新しい車へ買い換えるとき、あなたが今乗っている車は売りに出すことになります。

売りに出す前に、過去に壁にこすったり、ちょっとした事故で車に傷ができたりしていないか確認するようにしましょう。

なぜなら、このような車を売る場合には注意が必要だからです。売った後になって修理費を求められるなど、「減額」を要求される場合があります。

このページでは、なぜこのような減額要求が起こるのか、また減額されるのを回避するにはどうすればいいか解説していきます。

車の減額の内容

まず、車の傷の大きさがどれくらいのときに、どの程度減額されるのか確認していきます。

傷の大きさ減額の金額目安傷の大きさ目安
極小ほぼ無し
5cm程度2〜3万円
30cm程度5〜10万円

車の傷の大きさで減額されるのは上記の通りです。減額され始める目安としては、以下に当てはまるかで考えてみてください。

・爪でなぞったときに引っかかるか

・2〜3メートル離れた場所から分かるか

もしこれらのいずれか、もしくは両方に当てはまるのであれば減点されると考えてください。

査定のために修理に出すのは無駄?

この記事を読んだ人の中には、「査定前に傷を修復しておいたほうがいいのではないか」と考える人もいるでしょう。

ただ、修理費用が査定額の増額分を上回ることはないので、修理費用は無駄になります。そのため、どんな状態の車であってもそのまま査定に出すようにしましょう。

たしかに、査定前に傷を修復することができれば査定額は上がるかもしれません。

ただ、残念ながら査定額が上がる以上に修理費のほうが高くついてしまうのが現状なのです。

たとえば、上記で紹介した傷の減額に比べると、修理した際は約2倍の費用が請求されます。10万円払って修理したのに、5万円分しか得しなかったとなっては、トータルで5万円分損をしてしまいます。

このようなことがあるため、査定に車を出すために修理する必要がないのです。

査定後に業社から車の傷を指摘されて減額される?

一括査定を依頼する業社の中には、最初に高い査定額を出し、売却後になって「再度査定させてください」といって、査定のやり直しを求めてくる業社がいます。

つまり、2回目の査定をおこなった後に、1回目に提示した査定額より減額した査定額で買取りたいと言ってくるのです。

傷の付いた部分を考慮して、減額した査定額を提示するのが一般的ですが、減額を要求してくる業社も少数ながら存在します。

なぜこのような業社がいるのでしょうか。それは、最初に高い査定額を提示することで、売却先の業社として選んでもらうためです。

たとえば、上記のように他の業社が40万円〜45万円の査定額を提示しているにも関わらず、他社より2倍近い査定額を提示している場合は注意が必要です。

そうはいっても、車に傷が付いているにも関わらず他の業者よりも高い査定額を提示されると、「この機会を見逃してもいいのか」と考え込んでしまいますよね。私も同じ状況に立たされたら、金額の高さに気持ちがたかぶってしまうでしょう。

しかし、そうして「査定額」ばかりに注目してしまうと、査定額が妥当な金額なのか冷静に判断することができなくなってしまいます。

査定した後になって、「最初から減額するつもりで買取るなんて、悪質極まりないじゃないか!! 」と文句を言っても泣き寝入りすることになりかねないのです。

そのようなことにならないためにも、悪質な業社はなんとしても避けなければいけません。

では、悪質な業社に当たって後日減額されるような事態を回避するためにはどうすればいいのでしょうか。

実は、査定のときには4つのポイントを押さえれば、このような悪質な業社に買い取られることを防ぐことができます。

査定後に減額する悪質業社に当たらないために確認すべき4つのポイント

このような悪質業社は、残念ながら会社の規模に関係なく存在しています。

そのため、あなたが聞いたことのある大手会社だからといって100%信用できるわけではありません。また、規模が小さいからと言って信頼できない業社ではないのです。

このことから、査定時には次に紹介する4点を実行するようにして下さい

  1. 一括査定を利用して複数業者に査定依頼する
  2. 把握している範囲で、事故歴、不具合など正直に話す
  3. 査定は一部始終、音声に録音する
  4. 契約書に「後から減額される旨」がないか要確認

