交通事故で事故の当事者になってしまったとき、事故車をどのように処理すればいいのか悩みますよね。

修理した方がいいのか、廃車にして買い直したほうが良いのか悩むところです。

たとえ修理したとしても、安全性が大丈夫なのかという不安は残り続けます。廃車するにしても近所の解体業社で有料で処分するか、新車や中古車を購入する代わりに無料で引き取ってもらうしかないと考える人が大半でしょう。

しかし、0円にしかならないと思っていた事故車の見積もり査定額が、査定を依頼する業社を変えるだけで10万円、100万円で買い取られることがあります。

事故車を手放した後にこの事を知って、後悔している人も数多くいます。

この記事では、業社ごとのメリット・デメリットや査定額にどのような違いが出るのか、方法にはどのような方法があるのか解説していきます。

全面的に相手が悪くても、物損事故の修理見積もり額は安い

もしあなたが相手が全面的に悪い交通事故に巻き込まれてしまった場合、残念ながらあなたの納得いく修理費用が出ない恐れがあります。

なぜなら、たとえ車両保険や対人対物無制限の補償の対象であったとしても、補償額は次の2つのうち、安い方に決まってしまうからです。

補償額の上限費用

「事故前の車両状態に戻すための修理費」 or 「同等の中古車の取得費用」

たとえば、あなたが事故で被害を受けた車の修理費用が200万円、同等の中古車の取得費用が40万円の場合、金額の安い40万円しか支払われません。

保険屋さんの言い分としては、事故前と同じように走行することができれば、「原状復帰」ができたものとみなされるのです。

そのため、愛着を持って乗ってきた車だからという気持ちや、事故車に対する不安がは補償の費用に考慮されないのです。

事故車の評価損の請求は面倒

無事故の状態で売却したときの見積もり額と、修理したあとに売却したときの見積もり額の間には差額が生じます。この差額を「評価損」といいます。

たとえば、事故前であれば100万円で売れたはずの車が、事故で損傷した車という理由で80万円でしか売れなかった場合、事故のせいで20万円の評価損が発生していることになります。

実は、この評価損はこちらから積極的に相手の保険会社に訴えかけない限り支払われることがありません。そのうえ、支払われないことに対して不満がある場合、最後は裁判で争うことになります。

また、評価損を請求する場合、評価損が発生している事を証明しなければなりません。もっとも簡単な証明方法は、事故直前の車の査定額が書面で残っていることです。

残念ながら、事故を予期してタイミングよく車の査定している人はほとんどいないでしょう。

このため、評価損の請求は難しい上に、面倒なのです。

事故車は売れにくいため、買取額が安い

事故でフレーム(骨格)損傷して修復した車を「修復歴車」といいます。修復歴車は多くの中古車買取業社にとって売れにくい車です。なぜなら、事故車そのものを欲しがる人がいないからです。

たとえば、同じ年式と走行距離の車であったとしても、修復歴のある車より、無事故の車のほうが買いたいと思いますよね。

つまり、事故車は買い手がつきにくい車なのです。そのため、売れない車を売るためには価格を下げて売るしかありません。そのため、事故車は買取のときには査定額が下がってしまいがちなのです。

事故車の見積額は業社によって違う

事故車の買取価格は業社によって変わります。

なぜこのように見積額の違いが出るかというと、業社によって「事故車から利益を得る方法」が違うからです。

たとえば、事故車をそのままの状態で処分する業社もいれば、部品をひとつひとつ解体して、使える部品を取り出して売却する業社もいます。

そのため、事故車の価値は0円とみなす業社がいる一方で、別の業社にとっては10万円どころか、100万円の価値のあるとみなされることもあるのです。

手放す業社を間違えてしまったばかりに、1万・2万円どころか10万・20万円の差額がついてしまうのは嫌ですよね。

これからあなたが事故車を手放すのであれば、次の4つの売却方法から選択することになります。ひとつずつ確認していきましょう。

売却先特徴デメリットオススメ度
事故車の買取専門店事故車に特化して、高価買取が可能業者ごとの対応の差が激しい
解体業者古い車でも、部品単位で査定額がつきやすいボンネット(フロント)内の高額部品のエンジンなどが損傷してると買取額が安い
新車・中古車販売店車を買った時の知っている人がいるなど、安心して売れる事故車を売るノウハウが無ため、査定額が安い×
個人・業者オークション欲しい個人や業社がいれば、高く売れる手間がかかるうえに、売却後にトラブルがあると初心者では対処ができない×

