交通事故に巻き込まれて、自分の任意保険や相手の保険から車の修理費用が補償されるとき、「この費用で他の車に買い換えたい」と言う人は多いです。

ただ、事故の修理のために支払われた保険のお金は自由に使えるのか分かりませんよね。

実は、任意保険や事故相手の保険会社から支払われるお金で、必ず修理する必要はありません。つまり、自由に使うことができるのです。

たとえば、事故した車の修理費用に100万円が支払われたとしても、その100万円を必ず事故した車の修理に使わなければいけないということはないのです。

極端な話、100万円全部を新車の頭金に使うのはもちろん、旅行や娯楽に使うことができるのです。

さらに、事故車の買取専門業者に売却すれば、どんな事故車であったとしても高く売ることができます。

ディーラーで0円でしか引き取ることができないと言われていた車が、事故車の専門業者で20万円、30万円で売却できれば、さらに安く車を体にれることができるのです。

この記事では、保険金を受け取って自由に使うために必要な手続きは何か、また事故車を高く売るにはどうすれば良いのか解説していきます。

任意保険で支払われる修理代は自由に使える

交通事故を起こしてしまったときに事故加害者の保険会社と、あなたの加入している保険会社から支払われる損害補償金(車の修理代等)は、自由に使うことができます。

つまり、そのお金を次の車の購入費用に充てようが、コンビニでお菓子を買おうが自由に使えるのです。

一般的に、損害補償の会社からの支払いがある場合、事故車を引き受けた修理工場に支払われるのが一般的です。

そこで、あなたから加害者(被害者)の任意保険の会社に連絡することで、支払先をあなたに変更してもらうことができます。

修理しても、安全性や不具合が心配なので、乗り換える人が多い

実は、事故車は修理しても事故前の状態に完全に戻すことができません。

特に、一度でも事故を起こして自動車の骨格を損傷してしまうと、安全性に不安があったり、不具合が出やすくなったりします。

自動車を製造するときは、1円玉の薄さの誤差があるだけで不良品になる部品が多数あります。事故で車が損傷すると、これらの精密な部品に不具合が出てきます。

最初は車に影響がほとんどない不具合だったのが、少しずつ不具合が大きくなり、やがて車の安全性に関わる不具合に発展することもあるのです。

たとえば、ハンドル回りの損傷を放置すれば、最悪ハンドルが回転しなくなることもありえるのです。走行中に飛び出してきた人を避けようとしたときに、ハンドルが回らなかったらかいひすることができません。

このようなトラブルが事故車にはつきまとうため、乗り換える人が多いのです。

修理代ってだいたいいくらくらいなの?

では、事故車の修理代はどれくらいかかるのでしょうか。

部品名修理費用
フレーム(骨格)100万円以上
エンジン50万〜100万円
エアコン5万〜30万円
ドア10万〜20万円/1枚
バンパー5万〜15万円
排気管5万〜10万円

おおよその修理費用は、上記の表のとおりです。実際の金額は事故の状況によって変わりますので、あくまで目安として参考にしてください。

保険で納得いく補償を受けられる人は圧倒的少数

では、保険で支払われる事故の修理代は全額支払われるものでしょうか。実は、そんなことはありません。

保険で支払われる金額というのは、修理費用か、同程度の車の買い換えで安く収まるほうになります。

もし、任意保険の「新車特約」を保険で付帯していれば、事故を起こしたときは一定期間内であれば、自己負担額ゼロで新車相当の補償額が支給されます。

ただ、新車特約は補償が手厚い分、月々の負担が大きいため入っていない場合が大半でしょう。この場合、「修理費用」が「中古車」の相当額で安い方が任意保険で補償されるのです。

新車購入時の価格が支払われることは、まずない

このように、たとえ新車で購入して1年も経過していない間に事故を起こしてしまったとしても、「修理代」「中古車」の安い方の費用しか支払われません。

保険で保障される範囲というのは、基本的には「現状回復」までになります。つまり、事故をおこす前の車の状態にまで戻せれば問題ないという考え方なのです。

先日 停車中(信号待ち)に追突される事故に合いました。
幸い怪我は軽い挫傷程度で今はどこもいたくありません。
通院も2回程度で完治。
ただ車が全損になり いろいろ調べましたがやはり泣き寝入りするしかないのでしょうか?
100対0で同じ様な事故にあった方、なにかアドバイスなどいただけたらと思います。

特に手放すつもりもなく大切に乗っていた車で車検も6ヶ月前に通したばかりだったのですが
車は12年式、10万キロ、だった為、時価額25万との提示でした。(修理額250万)

出典:Yahoo知恵袋

たとえば、上記の被害に遭われた方の場合、保険で保障される範囲は時価額の25万円までになります。

・同等の車が25万円で購入可能

・修理なら250万円

修理費用と買い換えの費用を比較したとき、時価額相当の車のほうが安くなるからです。

反対に、買ってから数年以内の場合は修理費用のほうが安く収まることが多いため、修理費用に相当する額が補償されます。

いずれにせよ、新車購入時の価格分だけ保険で支払われることはないのです。

修理しても、事故車のレッテルは消せない

事故後に新車に買い換えられない場合、修理して修復歴車として乗り換えるか、同程度の中古車として買い換えるかの選択を迫られることになるでしょう。

残念なことに、事故した車がフレーム(骨格)まで損傷している車の場合、修理完了後は「修復歴車」として扱われることになります。

保険会社などは、「事故車は修理すれば、事故前の状態に戻る」ものとしていますが、実際にはそんなことはありません。その証拠に、中古車の雑誌には修復歴の有無が明確に記載されています。

