カービューの一括査定は、複数の中古車買取業社で査定額を比較することができるため、高く売ることができます。

ただ、掲示板やヤフー知恵袋などでカービューのことについて検索すると、「電話がしつこい」などマイナスの口コミがありますよね。

そうかとおもえば、「最高査定額がついた」「複数社の査定額がわかり、非常に参考になった」といったプラスの口コミもあります。

いったいどちらが正しいのでしょうか。この記事では、カービューの車一括査定がうざいと思われる理由と、不快な思いをしないための対処法について解説していきます。

カービューの一括査定ってうざいの?

カービューの一括査定を実際に利用した私の経験から言うと、対処法さえ知っていればうざいとは思いません。

ただし、後で詳しく解説する対処法を知ることなく電話していたら、うざいと感じていたかもしれません。

一般的に、一括査定を利用した人がうざいと思ってしまう理由として、過去に経験したことがないほど電話が鳴ることが原因に挙げられます。

なぜなら、1件電話している最中に何件も着信履歴が残るようなことは大半の人には起こらないからです。

電話の数が多くてうざい?

カービューに限らず、ほぼ全ての一括査定に言えることですが、一括査定を申し込むと、1分も経過しないうちに電話が次々とかかってきます。

多くの人は、この次から次へとかかってくる電話に対して「うざい」と感じてしまうのです。

ところで、なぜこれほど沢山の電話がかかってくるのでしょうか。

それは、1件目に電話した業社に車を売却することが圧倒的に多いからです。つまり、最初の1件目にかかってきた業社だけに査定を依頼して終わってしまうのです。

実は、査定依頼後の電話で業社に車両情報を伝えたり、出張査定の日時を打ち合わせたりするのにかかる時間は1件あたり15分程度です。

1件目の電話の最中には、他の業社の査定依頼の電話が鳴ります。また、電話を切って画面を見ると、依頼した業社の数だけ着信履歴が入っています。(業社によっては通話中に、何回も電話してきます)

 

そのため、最初から査定上限件数を依頼した人の大半が、1件目の電話で面倒になって「うざい」と感じてしまうのです。

査定で一番うざいと感じる電話を回避するには

では、査定の電話でうざいと感じないようにするために、どうすれば良いのでしょうか。それは、査定の断り方を覚えておくことです。

実は、「査定額を聞いて、廃車まで乗り続けることにした」と一言伝えることで、査定をキャンセルすることができます。

この一言で、「依頼者が売る気が無いんだな」と業社は理解するからです。

たとえば、私の友人が一括見積もり査定を依頼したときにこの方法が有効でした。

友人は件数が多ければ良いと考えて、カービューから査定依頼できる最大件数8件の査定を依頼したそうです。しかし、5件依頼して電話が「ウザい」と感じたというのです。

そこで、6社目〜8社目の3件の業社からの電話は、「査定額を聞いて、廃車まで乗り続けることにしました」と伝え、1分もかからず電話は終わり、それ以降電話が来ることはなかったそうです。

このように、一括査定で業社と査定内容を打ち合わせているうちに、「これ以上は査定依頼する必要はないかな」と感じるときがきます。

そのようなときは上記の一言を伝えれば、うざいと感じる査定依頼をスムーズに断ることができるので、覚えておきましょう。

個人情報が悪用されることはない?

実は、カービューの申込画面では、車の情報以外にも、以下の写真のように住所や電話番号を入力する必要があります。

カービューの申込み

私の場合、ここで入力した個人情報は以下のように利用されました。

  • 住所:出張査定の場所を業社が知るため
  • メールアドレス:おおよその査定額を最初にメールで受け取るため
  • 電話番号:査定の詳細について業社と打ち合わせるため

申し込んだ業社の数だけ一斉に電話の着信があることから、「査定に関係ない業社も電話してくるのではないか」と思うかもしれません。

私を含め、私が実際に一括査定の手伝いをした友人の話を聞いても、査定後に個人情報が悪用されたという話は聞いたことがありません。

また、前述のように査定を断った業社からダイレクトメールや郵便物が届くようなことも、知らない会社から電話がかかってくるようなことはありませんでした。

そのため、個人情報を入力しても悪用されるようなことはなく、安心して利用できるといえるでしょう。

一括査定で個人情報の入力が必要な理由

そうはいっても、「やはり個人情報を入力するのは不安」と考える人もいるかもしれません。

ただ、個人情報を入力するのにもそれなりの理由があります。

それは、個人情報を入力したほうが、査定の手続きが、査定者も依頼者(あなた)も楽になるからです。

たとえば、複雑だったり、長かったりする地名や名前であれば、口頭で説明すると聞き間違えやすいです。そのため、確認のために何分も時間が取られてしまうこともありえます。

