クレジットカードと現金をイメージさせる写真

車検の費用って高いですよね。数万円程度ならいいですが、一気に10万円、20万円の出費が必要となると、ちょっと抵抗があります。

特にボーナス前であったり、高い出費があった直後は「支払いに余裕ができたらな〜」と感じずにはいられませんよね。

そこで、クレジットカードで車検費用を支払うことができたらいいなと思っているのではないでしょうか。

このページでは、車検に関わる費用を全額クレジットカードで支払えるお店の見つけ方を紹介していきます。

さらに、クレジットカードで支払うメリットとデメリットも紹介していきます。

全額クレジット払いができるのはメリットですが、デメリットがまったくないわけではありません。

車検費用を全額クレジットカード払いして損したということがないためにも、クレジット払いの良い点と悪い点もおさえておきましょう。

全額クレジット払いできるお店の簡単な見つけ方

全額クレジット払いできるお店を見つけるには、全額クレジット払いできることを公言しているお店に査定依頼するのがもっとも良いです。

なぜなら、業社によって全額クレジット払いに対応している業社がある一方、「クレジット払い対応」といいながら法定費用を除いた金額しか対応していない業社があるからです。

たとえば、全額クレジットカードの支払いだけに対応しているお店だけを紹介しているサービスを利用すれば、あなたが1件ずつ店舗に対応の有無を確認しなくても業社を見つけることができます。

  • 現金のみ対応
  • 車検基本料はクレジット払い可能。ただし、法定費用は現金払い
  • 全額クレジットカード払い可能

あなたの地域の車検店も、この3つタイプのお店が混ざっています。いざ支払いの段階になったら「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、全額クレジットカード払いに対応しているお店を見つけるようにしましょう。

全額クレジット払いができるお店を紹介してくれる「グー車検」

グー車検のサイト画像今までは、全額クレジット払いに対応した業社をを見つけるには自力で探すしかありませんでした。

しかし、あなたの住んでいる地域で「全額クレジット払い」に対応しているお店だけを紹介してくれるサービスがあります。それが「グー車検」です。

グー車検なら全額クレジット払いに対応しているだけでなく、自宅や職場ににいながら車を引き取ってもらうことができます。

さらに、車検に出している間の代車が必要なら、預け入れから納車まであなたの車と入れ替えで代車を貸してもらうことが可能です。

「全額クレジット払いに対応した業社を探すのは面倒」というかたは、ぜひ使ってみてください。
クレジットカードOKのGoo車検

クレジットカード払いのメリット・デメリット

クレジットカードで支払うと、クレジットカードにポイントが付くことからカードで支払ったほうがいいと思うかもしれません。

しかし、クレジットカードで支払う場合にもメリットどデメリットがそれぞれあることを押さえておきましょう。

「メリット」

  • ポイントがつく
  • 支払いに余裕ができる

「デメリット」

  • 車検費用が現金払いより高くなる場合がある

それぞれ詳細に解説していきます。

メリット1:ポイントが付く

クレジットカードを使うメリットの1つ目はポイントが付くことです。特に航空系マイルやキャッシュバックが充実しているクレジットカードなら還元率が高いほどお得になります。

たとえば、還元率が1%だった場合を考えてみます。

車検費用総額:15万円

還元額:150,000円 × 0.01(1%) = 1,500円

さらに、ポイントアッププログラムなどで還元率2%、3%であればそれだけ多くのポイントやキャッシュバックを得られるのです。

メリット2:支払いに余裕できる

クレジットカードを使う2つ目のメリットは、クレジットカードを使うことで支払いに余裕ができることです。

なぜなら、通常の現金払いとは違い、クレジットカードは翌月以降に引き落としされますし、分割払いにも対応しているからです。

たとえば、車検費用で総額15万円を請求された場合、現金払いなら15万円がその場で手元から消えてしまいますよね。

一方クレジットカードで支払う場合なら、その場で全額支払う必要はなく、次回引き落とし日までに用意すれば大丈夫なのです。

さらに2回払いまでは手数料が無料なことが多く、1回の支払いが半分で済むのもありがたいですよね。

デメリット1:車検費用が現金より高くなる恐れがある

クレジット払いによるデメリットが、店舗によっては現金払いよりも車検費用が高くなる恐れがあることです。

クレジットカードを利用する際に発生する手数料をお店側が負担するため、あらかじめ金額を高く設定している場合があるからです。

たとえば、車検費用が総額15万円の場合、手数料が3%なら4500円を店舗側が負担することになります。

この場合、店舗によってはあらかじめ総額15万5千円として手数料分を車検金額に上乗せしている場合があるのです。

ただ、車検を価格を見て決める人も多いことから、このように意図的に高い価格を設定している店舗の方が少ないです。

車検費用を全額クレジットカードで払うときに損しないためにも、全額クレジット払いに対応した複数業社に見積もりを出してもらって、査定額を比較するといいでしょう。

もしくは、「グー車検」のように査定額が一律で決まっている業社に依頼するといいでしょう。

まとめ

車検費用がクレジットカードで支払えるお店にも、一部金額が支払えるお店があることと、全額クレジット払いができるお店があることを解説してきました。

また車検費用を全額クレジット払いする場合、メリットとデメリットがあることを解説してきました。

「メリット」

  • ポイントがつく
  • 支払いに余裕ができる

「デメリット」

  • 車検費用が現金払いより高くなる場合がある

あなたの車を車検に出すまでに、クレジットカードで支払ったほうが得なのか、現金で支払ったほうが得なのか考えた上で、車検を依頼するようにしましょう。


私が過去に車の売却をしたとき、新車を販売するディーラーと、中古車買取専門店の査定額を比較してみたところ、34万円の差額をつけて中古車買取専門店に買い取ってもらいました。

私が実際に利用した中古車買取専門店は買取台数日本一の「ガリバー」。全国どこでも出張して査定してくれるだけでなく、代車の貸出しなども気軽に対応してくれます。入力はとても簡単、「車種」「年式」「走行距離」以外の、車の細かい情報を入力する必要はありません!45秒で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」ということも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
⇒【公式サイト】45秒で簡単に見積が依頼できる「ガリバー」はこちら