車買い替え体験記のヘッダー画像

「車の一括査定って高く売れるとは聞くけれど、本当なのか」と疑問に思ったことはありませんか。

実際にネットで調べてみると、一括査定のほうが高く売れるという書き込みがあるものの、実際に自分の足で査定をしたというのはあまり聞きませんよね。

また、一括査定を利用しないで複数の中古車買取業社に査定を依頼するとどれくらい面倒なのか具体的なレビューもないため、正直実感がわかないのではないでしょうか。

そこで、このページでは一括査定を利用しないで4社の査定額を比較しようとするとどれくらい面倒くさいのか、実際に私が車を査定に出した経験談から紹介していきます。

また、記事の後半では買取査定で気になることを店員に聞いた「ぶっちゃけ話」も書いていますので、査定を依頼する前に読んでみてください。

査定前の準備

今回査定してもらったのはこちらのクルマです。

ホンダのライフディーバ紹介写真

車種:ホンダ ライフ

グレード:DIVA(ディーバ) スマートスペシャル

年式:2012年

走行距離:65,000km

カラー:パールホワイト

事故・修復歴:なし

その他:ETCとドライブレコーダーを後付け

ネットでの相場額:31〜41万円

軽自動車の走行距離の目安が、1年間に7000キロと言われていますが、私のライフは年間1万キロを超えるペースで走っています。

また、冬は窓に霜が降りるのを防ぐためにサイドミラーに引っ掛けるタイプのカバーをしていました。そのため、フロントガラスの周囲に多少の擦り傷があるのが現状です。

そのため、相場よりも若干低めの金額が出ることが予想されます。

ちなみに、乗り換え候補の車があるディーラーに、試乗ついでに下取り査定をしてもらいました。各社の下取り額は以下の通りです。

  • 日産→20万円
  • ホンダ→15万円
  • マツダ→22万円

ディーラーの下取りの査定結果を聞いて、ネットの相場額よりも安めに出るかもと覚悟はしていましたが、ここまで安くなるのは正直ショックでした。

中古車買取店がどのような評価をしてくれるか不安ではありましたが、実際に査定を依頼してみます。

いざ、地道な4社査定へ

出発時刻の画像

最初の目的地のアップルは、道が空いていれば自宅から30分ほどの場所にありますが、4社を回った日は休日だったので道が混んでいる可能性が高そうです。

お昼過ぎにに出発予定でしたが、余裕を持って11時前に出発することにしました。

1社目:アップル

アップルの査定

1社目に訪れたのが、買取業社のアップル(Apple)です。当初は11:30には到着予定でしたが、道が混んでいたこともあり12:10頃に到着となってしまいました。

アップルの会社概要運営元はアップルオートネットワーク株式会社で、1989年に中古車買取のサービスを開始しし、業界の先駆けになった会社です。

北海道から沖縄までの買取査定を網羅しており、買い取った車を海外輸出させるのではなく、国内流通をメインにしているのが特徴です。

2014年〜2017年の4年連続で、オリコンランキングの車買取会社「総合満足度」で1位になるなどサービス面に重きを置いているようです。

お昼頃に到着したということもあり、お客さんは全然いませんでした。車を駐車場に停めるなり、すぐに40代男性の店員さんが車の側までやってきて店内に案内してくれました。

そのままダッシュボードから車検証を取り出して店内へいくと、まずはアンケートを渡されたので記入していきます。

アンケートを記入している間、店員さんは車検証を1枚コピーしていたようで、コピーが終わると車検証をすぐに返却されました。

  • 車を売却するのはいつになるか
  • 修復歴(事故歴)の有無
  • 次に買う予定の車

などの簡単な質問を10分程度されました。今回の私の場合、2ヶ月後に車を売る予定だったのですが、より正確な査定額を出すなら1週間〜2週間以内に手放すタイミングで、査定したほうが正確な金額が出やすいそうです。

