長期間放置するイメージ

これから長期の海外出張に行くことになったり、転勤や異動で車を長期間放置したりすることが決まったとき、あなたの車をどのようにメンテナンスしておけば良か不安ですよね。

長期間車を動かさないと、放置期間が終了していざ乗ろうとしたときに、「バッテリーあがり」「タイヤのパンク」などのトラブルに見舞われる恐れがあります。

このページでは、乗らない期間別にどのような対策をすれば良いのか具体的に解説していきます。

1週間〜2週間乗らずに放置する場合

1週間〜2週間乗らない場合は、特に何も心配する必要はありません。もし心配なら、乗らなくなる前に30分ほどドライブしてからエンジンを切ると、バッテリーがほぼ完全に充電されるので安心です。

実際、私も仕事の都合で2週間車に乗らないことが何度かありましたが、バッテリーが上がってしまったということはありませんでした。

ただし、室内灯が点灯しっぱなしなど電気の消し忘れでバッテリーが上がってしまうことがあるため、乗らなくなる前に電気はすべて消してあるか必ず確認するようにしましょう。

また、乗らない期間が終わったあとのバッテリーの充電量は少なくなっています。一度始動させたら、30分ほど走らせてバッテリーを充電するようにしましょう。

もし短時間でエンジンを切ってしまうと、次に始動するときにバッテリーの充電量が不十分になります。そうなれば、バッテリーあがりにつながってしまうため始動直後はすぐにエンジンを切らないようにしましょう。

やること

  1. 30分程度ドライブしてからエンジンを切る(バッテリーあがりが心配な場合)

3週間から、3ヶ月未満乗らずに放置する場合

放置期間が3週間〜3ヶ月未満の場合は、次の2つのことを実施しておきましょう。

やること

  1. 30分ドライブしたあとに、バッテリーのターミナル(接続端子)を外しておく
  2. ガソリンを満タンにしておく

バッテリーのターミナル(接続端子)の外しておく

バッテリーのターミナル(接続端子)を外してバッテリーを消費しないようにしましょう。こうすることによって、バッテリーが上がるまでの期間を伸ばすことができるからです。

3ヶ月に満たない程度の放置であれば、ターミナルを外しておくことで放電を最小におさえて、バッテリー上がりを防ぐことができます。

ターミナルとは、上記写真の青丸で示した部分です。この写真はターミナルが外されている状態の写真です。

実は、バッテリーの電気を最も消費するのは、エンジンをかける瞬間です。この瞬間にエンジンを始動できるだけの電気が、バッテリーに残されている必要があります。

つまり、放置期間が終わったあとにエンジンを始動できるだけのバッテリーが残っていればOKということです。エンジンが始動したら30分ドライブしてバッテリーの充電を満タンにすればOKです。

ターミナルを外すときに必要な道具は次の2点です

  • スパナ
  • 軍手

どのスパナが合っているかは、ターミナルを固定しているナットの大きさによって変わってきます。10mm12mmのナットで固定されているものが大半なので、この2つのサイズが付いた両口スパナを1本揃えておくといいでしょう。

また、外すときは「マイナス(黒い)端子だけを外す」とおぼえておきましょう。一般的には赤いキャップがされているのが「プラス端子」、黒いキャップがされているのが「マイナス端子」です。

プラスを外してしまうと、端子が他の金属に触れたときに車の各種機器に電気が流れて故障の原因になります。外す端子を間違えないよう注意してください。

ガソリンを満タンにしておく

長期間保管する前は、ガソリンを満タンにしておくことが重要です。なぜなら、ガソリンを満タンにしておけば、タンク内部の金属部分がサビ付くのを防ぐことができるからです。

では、もしガソリンを満タンにせずに保管すると、どうなるでしょうか。まず、朝晩の温度差でタンク内側金属のガソリンが触れていない部分に、水滴が付着します。

この水滴を放置したままにすると、タンク内部の金属部分が腐食されます。すると、ガソリンタンクに穴が開いたり、エンジン内部に水分が侵入したりします。

エンジン内部に水が侵入した状態でエンジンをかければ、修理不可能なエンジンの故障に繋がる恐れがあります。そのため、ガソリンを満タンにして保管することは、車を長持ちさせる上で重要です。

では、3ヶ月以上放置する場合はどうすればいいのでしょうか。

3ヶ月から1年乗らずに放置する場合

3ヶ月から1年乗らずに放置するのであれば、上記で説明した2つのポイントに加えて、さらに以下で解説する3つのポイントをおさえておきましょう。

やること

  1. 30分ドライブしたあとに、バッテリーのターミナル(接続端子)を外しておく
  2. ガソリンを満タンにしておく
  3. 保管庫に預けたり、カーカバーをして直射日光や雨風を防ぐ
  4. パーキングブレーキ(サイドブレーキ)は解除しておく
  5. タイヤの空気圧を高めにしておく

