日産ノートの買取相場

ノートを売るとき、いくらで売却できるのか気になりますよね。きっとあなたなりに「これくらいで売れたらいいな」という相場価格があるかもしれません。

ただ、行き当たりばったりでディーラーや買取店に査定してもらっても、査定金額が高いのか安いのか分からないはずです。それどころか、安く買い叩かれてしまう恐れもあります。

せっかく高く売れたはずなのに、数万、数十万円損してしまうのは嫌ですよね。

このページではノートの「年式」と「グレード」別に、査定額の相場がいくらになのか紹介していきます。あなたが今乗っているノートがいくらになるのか、ぜひ参考にしてみてください。

また、この記事の後半ではベストな買い換えタイミングがいつなのか、またノートを高く売るにはどうすれば良いのか解説していきます。

本記事を参考に、ノートを高く売却するようにしましょう。

ノートの買取相場

本記事で紹介する日産 ノートの買取相場をご覧いただくにあたり、下記3点をご了承ください。

  1. 本記事で紹介している買取価格は、中古車買取サービスやオークションでの取引価格を参考に算出しています。価格はあくまで参考程度にしてください
  2. すべてのグレードを網羅できていない場合があります
  3. 買取価格の走行距離は年式における平均走行距離です。走行距離が少なければ相場は高く、多ければ安くなる傾向があります。

今すぐノートの買取相場を知りたいなら

ノートの買取最高額を今すぐ知りたい方へオススメなのが、あなたに代わって複数の買取業社と査定額を比較してくれる「車査定・買取の窓口」です。

簡単な項目を登録するだけで、複数の業者から最高額を提示してくれた1社のみをあなたに紹介してくれます。あなたのノートが、今ならいくらで売れるのか、無料簡単に知ることができます。

→現在のノートの査定額を知る

2代目ノート E12系

年式グレード走行距離相場価格
2017年式(平成29年式)X10,000〜20,000km85〜93万円
X FOUR スマートセーフティエディション88〜110万円
X DIG-S75〜87万円
メダリスト80〜88万円
メダリスト X78〜83万円
e-パワー X114〜120万円
e-パワー X モード・プレミア143〜159万円
e-パワー メダリスト116〜134万円
e-パワー メダリスト ブラックアロー133〜146万円
e-パワー NISMO159〜171万円
NISMO S131〜157万円
2016年式(平成28年式)X10,000〜20,000km49〜77万円
X ブランナチュール インテリア66〜82万円
X Vセレクション60〜66万円
X FOUR78〜90万円
X DIG-S53〜76万円
X DIG-S Vセレクション60〜69万円
ライダーブラックライン74〜87万円
メダリスト64〜69万円
メダリスト Vセレクション68〜81万円
メダリスト X52〜89万円
e-パワー X101〜129万円
e-パワー メダリスト104〜141万円
NISMO S101〜126万円
2015年式(平成27年式)X20,000〜30,000km25〜40万円
X エアロ47〜66万円
X Vセレクション39〜53万円
X FOUR50〜77万円
X FOUR Vセレクション59〜81万円
X DIG-S52〜98万円
X DIG-S Vセレクション38〜56万円
X DIG-S エアロ75〜102万円
ライダーブラックライン56〜74万円
メダリスト49〜60万円
メダリスト X58〜73万円
NISMO77〜108万円
NISMO S105〜128万円
2014年式(平成26年式)X30,000〜40,000km30〜43万円
X エマージェンシー39〜54万円
X エアロ23〜39万円
X Vセレクション34〜49万円
X FOUR55〜66万円
X DIG-S34〜46万円
X DIG-S エマージェンシー28〜52万円
X DIG-S Vセレクション39〜51万円
X DIG-S エアロ45〜62万円
ライダー41〜53万円
メダリスト45〜61万円
メダリスト エマージェンシー46〜56万円
NISMO76〜94万円
2013年式(平成25年式)X50,000〜60,000km21〜32万円
X エアロ31〜49万円
X FOUR39〜51万円
X DIG-S27〜37万円
X DIG-S エアロ43〜49万円
S11〜21万円
アクシス24〜45万円
ライダー36〜63万円
メダリスト31〜51万円
2012年式(平成24年式)X50,000〜70,000km17〜30万円
X DIG-S21〜39万円
S9〜20万円
ライダー19〜24万円
メダリスト14〜26万円