2ヶ月だと相場が変わる恐れがあるため、正確な査定額がわからないとのことでした。

今回は、今日売る場合の査定額を伝えてくれるとのことで、了承し、査定に移りました。

アップルの査定の様子

10分ほどすると、査定を終えたのか店員さんがやってきました。ここで、車のチェックリストを本部に送信して、査定結果を待ちます。

待っている間は店内の席に座って机のチラシなどを見ていました。10分ほどすると店員さんがやってきて査定額を教えてくれました。

  • 査定の所要時間:40分
  • 買取額:20〜25万円

金額はディーラーよりも高い額が出ていますが、相場額よりも安いのが不満でした。ただ、2ヶ月前の査定なので上限ギリギリが出せないのかもしれません。

その後、すぐに店を後にして次へ向かいました。時刻を確認すると、既に13時手前でした。

次の査定先であるガリバーに向かいましたが、休日の国道は道が混んでいてなかなか進みませんでした。

2社目:ガリバー

ガリバーに査定依頼した際の店内様子

2社目に訪れたのは、業界でも圧倒的な知名度を誇るガリバーです。駐車場について時間を確認すると、13:50でした。車が数台停まっているため、先客がいるようです。

ガリバーの概要運営元は、株式会社ガリバーインターナショナルという会社でしたが、2016年に社名を変更し株式会社IDOM(イドム)となりました。

1994年に車の買取サービスを開始して、2001年〜2016年の中古車買取台数が業界ナンバーワンになるなど中古車買取業界でも最大手と言われる会社です。

アップルからガリバーまでは通常なら15分もせずに到着できるのですが、休日で道が混んでいたため、1時間もかかってしまいました。

駐車場に車を停めて店内に入るとお客さんが3組ほどいましたが、空いている机があったため案内していただきました。

机の上には前回のアップル同様、アンケートがあったためひとつずつ記入して店員さんが来るのを待ちます。

ガリバーの査定アンケートに記入してる写真

アンケートを書いて5分ほどすると店員さんがやってきました。車検証のコピーがしたいとのことで、車検証を渡すとコピーしてすぐに机に戻ってきました。

店員さんから質問されたのは次の通りです。

  • 車を売却するのはいつになるか
  • 修復歴(事故歴)の有無
  • 次に買う予定の車
  • 車買取査定を利用するのは初めてか
  • 中古車に興味はあるか

中古車買取数が日本一ということもあり、中古車販売も強化している様子が伺えました。

15分ほど質疑応答を繰り返すをすると、実車の査定に移ります。ガリバーもアップル同様に、2ヶ月先の売却では査定額が変わるため、あくまで今日の買取金額を出すとのことでした。

ガリバーでの査定の様子

待ち時間の間屋外に中古車が展示してあったため、歩いて見て回るつもりでいましたが、5分しないうちに暑さにやられてしまい店内で待つことにしました。

実車の査定を開始後15分ほどすると店員さんが戻って来ました。「本社に問い合わせてみます」とのことで、ここからさらに15分ほど待ちました。

本社から査定額の連絡を待っている間、店員さんとガリバーの査定が他の業社とどのように違うのかという説明を受けました。

15分後になると、店員さんが事務所へ確認にいき、査定金額を教えてくれました。

  • 所要時間:60分
  • 査定額:11〜18万円

このとき、買取会社によって査定額は違うということを強く実感しました。同じクルマを見ているはずなのに、業社によって判断基準が違うようです。

この時点で、既に疲労が相当溜まっており帰りたくて仕方なかったのですが、高い査定額を目指すべく残り2社をまわります。

3社目:カーチス

カーチスの査定の様子

3社目に訪れたのはカーチスです。駐車場について時刻を確認すると、15:20でした。

カーチス概要運営元は、株式会社カーチスホールディングスで、1999年に東証2部に上場している会社です。

創業から現在名のカーチスに至るまで合計8回社名が変わっている買取会社です。2006年元日に「株式会社ライブドアオート」に社名を変更した2週間後に、ライブドア事件が表面化します。

同年8月ライブドアのイメージを払拭するため、株式会社カーチスに社名変更したそうです。中古車買取業界の中では若めの会社です。

3社目を受ける時点で、疲労がピークに達していましたが、高く売るためにも気を引き締めます。

店舗に到着して駐車場に停めると、すぐに店員が店内から出てきて、店内に案内してくれました。その後はアップル、ガリバー同様に車検証を渡して、アンケートの記入に移ります。