それぞれ詳しく解説します。

一括査定を利用して複数業者に査定依頼する

査定を依頼するときには、1社だけでなく複数の業社に査定を依頼するようにしましょう。

なぜなら、複数業者に査定依頼することで、買取額そのものが不自然に高すぎないか判断することができるからです。

もちろん、1社だけしか査定依頼しなければ査定額そのものが高いのか安いのか判断することはできません。

比較するものがない限り金額が妥当かどうか判断することはできないからです。

たとえば、1社だけ査定を依頼して、次のような査定額を提示されたとします。

  • A社:40万円

この査定額だけでは、安いのか高いのか判断できませんよね。では、合計4社に査定依頼して、次のような査定額を提示された場合はどうでしょうか。

  • B社:50万円
  • C社:45万円
  • D社:70万円

4社に依頼すると、最初の買取業社の査定額は相場より安そうだということが分かりました。

A社に比べれば、他の業者なら安く買い叩かれて、あなたが損するのは回避できそうですね。

ただし、注意が必要なのは、まさにこのような場面です。そう、D社の存在です。

上記のD社が果たして減額すること無く買い取ってくれるのか、後から減額する気であえて高く買い取っているのかわかりません。

そのため、後に説明する「契約書に減額する旨が無いかの確認」が大切になります。

このように、複数会社に査定することで現状のおおよその妥当な査定額がいくらなのか把握できるだけでなく、安く買い叩かれることを防ぐことができます。

把握している範囲で、事故歴、不具合など正直に話す

あなたが把握している範囲で、過去に起こした事故、それに関わる修理内容など、正直に話すようにしましょう。

「正直に話してしまったら、査定額が減額されてしまうじゃないか。極力悪い情報は与えたくない」と思うかもしれません。

しかし、ここで正直に話さなければ、悪質業者かどうかに関係なく、あなたが説明責任を果たしていないという理由で、業社に正当に減額する理由を与えてしまう事になります。

たとえば、過去に衝突事故を起こして修理してもらった箇所があるとします。

その箇所の話に触れずに説明を終えてしまった場合、後日あなたから説明されなかった部分が修理されていたとして減額されても何も文句を言えません。

業社から言われて「知らなかった」というのは、通じないと考えてください。査定士も何百、何千件の査定を経験してきているため、車の修理跡は即座に見破られます。

あなたが査定で不利な立場に立たされないためにも、マイナス面は正直に話すようにしましょう。

もちろん、「洗車はこまめにおこなっていた」「オイルは定期的に交換していた」など、プラスの情報も忘れず伝えるようにしてください。

査定は一部始終、音声に録音する

実際の査定では、最初から最後までスマホの音声録音機能や、ボイスレコーダーなどを使って録音するようにしましょう。

もちろん、露骨につかっていると嫌な顔をされてしまうので、ポケットにいれるなどして、こっそり録音してください。

「音声を録音するなんて、ちょっとやりすぎでは」と考えるかもしれませんが、そんなことはありません。これにはきちんと理由があります。

それは、「万一、減額対象になってしまった事態」に使うためです。

実は、ボイスレコーダーの記録というのは強い証拠になります。

たとえば、あなたが「◯◯万円で売却しますが、後日になって査定額を減らす対応には応じられません」という旨を伝え、業社が了承していれば、その音声が動かぬ証拠になります。

減額要求されてしまっても、証拠があることによってあなたが有利な立場に立つことができるのです。

契約書に「後から減額される旨」がないか要確認

最後に、中古車買取業社が査定後に減額することがないか、十分に確認しておきましょう。

一般的に、査定金額を出した後には車の売買契約を行ないます。そのとき、契約書に「車の売り主(あなた)は、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を負担しないものとする」という文章がきちんと記載されているか確認してください。

車の売買に関する瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)とは、引き渡す車に一般人が簡単には発見できない欠陥があった場合、売り主が買い主に対して責任を負うことです。

たとえば、瑕疵担保責任を売り主が引き受ける事になっている場合について考えてみます。

この場合、売却した後になって何か故障したと言われれば、故障した箇所の修理費や、最悪の場合車の処分費を売り主が負担することになります。

しかし、そもそも車の査定人は「一般人」ではありません。車の査定は「中古自動車査定士」という国家資格保持者がおこないます。

つまり、査定のプロを名乗っている以上、査定には責任を持つべきですし、「あとから査定をやり直させてください」などということはあってはなりません。

そのため、たとえ高額な査定額を提示されたとしても、契約書を交わす段階で「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)は売り主にある」という記載があったり、査定人が口頭で返事をあいまいにしたりすれば、即座に契約を拒否するようにしてください。

そのときは、「気が変わった。廃車まで乗り続けることにした」と伝えれば十分です。

まとめ

傷だらけの車であっても、一括査定などの複数業者に査定を依頼すれば、高値で買い取ってくれる業社を見つけることができます。

ただし、その際には中古車買取業者が後から減額する恐れがあることを忘れてはいけません。

上記で説明した減額されない方法を駆使し、不要なトラブルを避け、あなたの車を高く売るようにしましょう。


' width= 車を売るときにもっとも大切なのが、「査定額を比較する」ことです。今まで大切に乗ってきた車だからこそ、最後は高く売りたいですよね。

実際に私が車の売却をしたときも、ディーラーより中古車買取店のほうが、23万円高く買い取ってくれました。

ユーカーパックならたった1回の査定で、全国5000社以上の買取店がオークション形式で査定額を決めてくれます。入力も1分で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

一括査定サイト違って1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」「比較している最中に売却を強要される」というトラブルも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!【ユーカーパック】