自宅以外の場所での査定

これから車の査定を依頼しようというときに、自宅や車の保管場所以外には呼べないか疑問に思っていませんか。

実は、車の査定場所は好きな場所を選ぶことができます。自宅だと不都合があって査定に来てもらうことができない場合は、本記事を参考にしてみてください。

出張査定なら、査定場所は自由に指定できる

「出張査定は自宅の家でしかできないのではないか?」思っている人が多いですが、実際は好きな場所を指定して依頼することができます。

たとえば、次のような場合は自宅以外に呼ぶ十分な理由になります。

  • 自宅に業者が車を乗り付けるスペースが無い
  • 業者の人に自宅を見られたくない
  • 近所の人に車の査定をしているところを見られたくない

上記以外にも、業者に来られると困る理由を伝えることによって自宅以外の場所で査定してもらうことが可能です。

私の場合は自宅に駐車できるスペースが無かったため、買取業者の人に最寄りの公園駐車場まで来てもらいました。

実際に査定してもらった時の様子は、以下の写真の通りです。

出張査定で査定してもらっている様子

このように自宅以外での査定を了承してくれる買取店もあるので、査定を依頼する際は買取店に一度確認するようにしましょう。

自宅以外のオススメの査定場所2選

自宅以外で査定を依頼する場合、周囲に配慮して場所を選ぶ必要があります。

自宅以外で査定を依頼する場合は公園の駐車場か、コンビニの駐車場がおススメです。

公園の駐車場

公園の駐車場がは、他の車が停まっていないため迷惑になりにくいです。

特に朝や夕方などの時間帯は人がほとんどいないため、周囲に迷惑をかけずに査定をしてもらうことができるでしょう。

約束した時間より15分ほど早く到着しておくと、業者が多少早く来ても慌てる必要がないため安心です。

コンビニの駐車場

近くに公園がない場合や、他の人がいた方が安心できる場合はコンビニの駐車場を利用させてもらいましょう。

ただし、コンビニの駐車場は利用者のためのスペースなので、飲み物やお菓子を買っておくと良いでしょう。

駐車場が大きめのコンビニなら、端の方に駐車すれば他の利用客からも目立たず査定してもらうことができます。

出張査定は必ず立ち会ったほうが良い

車の出張査定では可能な限り査定に立ち会うようにしましょう。

査定士の質問にすぐに答える事ができますし、理由のない減額を防いだり、買い取り後のトラブルを防ぐことができるからです。

たとえば、私が車に載っている地域は寒い地域なので霜がおりやすくいです。平日の朝の通勤で霜を下ろすのが面倒だったので冬の間はフロントガラスにシートを被せていました。

そのときに下の写真のようにピラーに傷が付いてしまいました。

ピラーに付いた傷

この傷がどのように付いたか査定士に聞かれたので、シートを被せたときにできてしまった傷であることを伝えたところ、「交通事故では無くて安心しました」と言われました。

つまり、私が査定に立ち会ってこの事情を説明しなければ交通事故で付いてしまった傷として片付けられ、大幅に減額されていたかもしれないのです。

このように、査定に立ち会ったことによって無用な減額を防ぐことができます。

車買取の出張査定では3つのトラブルに注意

車買取の出張査定で起こりがちなトラブルが3つあります。

  • 買取業者の強引な買い取り
  • 鳴り止まない電話の嵐
  • 複数業者の買取査定を同時に依頼したとき

それぞれの私なりのトラブルへの対処した方法を紹介していきます。

買取業者の強引な買い取り

出張査定に限った話ではありませんが、買取業者はあの手この手で「今すぐ買い取り」をするように要求してきます。

私が実際に査定を依頼したときも、「本日中に決めていただければ、査定額は保証できます。ですが、明日以降は保証できません」と言われてしまいました。

たしかに、車の査定額は年式が古くなり、走行距離が伸びるほど安くなっていくので間違えではありません。しかし、査定依頼当日に売却しなかったからと言って10万円、20万円と査定額が一気に下がってしまうことはありえません。

下がったとしても数千円程度で、ほとんどの場合数日内で査定額が変わることはないでしょう。

そのため、買取業者に急かされたからと言って焦って売却しないようにしましょう。

鳴り止まない買取業者からの電話の嵐

買取業者に査定を依頼すると、電話が鳴り止まない場合があります。具体的には、一括査定で複数の買取業者に査定を依頼した場合です。

例えば5件の買取業者に査定を一斉に依頼した場合、直後に5件すべての業者から電話がかかってきます。1件の買取店と話し終わって着信履歴を見ると30件以上の通話履歴が残っていたりするのです。

