りである場合がほとんどです。

ディーラーへの依頼費用
廃車のみ有料(レッカー費用、解体費等)
廃車+車の購入無料(購入代金に含まれている)

事故車をお金を払って買い取ってくれる業者がいるのに、わざわざお金を支払って廃車してもらうのはもったいないですよね。

では、なぜディーラーや中古車販売店の車の引き取りは有料になってしまうのでしょうか。

ディーラーや中古車販売店は廃車部品を売るノウハウが無い

実は、ディーラーや中古車販売店は、自動車を販売する方法は熟知していますが、廃車を分解して売る方法には詳しくありません。

そのため、ディーラーや中古車販売店が事故車を下取りで引き取った場合、そのまま廃車専門業者に引き渡している場合もあります。

このような場合、解体業者はディーラーなどの依頼者に対して次の費用を請求します。

一般的な廃車で必要になる費用

・レッカー代(事故車の運搬費)

・解体費(事故車を鉄くずにして処分するための費用)

・書類代行費用(廃車に必要な書類の作成費用)

無料で事故車を引き取っても、これらの費用を解体業者から請求されたら、ディーラーや中古車販売業者は赤字になってしまいますね。

そのため、ディーラーは事故車を下取りするメリットがない限り、事故車の引取りが有料になっているのです。

ディーラーが事故車を下取りするのにはメリットがある

しかし、事故車の部品をリサイクルできる仕組みを持っている業者の場合、事故車などの動かなくなった車を分解して利益を生み出すことができます。

このように廃車予定の事故車を買い取ってくれる業者とコネを持っているディーラーや中古車販売店は、事故車を廃車買取業者に紹介することで利益を得ることができます。

このような関係を築けている場合、ディーラーとしては廃車を紹介するだけで利益を得ることができますし、廃車買取業者もお客さんを紹介してもらえるメリットがあるのです。

ディーラーや中古車販売店もボランティアで活動しているわけではないため、事故車引き取りでも利益を生み出さなければお店を維持していくことができません。

ただ、この場合は事故車を下取りしてもらう依頼者が損をしてしまうことになります。このような理由から、廃車買取業者に直接依頼するほうがいいのです。

では、このように買取額を付けてくれる業者を見つけるにはどうすればいいのでしょうか。

事故車の軽自動車の買取で損しないための3つのポイント

事故車の軽自動車を手放すうえで、「どこで売るのか」が重要になります。

具体的には、以下の3点を満たしている業者か確認するようにしましょう。

事故車売却業者の選定基準・廃車に関わる費用が完全無料
・全国での買取に対応
・販路がたくさんある

なぜ、この3点が重要なのか説明します。

廃車に関わる費用が完全無料

まず、廃車に関わる費用が完全無料かどうか確認するようにしましょう。何を持って完全かというと、事故車の引取りを業者に依頼するところから、廃車手続きが終わるまでの全てです。

廃車に関することで費用が発生するのは次のポイントです。

・レッカー代

・解体費用

・廃車の書類作成代行費用

・複雑な手続きが必要なとき

残念ながら、廃車買取業社の中には事故車の引き取りは無料でも、廃車するための書類作成代行や、複雑な手続きが有料になる業社もいます

「複雑な手続きが必要なとき」というのは、前回の車検から住所が3回以上変わっている場合や、故人の車を廃車にする場合などです。

この場合、用意する書類や手間が通常の廃車に比べて多くなります。このように、どのような場合でも「完全無料」で廃車できる業社を選ぶことが大切になります。

全国での買取に対応

廃車の買取が全国規模で対応しているかも確認しましょう。なぜなら、全国対応していないと事故車をレッカーするまでの日数がかかってしまうからです。

特に、事故を起こして自走できなくなった軽自動車を保管所で預かってもらっている場合、1日ごとに保管料が発生します。任意保険で一定期間は無料になるとしても、無料の期間には上限がある場合がほとんどでしょう。

そのため、1日でもはやく業社に引き取ってもらうことが重要になるのです。

販路がたくさんある

販路を多く持っている業社であれば、大きな部品から小さな部品にいたるまで売却することができます。

反対に販路が少ない業社の場合、廃車から取り出した部品で売れない部品があれば「ゴミ」として処分するしかありません。

当然ながら、ゴミの処理にはお金がかかります。そのゴミの処分費用は買取価格から差し引きされるため、結果として安く買い叩かれることになります。

これら3点を満たしている業社であれば、事故車であっても高い査定額が付くだけでなく、スムーズに廃車手続きをすすめることができます。

まとめ

事故車の売り先を間違えてしまえば、買取価格が付くはずが、逆に引き取るための費用を請求されることになってしまいます。

軽自動車は売上台数も多いことから、事故車の部品の需要が大きいです。そのため、上記のポイントを押さえた買取業社に査定を依頼して高く売るようにしましょう。

事故車・処分に困った車を高く売りたい方必見!
car-next

「こんなにひどい状態の車だけれど、せっかくなら高く売りたい」

「事故車で動かない車だけど値段は付くのだろうか」

「廃車に関わる手続きを調べる限り面倒くさそう」

このような悩みを抱えているお客様にオススメなのが「カーネクスト」です。

実際、車の処分にはレッカー車の手配、引取料、廃車書類の作成代行、解体費の支払いなどで数万円のお金がかかります。

ただ、できることなら面倒な手間と無駄なお金をかけずに、高い価格で引き取ってもらいたいですよね。

年間20,000件以上の依頼実績のを誇る「カーネクスト」なら、どんな状態の車でもレッカー、引取り、書類作成、解体など廃車に関わる費用がすべて無料です。それどころか、あなたの車を、高く買い取ってくれます。

高額買取りの理由は、車の部品ひとつひとつを、中古パーツや鉱物資源として100%近くリサイクルする仕組みができているからです。

実際、ディーラーに引取を依頼して廃車費用を請求され、売却をあきらめていた人が、カーネクストに依頼して18万円以上の高額買取りしてもらえたという事例もあります。

自宅にいながら、誰でも無料で廃車に関する悩みを気軽に相談できるため、人気のサービスです。登録もたった20秒で完了し、おおよその査定額を知ることができます。

車の処分に関する悩みをカーネクストで解消し、安心して車を買い取ってもらうようにしましょう。
無料!簡単20秒でスピード登録!
「カーネクスト」で査定依頼する

私が過去に車の売却をしたとき、新車を販売するディーラーと、中古車買取専門店の査定額を比較してみたところ、34万円の差額をつけて中古車買取専門店に買い取ってもらいました。

私が実際に利用した中古車買取専門店は買取台数日本一の「ガリバー」。全国どこでも出張して査定してくれるだけでなく、代車の貸出しなども気軽に対応してくれます。入力はとても簡単、「車種」「年式」「走行距離」以外の、車の細かい情報を入力する必要はありません!45秒で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」ということも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
⇒【公式サイト】45秒で簡単に見積が依頼できる「ガリバー」はこちら