カーチスのアンケート回答してる写真

アンケートの記入が終わってすぐに、店員さんが来て質問が始まります。

店員に聞かれた質問は以下のとおりです。

  • 車を売却するのはいつになるか
  • 修復歴(事故歴)の有無
  • 次に買う予定の車

質問内容は他の2社と同じでしたが、詳しくは査定後に聞きたいということでした。質問が5分程度で、すぐに実車の査定に移ります。

カーチスで査定してもらってる様子

カーチスは他の2社に比べると査定にかかった時間が若干短めで、10分経たないうちに終わりました。

そうして、ガリバー同様に本社へ査定額を問い合わせとなり、店内で待つことになります。

店員さんも2人しかいなかったため、出していただいたドリンクを飲みながら机の上のキャンペーンチラシなどを眺めて待ちます。

カーチスの査定で待っている写真

そうして待つこと15分、店員さんがやってきて査定額を教えてくれました。

  • 所要時間:40分
  • 査定額:30万円

現時点では最高額を提示していただきました。やはり、業社によって査定額が大きく変わることを実感することができました。

いよいよ、最後の査定先であるラビットへ向かいます。

4社目:ラビット

ラビットの店舗写真

最後に訪れたのは買取業社のラビットです。ラビットに到着した頃に時刻を確認すると、16:30になっていました。

ラビット概要運営元は株式会社ユー・エス・エスという会社です。

実は、株式会社ユー・エス・エスは日本最大の中古車オークションを運営している会社です。

ほぼすべての買取業社が買い取った車をオークションに出品するため、手数料がかかります。しかし、カーチスは自社でオークションを展開しているため、オークションの出品手数料がかからないそうです。

手数料がかからないことで、高値の買取が可能であるとPRしています。

お店に到着すると他にお客さんが一組いました。店内の席で待っているように催促されたため入店し着席しました。

席に座ると、他の業社同様にアンケートがあったため記入していきます。

カーチスのアンケート

そうして、アンケートを記入し終えると疲労から睡魔に襲われましたが、なんとか踏ん張ります。

記入してから5分ほど経過すると、店員さんが他のお客さんの対応を終えたのか私の机にやってきました。

挨拶をした後に、他の業社同様の質問がきます。

  • 車を売却するのはいつになるか
  • 修復歴(事故歴)の有無
  • 次に買う予定の車

そうして、5分ほど質疑応答に応えると実車の査定に移りました。

ラビットで実車査定してもらっている様子

実車の査定にかかった時間は15分ほどと少し長めでした。

実は、このライフには経年劣化なのか、高速道路を走行中にできてしまったのか細かいキズがあります。

ラビットの店員さんはこの傷がひょっとしたらケミカル(研磨剤)で磨けば目立たなくなるかもしれないということで、実際に無料で一部だけ研磨してもらいました。

ライフの車の傷

遠目からは分からないのですが、上記の赤丸に爪が引っかからない程度の傷がありました。なんと、研磨によりこれらの傷が見事に見えなくなりました。

ただ、この作業はどの業社も車を買い取った後に当たり前のようにやっているそうです。

やっているのですが、業社によって減額のポイントにして安く買い取れれば利益を確保できるため、あえて言わないということでした。

そうして査定を終えると、本部に査定額をチェックしてもらうということで店内に戻りました。

ラビットの店内の様子

査定額を待っている最中は、ラビットの中古車買取が高い理由のほか、中古車に限らず新古車をオークション会場から買い付ける事ができるサービスもある旨を説明してくれました。