追加のポイントを詳しく説明していきます。

保管庫に預けたり、カーカバーをして直射日光や雨風を防ぐ

可能であれば、車を直射日光や雨風にさらさないようにしましょう。たとえば、期間契約でシャッター付きの車庫に保管するのが理想です。

ただ、シャッター付きの保管庫は契約費用が高いため現実的ではありません。そこで、車にカーカバーを被せておくだけでも塗装の劣化を防ぐことができます。

カーカバーの写真

出典:仲林工業株式会社

上記のように車をカバーで覆っておくだけで、直射日光や雨風から車を防ぐことができます。なぜ塗装の表面を露出しないほうが良いかというと、直射日光は塗装が退色(色あせ)したり、黄変(黄色く変色)したりする原因になるからです。また、雨風はボディが錆びつく原因になります。

塗装が剥げた車

たとえば、洗車もしないで直射日光にあてたままにすると、上記の写真のように色がくすんできたり、塗装が剥がれたりしてしまいます。

廃車になるまで乗り続けるのであればまったく気にする必要はありませんが、恐らく10人中9人の人はまだ車が動く状態で売却することになるでしょう。

そのため、売却するときに少しでも高く売るためにも直射日光や雨風は防ぐようにしましょう。

パーキングブレーキ(サイドブレーキ)は解除しておく

車を長期放置する場合はパーキングブレーキを解除しておきましょう。

なぜなら放置期間が終わって再始動するときに、パーキングブレーキが固着(接触している金属同士が固く張り付くこと)して、車を動かすことができなくなるからです。

パーキングブレーキを使うのが癖になっている場合、長期保管前にパーキングブレーキを引いてしまうことがあるため放置前には解除しておくようにしましょう。

タイヤの空気圧を高めにしておく

保管前には、タイヤの空気圧を高めにしておきましょう。車を長期間動かさないと、いざ走行するときになってタイヤの空気が抜けている恐れがあるからです。

タイヤの空気が抜けたまま走行してしまうと、タイヤの側面に大きな負担がかかり、最悪の場合には、走行中にパンクする原因になります。

このようなことを防ぐため、長期間保管する前には空気圧を規定空気圧の1.1〜1.2倍程度高くして保管するようにしましょう。車の空気圧は、以下の写真のように運転席側、もしくは助手席のドアを開けると確認することができます。

なお、車の空気圧は「約1ヶ月で5〜10%抜けていく」と言われています。そのため、長時間放置した後に車に乗る際はガソリンスタンドなどで空気圧を確認するといいでしょう。

6ヶ月以上放置する場合は売却も検討する

もしあなたが今後半年以上車に乗らないのであれば、売却を検討しましょう。特に、7年以上乗った車で、かつ1年以上乗らないなら売却したほうがお得です。

なぜなら、1年放置したあとにトラブル続きで修理代が50万円、100万円に膨らむことが多いからです。

たとえば、1年間放置した結果「エアコンが作動せず」「バッテリーが上がり」「タイヤがパンクしてしまっている」とします。

エアコンの修理費用→20万〜40万円

バッテリーあがり→2〜3万円

パンクしたタイヤのレッカー費用とタイヤ交換費用→8〜10万円

さらに、これ以外にもオイルを満たしているホースが裂けたり、ガソリンが腐ってしまってガソリンをまるごと抜き取りするなどのトラブルが続けば、修理費用だけで100万円以上になる恐れもあります。

車は製造から時間が経過すればするほど何らかの部品が劣化して故障の原因になります。7年経過すると故障の頻度が一気に上るため、売却してしまったほうが良いのです。

空いた土地を駐車場として貸し出せば、次の車の準備金が作れる

また、売却後に空いた土地を好きなときに駐車場として貸し出せるサービスがあります。そのようなサービスを利用すれば、乗らない間に次の車の頭金を作ることができます。

空いた土地を有効活用する方法もありますので、ぜひ検討してみると良いでしょう。

まとめ

ここで紹介してきたように、車の保管方法は放置する期間によって大きく変わってきます。短期間放置する場合でも、長期間放置する場合でも車の価値を下げずに保管したいですよね。

あなたの大切な車の価値を下げないためにも、このページで紹介した方法を実践してみてください。


' width= 車を売るときにもっとも大切なのが、「査定額を比較する」ことです。今まで大切に乗ってきた車だからこそ、最後は高く売りたいですよね。

実際に私が車の売却をしたときも、ディーラーより中古車買取店のほうが、23万円高く買い取ってくれました。

ユーカーパックならたった1回の査定で、全国5000社以上の買取店がオークション形式で査定額を決めてくれます。入力も1分で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

一括査定サイト違って1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」「比較している最中に売却を強要される」というトラブルも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!【ユーカーパック】