「事故車の買取専門店」に依頼する

メリット:事故車に特価して、高価買取

デメリット:業者ごとに買取価格の差が激しい

事故車の買取専門店は、字の通り事故車の買取に特化した買取業社です。

もしあなたが事故車を最高額で売却したいのであれば、事故車の買取専門店に売却を依頼しましょう。

実は、事故車が高く買い取られるのは、事故車の中に使える部品が多くあるからです。なかには、部品1つで10万円以上するようなものもあります。

また、事故車の使えない部品を一部交換して「修復歴車」として販売したり、資源買取業社に買い取ってもらったりすることもできます。

 

たとえば、発展途上国では日本製の車は壊れにくい車として人気があります。新車で買うと関税や輸出の保険などの費用が加えられるため、現地での販売価格が高くなります。

そこで、日本製の「事故車」であれば、完成車ではなく「部品」として輸出することができるため、関税や保険費用が安く済みます。さらに、人件費の安い現地で組み立てれば必要経費を安く済ませることができます。

その結果、発展途上国の現地の人は安く日本車を手に入れることができるのです。事故車の買取専門業者が日本で事故車を高く買い取れるのは、海外にこのように事故車部品を仕入れる流通ルートを確保しているからなのです。

ただ、デメリットにもなりうるのですが、事故車以外は買取対象外ということです。

たとえば、長期間屋外に放置して動かなくなってしまったような車両や、エアコンや窓など一部の部品が動作しない故障車は買取の対象外になるため注意しましょう。

解体業者に依頼する場合

メリット:どんなに古い車でも、部品単位で査定してくれる

デメリット:業社にとって高い部品が取り出せないと、査定額が安い

解体業者に売却を依頼するメリットは、部品単位で買取りすることができることです。つまり、使える部品が多ければ多いほど買取額がつきやすくなります。

長期間放置していた車や、10年以上以上乗り続けたような高年式車を売る場合には、部品単位で査定される解体業者のほうが高く売ることができるでしょう。

ただ、業社が求めている部品が無い場合、査定額が安くなります。

たとえば、業社が特定の車両の「窓ガラス」か「ドア」を探しているときに、タイミングよく解体業者に渡すことができれば査定額が高くなります。

しかし、業社が求めていないタイミングで依頼依頼した場合、安く買い取られがちになります。

新車・中古車販売店で依頼する場合

メリット:知っている人に手放す手続きを進めてもらえるので安心

デメリット:査定額0円。有料引き取りになる場合もある

新車や中古車販売店に事故車を引き取ってもらう最大のメリットは、見知った人に引取りを対応してもらえるということです。

まったく知らない人に車の手続きを依頼するとき、「ちゃんと手続きしてくれるのかな」と不安に感じる人もいるでしょう。

新車ディーラーや、中古車販売店に知っている店員さんがいれば、気軽に相談することができますよね。

ただし、デメリットとして事故車の買取価格はほとんどつきませんし、新車や中古車を購入するわけでない場合、廃車するために料金がかかってしまう場合があります。

事故車を少しでも高く売りたいなら、新車ディーラーや中古車販売店に事故車を引き取ってもらうメリットはないといえるでしょう。

個人・業者間オークションで依頼する場合

メリット:事故車を欲しがっている人に直接売ることができる

デメリット:売却について高度な知識が必要。販売後の責任も持つ

個人や業者間オークションで事故車を売るメリットは、タイミングよく事故車を買いたい人を自分から見つけに行くことができることです。

ただし、車を出品するときに個人オークションだろうが、業社オークションだろうが車の専門知識が必要になります。たとえば、修復箇所や損傷箇所を出品時に詳細に申告する必要があるからです。

もし、出品時に記述しなかった不具合箇所が落札後に発覚した場合、落札者とあなたとの間でトラブルになるでしょう。

「説明がなかった不具合が起きた。返金しろ!」と言われても困りますよね。

このようなトラブルに見舞われても自分で対処することができないのであれば、個人・業社オークションは向いていないのでやめましょう。

まとめ

物損事故と一言で言っても、事故車両がどのような状態なのか、また年式がどれくらいなのかで適切な売却先が変わって来ます。

ここで紹介した売却先を参考にして、物損事故で損傷した車を売却するときの参考にしてください。

なお、物損事故で保険金が出ている場合は、車両の売却代金と保険金を組み合わせて乗り換えることも可能です。詳しくは、「事故車の保険金は自由に使おう!修理せずに、お得に廃車する方法」で解説していますので、合わせて読むようにしてください。


' width= 車を売るときにもっとも大切なのが、「査定額を比較する」ことです。今まで大切に乗ってきた車だからこそ、最後は高く売りたいですよね。

実際に私が車の売却をしたときも、ディーラーより中古車買取店のほうが、23万円高く買い取ってくれました。

ユーカーパックならたった1回の査定で、全国5000社以上の買取店がオークション形式で査定額を決めてくれます。入力も1分で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

一括査定サイト違って1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」「比較している最中に売却を強要される」というトラブルも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!【ユーカーパック】