輸入車の新古車の値引き幅が特に大きく、車種によっては新品同様の状態なのに新車より100万円以上安く買える場合もあるそうです。

残念ながら、輸入車に興味がなかったのと、疲労で眠気がマックスだったこともあり話の内容はよく覚えていません。

そうして20分ほど経つと査定結果を知らされました。

  • 所要時間:70分
  • 査定額:30万円

実はここで査定額を上げるテクニックを利用しました。それは、査定してもらった3社の中で、一番高い査定額をつけた「カーチスの査定額」を伝えることです。

すると、少し時間が欲しいと店員が戻っていきました。数分経過しないうちに机に戻ってきてこういいました。

すぐに売却なら「38万円」にできるとのことです。

ただ、売却は数ヶ月後を検討していたため、今回提示していただいた金額でも売るつもりはありませんでした。

このことから複数の業社と査定額を比較するだけでなく、他の業社の査定額を伝えてみるのも査定額アップには重要だと実感しました。

そうして、4社の査定を終えて時刻を確認してみると……

最後の査定が終わった時間の写真

自宅を出発してから、査定終了までにかかった時間は7時間でした。このように、一軒ずつ査定を依頼すると丸一日かかってしまうのです。

ちなみに、帰宅する頃には19:00になっていたので実質8時間近い時間を4社の査定にあてたことになります。

さらに、走行距離は90キロだったので、1リットル150円で燃費が15km/Lであったことを考えると、約900円が燃料代にかかっています。

ボックスティッシュを頂いたものの、900円もあれば一体何箱のボックスティッシュが買えるのでしょうか。ティッシュの王者でもある「鼻セレブ」ですら数箱買えてしまいますね。

このように、一軒ずつ業社を訪問すると膨大な時間がかかるだけでなく、ガソリン代など余計な出費もあります。

一括査定なら、4社の査定額比較が1〜2時間で完了

では、車の一括査定を利用すると一軒ずつ回るよりどれくらいの時間を節約できるのでしょうか。

一括査定を利用して査定してもらった体験談も簡単に解説します。

結論からいうと、一括査定を利用した出張査定であれば、1社あたり15分程度で済みます。つまり、4社に査定してもらうのに60〜80分あれば十分です。

出張査定とは、あなたの好きな場所まで査定業社が出張して査定してくれることです。実は、一括査定を利用すると店舗に足を運ばなくても、自宅や好きな場所で査定してもらうことができます。

自宅での査定の様子

私の場合、自宅の場所を知られてしまうのが心配だったということもあり、近くの公園にある広々としたスペースで査定してもらうことにしました。

もちろん自宅や職場でも問題なく査定してもらうことは可能ですが、心配性の私はあえて自宅を選ばなかったのです。

私がしたように自宅以外の場所で査定をしてもらうことも可能ですので、覚えおくと役に立つでしょう。そのときは、査定員が行き先を間違えないよう、目的地の住所を正確に伝えるようにしてください。

