車の一括査定を申し込むときに、「業者からの電話が鳴り止まなかったらどうしよう」「売る気はないのに、無理やり売買契約を迫られて言い負かされないか」と不安になるものです。

私も実際に一括査定を何度も経験していますが、申し込みをした直後の鳴り止まない電話は何度受けても不安を感じるものです。また、非常にまれですが即座に契約を迫ってくる業者もいます。

実は、ある魔法の一言を覚えておけば業者の査定をいつでもキャンセルすることができます。それは、「やっぱり、廃車になるまで乗り続けることにした」という一言です。

なぜ、この一言で売却をキャンセルすることができるのでしょうか。この記事では、私が一括査定でしつこい買取業者を撃退した話、また買取業者がこの魔法の一言を聞くと、それ以上査定を続けない理由ついて詳しく解説していきます。

車を売らない客に対して、業者は売買を強要しない

あなたは、「そんな一言で、査定をキャンセルすることが可能なのか」と疑問に感じるかもしれません。

実は、業者は車を売らないと言い張るお客さんに対して、売却を強要するようなことはありません。

売却価格の交渉を続けても、お客さんに売らないという意思がある以上、業者側にしてみれば交渉を続けても時間の無駄になるからです。これは査定を依頼するときの電話でも、実際に査定の現場でも同じです。

私も、買取りを強要してくる業者に対して「廃車になるまで乗り続けることにした」という一言で業社に帰ってもらったことが何度かあります。

私の体験談をお伝えします。知人の車を売却するときに一括査定を3件申し込んだときのことです。(本当は4件以上申し込みをしたかったのですが、知人の地域は3件しか査定に対応している業者がいませんでした)

まず、1件目の業者が電話口で10〜60万円の査定額を提示してきました。査定額が開きすぎており、正直本当に買い取る気があるのか疑問でした。

ただ、こちらとしては詳細な価格を知るために詳しく現車を確認して欲しかったため、査定を申し込みました。

2件目、3件目の業者も電話口で、「一度査定をしないとわからない」ということで、査定を依頼しました。

その後、時間をずらして各業者に査定を依頼したのですが、電話口で10〜60万円の査定額を提示した業者は、「この車両状態ですと30〜40万円の査定額になりそうです」と価格を提示してくれました。

このとき対応してくれた人は、「他の査定結果が出るまで待ちます」と笑顔で言っていただき、とても安心して査定を終えることができました。

ところが、2件目に査定に来た業者は車の状態を確認した後、「本日売却していただけるのであれば、45万円で買取らせていただきます」と迫ってきました。

私は3件目の査定結果を踏まえた上で判断したかったので、「すべての査定結果が出揃ってから判断したい」と業社に伝えました。しかし、買取業者は「明日には価格が変わってしまいます」とあくまで当日中に判断することを迫ってきたのです。

あまりにしつこかったので、考えるふりをしばらくしてから、「やっぱり、廃車になるまで乗り続けることにします。お忙しい中、お時間とっていただきありがとうございました」と伝えました。

もちろん、売却を前提に査定を依頼したので乗り続けようとは思わなかったのですが、あまりのしつこさに私も我慢できなかったのです。

この一言を言った途端、業者は売却する意思がないと判断したのかすぐに帰っていきました。

結果的には、3件目の業者の対応も良かったのですが、1件目の業者の買取価格が高かったため、1件目の業者に売却しました。

売却を強要してくる業者に対しては、こちらに売却する意思がないことを示せば、査定をキャンセルすることができます。

査定依頼の電話でもこの一言は使える

あなたは業者と査定の打ち合わせをするときに、1件あたりどれくらいの時間がかかるかご存知でしょうか。

一括査定を何度も経験してわかってきたことなのですが、査定業者1件と出張査定の打ち合わせや車の状態を電話口で確認するのに、おおよそ20分前後かかります。

電話に慣れている人であれば、面倒に感じることはないかもしれません。しかし、私を含め普段からあまり電話することに慣れていないと、長時間の電話は疲れてしまいます。

すると、査定依頼の予約件数が増えるにつれて電話が面倒になってきます。そのようなときにも、魔法の一言を使ってみましょう。

たとえば、5件査定を一括査定で依頼したとして、4件目の電話を終えたとしましょう。最初に5件申し込もうとしたものの、4件電話して査定依頼するだけでも1時間以上かかります。疲れも相当たまるでしょう。

5件目の業者から電話がかかってきたときに、「他の業者の買取価格を聞いて、廃車になるまで乗り続けることにした」と伝えれば、業者はそれ以上電話を続けようとはしません。

査定依頼の電話に疲れてしまった際は、「廃車になるまで乗り続けることにした」と伝えて、査定を断ってしまいましょう。

中古車買取業者はなぜ、「乗り続ける人」を追わないのか

なぜ中古車買取業者は、売却意思を無くした人を追わないのでしょうか。それは、大きく2つの理由があります。

ひとつは、「将来売ってくれることになったときに売却先として選んでもらうため」です。もうひとつは、「お客さんの対応に追われている」という理由があります。

売却先として選んでもらう場合

まずひとつめの理由ですが、競合業者が多い中でお客さんに売却先として選んでもらうためには、少しでも良い印象を持ってもらう必要があります。

たとえば、あなたが売らないという意思を表明したときに、「今売らないと大損しますよ。本当にいいんですか」と売却を高圧的に迫ってきたら嫌ですよね。

それよりも、「わかりました。また車を売却するときに不安なことがありましたら、そのときはぜひ相談に乗らせてください」と笑顔で言って、あなたを不安に感じさせないような対応をしてもらったほうが印象は良いはずです。

仮に、今回はその業者に車を売ることがなかったとしても、次の車を売るときに売却先の候補のひとつに挙がる可能性は高くなります。中古車買取業者はこのことを期待して深追いをしないのです。

お客さんの対応に追われている

また、買取業者は1日の中で何件も査定に追われています。査定の日程は、査定を依頼したお客さんに合わせているため次の予約に遅刻することができません。

そのため、1件の査定にたくさんの時間を割くことができないのです。

たとえば、あなたの査定が長引いたせいで、その後に続いている査定に遅刻してしまえば、続くお客さんからの信頼を失いかねません。査定を複数社に依頼しているお客さんは多いため、中古車査定業者は競合が多いケースが多く見られます。

少しでも信頼を落とすようなことがあれば、即座に売却先候補から外されてしまいます。

このような理由から、中古車買取業者は「廃車になるまで乗り続ける」という人を深追いしないのです。

まとめ

ここまで説明したように、一括査定を申し込んでしまった後に「怖い!」と思ったときは、「車が乗れなくなるまで乗り続けることにした」と伝えれば、それ以上査定を続けるようなことはありません。

「新車の下取りをしてもらうよりも、一括査定の方が高く買い取ってもらえるようだけれど、営業が怖い」と考えている人は、この魔法の一言を覚えておきましょう。


私が過去に車の売却をしたとき、新車を販売するディーラーと、中古車買取専門店の査定額を比較してみたところ、34万円の差額をつけて中古車買取専門店に買い取ってもらいました。

私が実際に利用した中古車買取専門店は買取台数日本一の「ガリバー」。全国どこでも出張して査定してくれるだけでなく、代車の貸出しなども気軽に対応してくれます。入力はとても簡単、「車種」「年式」「走行距離」以外の、車の細かい情報を入力する必要はありません!45秒で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」ということも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
⇒【公式サイト】45秒で簡単に見積が依頼できる「ガリバー」はこちら