そのため、電話での口頭説明より、手で入力したほうが確実なのです。

また、あなたも一括査定を利用すれば、複数業者に同じ説明をする必要はなく、一度の入力で済むでしょう。

このように、一見マイナスポイントに見える個人情報の入力は、実は業社と依頼者の負担を減らすためであるとも考えられるのです。

個人情報の入力で出張査定がスムーズに

また、カービューの一括査定では、可能な限り「出張査定」を利用するようにしましょう。

なぜなら、あなたの車の状態をきちんと見てもらえるうえに、車の良さをPRすることができるからです。

たとえば、あなたが住宅を買ったり、賃貸を契約したりするとき、実際に見ること無く契約することはありえませんよね。

恐らく、どんなに情報がたくさんあろうと、まったく実物を見ること無く買うことは無いはずです。

なぜなら、良い点も悪い点も実際に見てみないと分からないからです。

あなたも欲しいものがあったときに、写真では綺麗に見えたが、実際に自分の目で見たら、思ったほど綺麗ではなかった経験はありませんか。

車の売却もこれと同様です。買取査定の業社は実際に車の状態がどのようなものなのか確認した上で価格を付けたほうが、正確な金額を出すことができます。

また、あなたが車に乗り続ける過程で、大切にしてきたポイントをPRすることもできます。

たとえば、「洗車や清掃は定期的におこなった」「オイル交換は半年に1回はしていた」などです。

これらの情報があれば、業社も「大切に乗り続けてきたのだな」と判断し、安く買取られる可能性はぐっと低くなります。

中古車買取業社が現物を見ることができない場合、買取後に不具合が発生することを懸念して安く買い取らざるを得ないのです。

このように、個人情報を入力するのが、自宅であれば、1件ずつ口頭で説明する必要が無いため、出張査定の依頼がスムーズになります。

ぶっちゃけ、カービューの評価はどうなの?

カービューの評価を見ている限り、悪いという評価は見受けられません。

なぜなら、カービューは一括査定をあなたに代わって業社に依頼しているだけだからです。

たしかに、カービューから依頼した業社については、「担当者がしつこかった」という声があります。

ただ、これは対応者による違いです。たとえば、日用品を買うときを考えてみてください。決済をするとき、レジに並ぶ店員は全員同じではありませんよね。

レジをスムーズにこなすベテラン店員がいる一方、やらされ感が目に見えて分かる不快な店員もいます。

ここで運悪く、不快な店員に当たってしまうと、あなたは不快な思いをすることになるかもしれません。

しかし、店員(一部)の態度が悪かっただけなのに、そこに関係したお店(全体)の対応が悪かったという印象が残ってしまうのです。

車の一括査定にも同様のことがいえます。ごく少数ながら、優良と言われる会社にもあなたと相性が合わない買取担当者はいるものです。

そのため、カービューが悪いというよりは、運悪く相性が悪い査定人に当たってしまった人が、カービューを悪いと言っているだけなのです。

では、査定サービスを比較する上でもっとも重要なことは、何なのでしょうか。

私は、一括査定を選ぶ上でもっとも重要なことは「運営期間の長さ」だと考えています。

なぜなら、歴史の長い企業であるほど数多くの失敗を経験しているからです。

そのため、悪かった点は見直し、良かった点は更に良いサービスにするなど、利用者が快適に利用できるノウハウが詰まっているといえます。

 運営開始年提携業者数見積もり可能業社数
カービュー2000年200社最大8社
ズバット車買取2003年150社最大8社
かんたん車査定ガイド2013年50社最大10社
カーセンサー2008年500社最大30社

上記の表からも分かるように、カービューは日本で最初にスタートした車一括査定のサービスです。そのため、もっとも長い歴史あるサービスです。

また、査定依頼ができる最大業社数が、他の一括査定サービスより少なめなのは、「依頼業者が多すぎても利用者が困る」ということを知っているからでしょう。

さらに、すべての中古車買取業社が優良とは言い切れません。どうしても、質の低い業社が混ざってしまうものです。

質の高い査定サービスを運営するためには、提携業者は慎重に選ぶ必要があります。しかし、選びすぎて業者数が少なくなれば、全国対応で査定ができない恐れがあります。

そのため、提携業者数は多すぎても、少なすぎてもダメなのです。

ゆえに、長年の経験からバランス良く提携業者を確保しているカービューは優良業社と言えます。

実際に、カービューは車一括査定だけでなく、車に関する総合サイトや海外への中古車仲介事業など、車に関するサイトを数多く運営しています。

また、下記画像のように、入力した情報が他人から見えないようにセキュリティー対策(暗号化)がなされています。

上記のまるで囲った「https」が付いているサイトは、外部からページを盗み見ようとしても、見ることができなくなっています。そのため、第三者個人情報が他人から盗み見られるという心配がありません。

まとめ

カービューの一括査定でウザいと言われる原因は、申し込み直後に来る電話にあるという説明をしてきました。

事前に査定の断り方を覚えておけば、ウザい電話を回避する事ができます。一括査定を依頼するのであれば、ぜひ覚えておきましょう。

そして、あなたの車を査定で高く売るようにしましょう。


私が過去に車の売却をしたとき、新車を販売するディーラーと、中古車買取専門店の査定額を比較してみたところ、34万円の差額をつけて中古車買取専門店に買い取ってもらいました。

私が実際に利用した中古車買取専門店は買取台数日本一の「ガリバー」。全国どこでも出張して査定してくれるだけでなく、代車の貸出しなども気軽に対応してくれます。入力はとても簡単、「車種」「年式」「走行距離」以外の、車の細かい情報を入力する必要はありません!45秒で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」ということも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
⇒【公式サイト】45秒で簡単に見積が依頼できる「ガリバー」はこちら