査定員が到着すると、「事故歴が無いか」「売るタイミングはいつくらいか」など、簡単な質問が数分続き査定が始まります。

出張査定で査定してもらっている様子

査定時間はお店を訪れたときと同じく、15分ほどで終わりました。何やらスマートフォンに車の情報を入力したり、写真を撮影したりしていました。

査定が一段落すると、査定員の人から次のように聞かれました。

  • 本部から査定連絡が来るまで、ここで20分ほど待つ
  • 今日はこれで引き上げて、後ほど本部から連絡が来たら電話で連絡する

私は一括査定を短時間で終わらせたかったので、1社20分ほどで査定時間を区切っていました、そのため、すべての業社に後から査定額を教えてもらうようにお願いしました。

査定後は自宅でゆっくりしながら電話で金額を教えてもらうことができました。そのときの査定額の差は次のとおりです。

  • 最低額:25万円
  • 最高額:43万円

このように、一括査定で各社に出張査定を依頼すれば短時間で査定を終えることができるのです。

もちろん、複数業者の違う査定基準に沿って査定額が算出されるため、査定額を比較したうえで、高く買い取ってくれる業社に売ることができます。

ガリバーの無料査定はこちら

一軒ずつまわる査定に向いている人

今回一軒ずつ業社を訪れて査定依頼した経験と、一括査定を利用して査定してもらった経験からそれぞれメリットとデメリットがあります。

一軒ずつ足でまわる査定に向いているのは次のような人です。

  • 店舗で数は少ないが中古車を見たい
  • ネットを使った査定依頼は不安に感じる
  • 4社査定を依頼するのに6〜8時間かけても大丈夫

もしあながた上記に当てはまるのであれば、私がしたように一軒ずつ店舗を回って、査定を依頼するといいでしょう。

一括査定に向いている人

では、一軒ずつ業社を回るのではなく、一括査定に向いている人はどのような人なのでしょうか。それは次のような人です。

  • 査定は短時間で終わらせたい
  • 査定額が高いほうがいい
  • 買う車が決まっていて、店頭に足を運ぶ必要がない

これらの特徴に当てはまるのであれば、一括査定を利用して査定依頼するのがオススメです。

ガリバーの無料査定はこちら

査定で気になることを査定のプロに聞いてみた

実は、今回査定をする前に気になっていたことがあったので、過去に何百、何千台もの車を査定してきた店員さんにぶっちゃけ話を聞いてみました。

店舗査定と出張買取で買取金額に差額はある?→答え「ない」

店舗での査定と、出張査定では買取金額に差はないようです。なぜなら、他の業社よりも安い金額を出してしまえば、買取ることができないからです。

中古車買取業社は買い取った車に利益を乗せ、オークションや次のユーザーに売ることで利益を出しています。つまり、車を買取ることができなければ利益につながらないのです。

そのため、店舗査定と出張査定に差額を出すことにメリットがないため、差額がないのです。

査定額が一番高くなるのは?→答え「毎年2〜3月と9〜10月」

査定額が高くなるのは、中古車の取扱数が1年間を通じて一気に増える2〜3月と、中古車買取業社が決算期に入る9〜10月だそうです。

2〜3月は車を手放す人も増えますが、新生活に向けて買う人も増えるため中古車の需要と供給が一気に増えるとのこと。

また、3月31日までに車を手放してしまえば、自動車税を支払う必要がないというのも理由の一つとしてあるようです。

9〜10月は、中古車買取業社の半期の決算時期です。そこで良い成果を出した営業員や店舗に対して報奨金が出たり、給与査定が上がったりするため買取を強化するのだそうです。

そのため、もし車の売却タイミングに迷っているのであれば「2〜3月」「9〜10月」のタイミングを見計らって売ると良いでしょう。

ただし、半年待っているうちに査定額そのものが下がってしまうことも多く、「タイミングが良かったらラッキー」くらいで見たほうがよいそうです。

査定額が不満。断ってもいい?→答え「断ってもらってOK」

複数社に買取を依頼して査定額を比較しようとしても、断るの多少に抵抗がありますよね。ですが、中古車買取店としては、断られることは日常茶飯事のようです。

特に一括査定で査定依頼が入った場合、他の業社と利益が出るか出ないかギリギリの競争をさせられます。他社よりも高い査定額が出せないときは、割り切ってあきらめているようです。

たとえば、買取業社が在庫車を多く抱えていれば、それだけで維持費がかかります。反対に、在庫車が少なければ少しでも早く店頭に車を並べたいため、強気の査定額を出せるのです。

こればかりはタイミング次第で変わるため、査定額に満足できないときに断られるのは仕方ないと考えているのです。

そのため、一括査定で高い査定額にならなかった業社に対しては、買取を断ってしまっても全然問題ないのです。

まとめ

一括査定を利用すれば、査定額が変わるにも関わらず、査定にかかる時間は何倍もかかることがお分かりいただけたかと思います。

一軒ずつ回るのもいいかもしれませんが、すこしでも時間と手間をかけずに売るなら車の一括査定を活用して売るようにしましょう。


私が過去に車の売却をしたとき、新車を販売するディーラーと、中古車買取専門店の査定額を比較してみたところ、34万円の差額をつけて中古車買取専門店に買い取ってもらいました。

私が実際に利用した中古車買取専門店は買取台数日本一の「ガリバー」。全国どこでも出張して査定してくれるだけでなく、代車の貸出しなども気軽に対応してくれます。入力はとても簡単、「車種」「年式」「走行距離」以外の、車の細かい情報を入力する必要はありません!45秒で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」ということも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
⇒【公式サイト】45秒で簡単に見積が依頼できる「ガリバー」はこちら