この対処法としては、まず1社だけに査定を依頼してみることです。1社に依頼すれば、電話は1件だけなので安心です。

複数業者の買取査定を同時に依頼したとき

複数の買取業者に同時に査定依頼した場合、地域によっては業者同士で買取額の口裏を合わせられてしまう恐れがあります。

どういうことかというと、本来の買取額とはかけ離れた安い金額で買い取られてしまうということです。

たとえば、買取店が指定の査定場所に言って他の買取店に出くわしてしまったとき、自社の買取額を知られる訳にはいかないためあえて安い査定額を提示して他店に知られないようにします。

また、買取店同士よく合う間柄であれば「今回のお客さんは譲るから、次回は譲ってくれ」といったことが起こる場合もあります。

この場合、譲った買取店は買い取れないことがわかっているので非常に安い金額を提示します。

このように、出張査定にかかる時間を短くしたいばかりに同時に買取店の査定士を呼んでしまうと、結果的に安く買い取られる恐れがあります。

査定は1社ずつ時間を区切って行うようにしましょう。

車の出張査定の評判はどう?評判

車の出張査定は自宅近くで査定をしてもらえるというメリットがある一方で、査定士によっては営業がしつこいというレビューも見受けられます。

私が実際に出張査定を利用してみた感じたメリットは次のとおりです。

出張査定のメリット

  • 買取店に行く必要が無いので、手間がかからない
  • 査定で好きな場所を指定することができる
  • 自分の予定に合わせて依頼ができる

買取店に行って査定を依頼する場合、どうしても査定のためだけに予定を空けなければいけなくなりますが、出張査定であれば予定が柔軟に立てやすかったです。

また、買取店の査定士が駐車するためのスペースがなかったり、ご近所さんに知られたくなかったりする場合に自宅以外の指定地で査定を依頼できる気軽さは出張査定ならではでしょう。

反対に、出張査定で感じたデメリットは次のとおりです。

出張査定のデメリット

  • 買取店によっては、売る意志が無くても帰ってくれない

買取店によっては、出張査定をするときには何らかの成果を出してくることが必須の店舗もあるそうです。

そのような店舗の場合、「いつまでに売ってくれるか決めてくれ!」「他社より絶対高く買取る!売ってくれ!」など、しつこく営業してきます。

このような買取店を対処するためには、「今日中に売却するか決めるから、考えさせて欲しい」と伝えて一旦帰っていただき、「売らないことにした」と伝えましょう。

「他社に売ることにした」と言ってもいいですが、買取店の買取担当者同士でつながっていることも珍しくなく嘘だとバレる恐れがあります。

出張査定にかかる時間は、1件あたり30分程度

出張査定にかかる時間は、30分前後を見込んでおきましょう。なぜたったの30分ほどで査定を済ませることができるかというと、「車種」「年式」「走行距離」の情報からある程度の査定額はわかっているからです。

ただ、依頼者がどのように車を取り扱っていたかは車を見てみないとわからないため、実際に車内をチェックしたり、エンジンの音を聞いて確認したりしているのです。

アップルで査定依頼してみました。

このように、実際に車の状態を確認した上で査定にマイナスになるポイントがなければ、あらかじめ用意していた査定額を提示します。

もしマイナスポイントがあった場合は、減額した金額を提示します。

まとめ

車の査定場所は、あなたが好きな場所を指定した場所に来てもらうことができます。そのときは、指定した場所に駐車して迷惑にならないことを確認しましょう。

また、出張査定にはメリットどデメリットがあることを知り、車を高く売るようにしましょう。


私が過去に車の売却をしたとき、新車を販売するディーラーと、中古車買取専門店の査定額を比較してみたところ、34万円の差額をつけて中古車買取専門店に買い取ってもらいました。

私が実際に利用した中古車買取専門店は買取台数日本一の「ガリバー」。全国どこでも出張して査定してくれるだけでなく、代車の貸出しなども気軽に対応してくれます。入力はとても簡単、「車種」「年式」「走行距離」以外の、車の細かい情報を入力する必要はありません!45秒で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」ということも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
⇒【公式サイト】45秒で簡単に見積が依頼できる「ガリバー」はこちら