初代ノート E11系

年式グレード走行距離相場価格
2012年式(平成24年式)15X SV50,000〜70,000km11〜21万円
15X SV プラズマ10〜24万円
15X V14〜20万円
15X FOUR SV プラズマ22〜27万円
15G10〜16万円
15G FOUR21〜30万円
16X5〜13万円
2011年式(平成23年式)15X SV60,000〜80,000km7〜15万円
15X SV プラズマ9〜21万円
15X SV エアロ11〜23万円
15X V10〜16万円
15X FOUR SV 10〜13万円
ライダー13〜17万円
15G8〜16万円
16X5〜14万円
2010年式(平成22年式)15X60,000〜80,000km5〜12万円
15X ブラウニーインテリア5〜7万円
15RX5〜7万円
15X エアロ5〜9万円
15X FOUR4〜14万円
ライダー5〜13万円
15G4〜9万円
16X5〜9万円
2009年式(平成21年式)15X70,000〜90,000km3〜6万円
15X ブラウニーインテリア4〜7万円
15RS5〜8万円
15X エアロ4〜7万円
15X FOUR5〜11万円
ライダー6〜10万円
15G4〜6万円
16X4〜7万円
2008年式(平成20年式)15X80,000〜10,000km3〜6万円
15RS3〜7万円
15RX4〜6万円
15X FOUR4〜10万円
15G4〜6万円
15G FOUR5〜9万円
15M3〜5万円
15M FOUR3〜6万円

ノートのベストな買い換えタイミングとは

ノートを売るとは決めたものの、「果たして、今がベストなタイミングなのか」と迷ってしまう人もいるかもしれません。

実は、車を買い換えよう思ったタイミングこそベストな買い換えタイミングだということはご存知でしょうか。

なぜなら、車に対する不満が出始めたときこそ、あなたが理想とする車が明確になっているからです。

たとえば、ノートを普段の買い物や通勤で利用する中で、「ボタン一つでドアが開閉できれば良いのにな」と感じる事が多いのであれば、電動スライドドア装備の車に買い換えるタイミングといえるでしょう。

また、車の維持費でもっともお金がかかる車検で買い替えを考える人も多くいます。

たとえば、ノートの車検前の整備で30万円、40万円の高額な部品代や整備費用が必要になることがわかった場合です。

参考までに、上記の相場表を調査する中で、ノートのユーザーが買い替えるタイミングで多かったのは次の2つの時期でした。

  1. 登録5年目の車検
  2. 登録11年目の車検

それぞれのタイミングで、なぜ買い替えが多くなっているのでしょうか。

登録5年目の車検

ノートを新車で購入するときは不満点などは特に見えないものの、5年も乗り続けていると不満点が見えてきたり、他の車種の魅力に気づくことが多いようです。

また、ノートは年式が5年落ちるくらいから、買取額が一気に安くなる傾向があります。

買取価格が安くなる前に売ってしまおうという人が多いため、登録5年目のノートを売却する人が多いのです。

ノートに限った話ではありませんが、中古車を買う人の多くは「なるべく良い状態」の中古車を求めています。5年目というのは新しい車を求めている人からすると、ギリギリ購入の年式に入りやすいようです。

登録11年目の車検

登録から11年経過すると、エンジンやエアコンなど修理金額が高い部品が故障しやすくなります。修理費用は高い場合で50万円に達することすらあります。

さらに、13年目の車検からは車検ごとに支払う重量税の課税額が上がります。

いつ壊れるかわからない車を修理して乗り続けるより、次の5年、10年を安心して乗ることができる新車に乗り換える人が多いため、登録11年目の車検で買い替える人が多いようです。

このように、車を買い換えようと思ったタイミングで買い替えを検討するだけでなく、車検をひとつのタイミングとして買い換えを進める人が多いようです。

ノートを高く売るなら、査定額を比較する

相場表を見て「思った以上に高く売れる」と驚いた人もいれば、「こんなに安くなってしまうのか」とがっかりした人もいるかもしれませんね。

ただし、上記で示した買取相場はあくまで参考価格なので、実際の買取額とは違うことをおさえておきましょう。

ノートの実際の買取価格は、買取業者の在庫状況や市場動向によって変わってくるからです。

実は、ノートは売り方を間違えてしまうと査定額が0円にしかならない場合があります。

ディーラーの下取りは0円!?

