シエンタの買取相場解説ページのサムネ画像

この記事では、シエンタの買取相場を確認しつつ、高く売るにはどうすればいいか解説しています。

シエンタを売って、新しく車を買い換えたりようと考えているのであれば、少しでも高くれたほうが良いですよね。ただ、高く売りたいとは思うものの、具体的にどうすれば高く売れるのかは分からないものです。

「とりあえず、車に詳しいディーラーに全部任せておけば大丈夫だろう」とディーラーの下取りに出すと、安く買い叩かれてしまうことになります。

実際、私の友人が車の買い替えでディーラーに下取り車として出したとき、下取り額と中古車買取相場の差額が10万円以上あった事例もあります。つまり、友人は10万円以上損してしまったのです。

避けられるのであれば、このような目にあいたくはないですよね。

結論からいうと、あなたのシエンタを手放すときは、複数の中古車買取業社の買取額を比較するようにしましょう。この方法で高く売ることができれば、次に買う車の値段が下げられたり、オプションをグレードアップしたりできます。

また、新車の頭金も多く支払うことができるので、ローンを組むときにも支払総額が少なくなるなどいいことだらけですね。

このページで紹介する高く売る方法は、私が車を売るときにも20万円以上得した方法です。シエンタの買取相場と合わせて、実際に私が20万円以上得した売却について解説していきます。

トヨタ シエンタの買取相場

本記事で紹介するシエンタの買取相場をご覧いただくにあたり、下記3点をご了承ください。

  1. 本記事で紹介している買取価格は、中古車買取サービスやオークションでの取引価格を参考にしています。価格はあくまで参考程度にしてください
  2. すべてのグレードを網羅できていない場合があります
  3. 買取価格の走行距離は年式における平均走行距離です。走行距離により買取価格が前後することがあります

シエンタは5ナンバーにもかかわらず、コンパクトカー顔負けの大きな荷室があります。自転車やテントといったアウトドア向けの車としても人気があります。

さらに、標準装備のスライドドアは勢いよく空けても隣の車にぶつけることがありません。そのため、保育園〜小学生の子どもを抱えている親が購入候補として挙げやすいモデルになります。

このように、シエンタは人気がある車であると言えます。特に、2015年に発売された2代目モデルはデザインも洗練されており高い査定額が出やすいモデルになっています。

2015年発売モデル

年式グレード走行距離相場価格
2018年式(平成30年式)X10,000〜20,000km101〜117万円
G 125〜131万円
G クエロ145〜158万円
ハイブリッドG クエロ149〜158万円
2017年式(平成29年式)X10,000〜20,000km99〜106万円
X Vパッケージ90〜96万円
G 108〜147万円
G 車椅子仕様122〜129万円
G クエロ138〜151万円
ハイブリッドX126〜137万円
ハイブリッドG118〜162万円
ハイブリッドG クエロ152〜162万円
2016年式(平成28年式)X20,000〜30,000km92〜115万円
X Vパッケージ74〜96万円
G 101〜136万円
G 車椅子仕様115〜124万円
ハイブリッドX124〜131万円
ハイブリッドG 118〜137万円
2015年式(平成27年式)X30,000〜40,000km87〜92万円
X Vパッケージ74〜75万円
G 99〜134万円
G 車椅子仕様107〜118万円
ハイブリッドX99〜114万円
ハイブリッドG 103〜136万円

2003年発売モデル

年式グレード走行距離相場価格
2015年式(平成27年式)X30,000〜40,000km41〜47万円
X Lパッケージ50〜54万円
G 45〜56万円
DICE54〜61万円
DICE-G64〜87万円
2014年式(平成26年式)X40,000〜50,000km34〜43万円
X Lパッケージ45〜51万円
G 41〜52万円
DICE52〜57万円
DICE-G52〜67万円
2013年式(平成25年式)X50,000〜70,000km30〜35万円
X Lパッケージ43〜47万円
G 41〜60万円
DICE49〜53万円
DICE-G46〜55万円
DICEリミテッド44〜67万円
2012年式(平成24年式)X50,000〜70,000km26〜35万円
X Lパッケージ34〜39万円
G 36〜42万円
DICE31〜51万円
DICEリミテッド48〜59万円
2011年式(平成23年式)X60,000〜80,000km20〜27万円
X Lパッケージ16〜28万円
G 24〜29万円
DICE26〜35万円
2010年式(平成22年式)X60,000〜80,000km6〜万円
X Sエディション8〜16万円
Xリミテッド10〜24万円
G 7〜16万円
2009年式(平成21年式)X70,000〜90,000km5〜7万円
X Sエディション5〜15万円
Xリミテッド9〜21万円
G 8〜20万円
2008年式(平成20年式)X70,000〜90,000km3〜6万円
X Sエディション5〜14万円
Xリミテッド7〜19万円
G 5〜11万円
2007年式(平成19年式)X70,000〜90,000km2〜5万円
X Sエディション4〜13万円
Xリミテッド6〜8万円
G 4〜8万円
2006年式(平成18年式)X80,000〜100,000km2〜5万円
X Sエディション4〜6万円
Xリミテッド4〜6万円
G 2〜5万円
〜2005年式(平成17年式)X80,000〜100,000km2〜5万円
X Sエディション2〜6万円
Xリミテッド2〜6万円
G 2〜5万円