修復歴がある車に、このような注意書きがあるのは、購入者にとって「修復歴」の有無が重要な判断基準になるからです。

さらに、修復歴のある車を欲しがる人はほとんどいないため、売却するときにも買取額がほとんど発生しません。

修理した車(修復歴車)は不安が残る

修復歴車が売れにくい理由として、予期しないトラブルが起こる恐れあることが挙げられます。

たとえば、雨の日に急に雨漏りがしてきたり、走行中に車の前の部分から突然白煙が上がり始める恐れがあるのです。

これらは、事故で破損した箇所を完全に修復できなかったことにより起こります。

これらのトラブルが起こるたびに修理費用が何十万円もかかっては、たまったものではありませんよね。

このことから、事故した車を修理して乗り続けるのは、デメリットでしかありません。

次の愛車を最安値で手に入れる方法

では、事故後に次の愛車を手に入れるためにはどうすればいいのでしょうか。

それは、事故で支払われる保険金に加えて、事故車の買取専門業者に事故車を売ることです。

たとえば、欲しい車の価格が200万円であったとします。

このとき、ディーラーに事故車を引き渡して購入する場合と、事故車買取業者に廃車の車を売却した場合の自己負担額を比較してみましょう。

・ディーラーに事故車を引き渡した場合:

保険金補償額 50万円 + 廃車引取 0円 = 合計 50万円(自己負担額 150万円)

・事故車買取業者に事故車を引き渡した場合:

保険金補償額 50万円 + 廃車買取額 30万円 = 合計 80万円(自己負担額 120万円)

事故車が無料(0円)で引き取られるのと、30万円で買取りしてもらえる2択があるなら、買い取ってもらったほうがオトクですよね。

「そんな方法があるのか」と疑問に思うかもしれませんね。事故車の専門業者が事故車を高く買い取れる理由を説明します。

事故車を高額で買取る「事故車の買取専門業者」とは

事故車の買取専門業者とは、字の通り「交通事故」などで損傷した車を買取る業者のことです。

事故車の買取業者がどんな状態の事故車でも高く買い取れるのは、「安く車を仕入れる方法」と「高く売れる場所を」知っているからです。

 

日本国内で事故車を売却する場合、利益のほとんどが修理費や解体費の他、土地代や人件費で必要になるため、利益がほとんど残りません。

しかし、発展途上国などの海外で売る場合、人件費や土地が安いため最終的な利益を多く残すことができるのです。

このように、事故車といえば、どうしても価格がつかないものだと思われがちですが、実際は海外で大きな需要があるのです。

まとめ

交通事故でぼろぼろになった車であっても、保険の修理費用を確保し、事故車を高く売ることができれば、次の車を安く買うことができます。

ここまで説明してきたように、修理費用がかかる車でも高く売却することは可能なことをおさえて、事故車を高く売るようにしましょう。

事故車・処分に困った車を高く売りたい方必見!
car-next

「こんなにひどい状態の車だけれど、せっかくなら高く売りたい」

「事故車で動かない車だけど値段は付くのだろうか」

「廃車に関わる手続きを調べる限り面倒くさそう」

このような悩みを抱えているお客様にオススメなのが「カーネクスト」です。

実際、車の処分にはレッカー車の手配、引取料、廃車書類の作成代行、解体費の支払いなどで数万円のお金がかかります。

ただ、できることなら面倒な手間と無駄なお金をかけずに、高い価格で引き取ってもらいたいですよね。

年間20,000件以上の依頼実績のを誇る「カーネクスト」なら、どんな状態の車でもレッカー、引取り、書類作成、解体など廃車に関わる費用がすべて無料です。それどころか、あなたの車を、高く買い取ってくれます。

高額買取りの理由は、車の部品ひとつひとつを、中古パーツや鉱物資源として100%近くリサイクルする仕組みができているからです。

実際、ディーラーに引取を依頼して廃車費用を請求され、売却をあきらめていた人が、カーネクストに依頼して18万円以上の高額買取りしてもらえたという事例もあります。

自宅にいながら、誰でも無料で廃車に関する悩みを気軽に相談できるため、人気のサービスです。登録もたった20秒で完了し、おおよその査定額を知ることができます。

車の処分に関する悩みをカーネクストで解消し、安心して車を買い取ってもらうようにしましょう。
無料!簡単20秒でスピード登録!
「カーネクスト」で査定依頼する

' width= 車を売るときにもっとも大切なのが、「査定額を比較する」ことです。今まで大切に乗ってきた車だからこそ、最後は高く売りたいですよね。

実際に私が車の売却をしたときも、ディーラーより中古車買取店のほうが、23万円高く買い取ってくれました。

ユーカーパックならたった1回の査定で、全国5000社以上の買取店がオークション形式で査定額を決めてくれます。入力も1分で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

一括査定サイト違って1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」「比較している最中に売却を強要される」というトラブルも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!【ユーカーパック】