査定額が0円にしかならない場合とは、新車ディーラーに下取り査定を依頼した場合です。

上記の相場金額よりも査定額が安くなってしまうどころか、査定額が0円にしかならない場合がほとんどです。

新車を買うのに乗ってた車が下取り0円でした。買い取り専門店に見てもらっても0円でしょうか?

ちなみに日産ノートで90000キロ走ってます。

出典:Yahoo知恵袋

このように、ディーラーは新車を高く売る方法を知っていても、中古車を高く売る方法は知りません。

高く売る方法がわからないため、下取り買い取っても店頭で売れ残る恐れがあるのです。車は長期間保管すればするほど、メンテナンス費用がかかります。

ディーラーも中古車の維持で赤字を出すわけにはいきません。そのため、売れなかったらことまで考えて下取り額を低くせざるを得ないのです。

ただ、上記の相場表からもわかるように、9万キロ乗っていても0円にはならず、買取店次第で2〜3万円程度の査定額はつきます。

さらに、過去に事故で修理した車でも、「事故車買取の専門業者」に査定を依頼すれば高額な査定額がつきます。

ディーラーの下取りに出すと、査定額が安くなるということは覚えておきましょう。

簡単に査定額を比較する方法

ノートの査定価格は毎日のように変わり続けています。極端な話、買取業者の抱えている車の在庫や市場の動向は変わるため、「1週間前の査定額」と「今日の査定額」が変わってしまうのです。

そのため、おおよその買取額を知りたい場合であれば買取相場を知っているだけでいいですが、実際に車を売る段階まで来ているのであれば、現在の査定額を比較するほうがいいでしょう。

車の一括査定で査定額を比較車の一括査定とは、複数の中古車買取業者に査定を一斉に連絡してくれるサービスのことです。

一括査定を利用すれば、あなたのノートを必要としている複数の中古車買取業者が、ノートを停めている駐車場まで来て、実車を査定してくれます。

1社ずつ査定を依頼する必要がないばかりか、車を動かす必要すらないため休日の貴重な時間を無駄にせずに済みます。

誰でも無料で利用できるため、査定を依頼するときにぜひ使ってみてください。

→無料の一括査定はこちら

一括査定特有の面倒な電話は嫌だという方

車を最高額で売る方法でオススメなのが車の一括査定ですが、1点デメリットがあります。それは、依頼した業者の数だけ電話対応しなければいけないということです。

たとえば、3社と比較するなら3社の業者に査定を依頼する必要があります。

ただ、中には「電話するのがなんだか不安」という人もいるかもしれません。特に、車にはあまり詳しくなかったり、交渉が苦手だったりすればなおさらです。

その場合は、あなたに代わって高く買い取ってくれる業者を見つけるようにしましょう。

そんなあなたにオススメなのが、「車査定・買取の窓口」というサービスです。

これはあなたに代わって複数業者に査定を依頼し、その中から高く買い取ってくれる業者1社だけをあなたに紹介します。

そのため、複数の業者と査定額を比較しているにもかかわらず、1回の電話で済みます。車に詳しくない女性の83%以上が満足している安心して利用できるサービスです。

「今の査定額をちょっと知りたい」という方にオススメできるサービスです。

→今のノートの査定額を電話一本で知るならこちら

まとめ

ノートを売るベストなタイミングは、ノートに対する不満が出てきたり、新しい車に魅力を感じたときです。

また、ノートを買い替えるときにはディーラーに下取りとして出してしまうのではなく、一括査定を利用するなどして、複数の中古車買取店の査定額を比べるようにしましょう。

なお、ノートを高く売るための詳しい方法は「こんなに古い車でも売れるの?車を高く売る方法を徹底解説」で紹介しています。詳細に売り方を知りたい場合は合わせて読むよにしましょう。


私が過去に車の売却をしたとき、新車を販売するディーラーと、中古車買取専門店の査定額を比較してみたところ、34万円の差額をつけて中古車買取専門店に買い取ってもらいました。

私が実際に利用した中古車買取専門店は買取台数日本一の「ガリバー」。全国どこでも出張して査定してくれるだけでなく、代車の貸出しなども気軽に対応してくれます。入力はとても簡単、「車種」「年式」「走行距離」以外の、車の細かい情報を入力する必要はありません!45秒で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」ということも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
⇒【公式サイト】45秒で簡単に見積が依頼できる「ガリバー」はこちら