3年毎のリセールバリュー

今が売りどきかどうかというのを指し示す目安のひとつに、リセールバリューがあります。

リセールバリューとは?リセールバリューとは車を買ったときの価格と、売るときの売却価格の比率をいいます。この比率が高いほどリセールバリューが高いといえます。

参考までに、シエンタ「G グレード」のリセールバリューは以下のようになっています。

年式新車本体価格相場価格リセールバリュー
2017年式(平成30年式)198万円125〜131万円63〜66%
2015年式(平成27年式)198万円45〜56万円22〜28%
2012年式(平成24年式)197万円36〜42万円18〜21%
2009年式(平成21年式)196万円8〜20万円4〜10%
2006年式(平成18年式)193万円2〜5万円1〜3%
2003年式(平成15年式)184万円2〜5万円1〜3%

上記の表からも分かるように、シエンタのリセールバリューは年々下がり続けていきます。そのため、次の車が欲しいというタイミングが売却のタイミングとしては最適といえるでしょう。

シエンタを高く売るためには査定額を比較する

車を売るときには、複数の業社に査定を依頼して買取額を比較することが重要だと言いましたね。これは、買取業者によって車を評価する基準が全く違うからです。

シエンタが買取店に買い叩かれたくないなら、リアルな査定額を比較することが大切になるのです。

たとえば、私が4社に査定を依頼したとき同じ車を査定依頼しているにもかかわらず、査定額が20万円以上違いました。

買取業社が独自に定めている査定基準によって査定額が変わるということをおさえておけば大丈夫です。

車の一括査定で査定額を比較車の一括査定とは、複数の中古車買取業社へ一斉に査定依頼ができるサービスのことです。

複数業社との定額を比較するために、一軒ずつ買取店を訪れることを考えているかもしれませんが、これでは時間をかけた割に査定額が高くならない場合がほとんどです。

私が実際に4つの買取業社を足で回ったときは、移動時間や査定時間を含めると1件あたり2時間近くかかりました。4社に査定を依頼するとなれば、丸一日を費やさなければいけなかったのです。

休日はただでさえ家族の面倒を見るのに忙しいのに、車を売るために丸一日はとても使っていられませんよね。

一方、一括査定を利用すれば、複数の買取業社があなたの自宅駐車場まで来て、あなたのシエンタを査定してくれます。

わたしも実際に利用してみましたが、1社あたり15分程度で査定が終わりその場で査定額を教えてくれるため、短時間で査定額を比較することができました。

私も、もっと早くにこのサービスを知っておけば良かったと後悔しています。あなたのシエンタを売却するときに、私のような失敗をしないためにも絶対使って欲しいサービスです

→無料の一括査定はこちら

買取店ごとにシエンタの査定額が違う理由

「複数の買取店に査定を依頼したほうが良いのはわかったけれど、なんで金額が違うの?」と疑問に感じるかもしれませんね。

シエンタの買取価格が買取店ごとに違うのは、中古車の査定基準が店舗ごとに違っているためです。

他社と同じように買取りしていては、買取価格に差別化ができないためです。

たとえば、シエンタにはグレードによって自動でドアが開閉するパワースライドドアが付いているものがあります。

買取店の周辺地域に保育園や小学校が多ければ幼児がいる家庭が多い可能性が高く、他の買取店より高く買い取っても高く売れる可能性が高いのです。

また、輸出に強い買取店であれば、機械の故障が最小限で済むモデルのほうが望ましいです。そのため、パワースライドドアが無いモデルのほうが輸出しやすくなるため高く買取る傾向があります。

さらに、税制変更や市場の人気、買取店の在庫状況等によっても買取価格は大きく変わります。

このように買取価格はさまざまな要因で変わるため、複数の買取店に査定を依頼するべきなのです。

まとめ

シエンタを売るときには、査定相場を知っていることも重要ですが、それ以上にリアルな買取相場を比較することが大切だと説明してきました。

少しの手間を惜しまなければ、数万円どころか、10万円以上の差額になるのです。そのため、必ず複数業者と買取額を比較したうえで売却するようにしてください。


私が過去に車の売却をしたとき、新車を販売するディーラーと、中古車買取専門店の査定額を比較してみたところ、34万円の差額をつけて中古車買取専門店に買い取ってもらいました。

私が実際に利用した中古車買取専門店は買取台数日本一の「ガリバー」。全国どこでも出張して査定してくれるだけでなく、代車の貸出しなども気軽に対応してくれます。入力はとても簡単、「車種」「年式」「走行距離」以外の、車の細かい情報を入力する必要はありません!45秒で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」ということも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
⇒【公式サイト】45秒で簡単に見積が依頼できる「ガリバー」はこちら