車の査定を匿名でしたいと考える人は多くいます。その理由は、「新しい車が欲しくなった」「家に不要な車がある」などさまざまです。

実は、中古車のおおよその下取り査定額は、自動車メーカーのオンラインシミュレーターを使ったり相場サイトを見たりすれば、匿名で確認することが可能です。個人情報の入力も不要で、時間にして1〜2分ほどしかかかりません。

ただし、入力する情報が少ないため、あなたが実際に査定してもらうときの査定額とは大きくかけ離れてしまう場合が大半です。

このページでは、具体的にどのようにしておおよその下取り価格を確認するのか解説していきます。

匿名で検索する方法

匿名で検索する方法には大きく2つあります。

1つは自動車メーカーが出している買取シミュレーターから価格を検索する方法です。もうひとつは、過去に車を売却した人の結果から、おおよその価格を知る方法です。

ただし、いずれの方法も正確な査定額ではありません。なぜなら、中古車の買取価格は流行や、気候、季節などさまざまな要因から算出されるからです。そのため、これらの方法はあくまで参考程度にするようにしましょう。

今回は、実際に私が友人にアドバイスした車「トヨタ プリウス」を参考にしながら、匿名で検索したときの価格と実際の売却価格にどれくらいの差があったのかも交えて解説していきます。

自動車メーカーのシミュレーターで買取価格を確認する方法

まず新車を買うときに、今ある車を下取りとして出す場合を想定した下取り査定額を知るシミュレーションサイトがあります。シミュレーションサイトとは、車の車種と年式を入力して買取金額を調べることができるサイトです。

国内自動車メーカーでシミュレーションサイトを提供しているのは「トヨタ」と「日産」のみのため、この2社のサイトを利用します。使用する上で条件や個人情報の登録などはなく、いつでも下取り価格の確認をすることが可能です。

トヨタのサイトでシミュレーションする

まず、トヨタのサイトにある「下取り参考価格情報」の使い方を紹介します。

このサイトにアクセスすると、次のような画面が出るので該当する車の情報を選択していきます。

引用:TOYOTA

はじめに、「メーカー」「車名」「年式」の情報を入力します。次に、「同意の上利用する」を押します。

引用:TOYOTA

次に、発売年や形式、グレードなど該当する項目を確認し、「選択」を押して進めていきます。

車の型式がわからない場合は、「車検証」に型式が記載されているため、確認するようにしましょう。

引用:TOYOTA

トヨタでシミュレーションした結果は上記の通りです。友人が実際に売却した金額が54万円であったのに対して、ここでの参考価格は13万円と41万円の差額が出ました。

日産のサイトでシミュレーションする

次に、日産のサイトにある「下取り参考価格シミュレーション」を使用する場合を紹介します。

サイトにアクセスすると、次のような画面が出ます。

引用:NISSAN

まず、あなたが確認したい車の「メーカー」を選択します。今回はトヨタのプリウスを調べるので、「トヨタ」を選択します。次に、車種を選択する画面になります。

引用:NISSAN

上記の写真にあるように、メーカーから出ている車種が全て出ます。この画面で調べたい車種を選択します。

今回はプリウスを調べるので「プリウス」を選択します。

引用:NISSAN

次に、年式を選択します。友人が売ったプリウスの年式は2009年であったため、「平成21年(2009年)」を選択します。

引用:NISSAN

最後に、グレードを選択します。前述のように、型式は車検証に記載されているので、わからない場合は「車検証」確認するようにしましょう。

引用:NISSAN

日産のシミュレーションサイトで調べた結果は上記の通りです。ちなみに、私の友人が実際に売却したときの売却額は54万円でした。

日産のシミュレーションでは6〜24万円と、実際に売ったときと30〜48万円の差額が出たのです。

なぜ、実際の買取額とシミュレーターの価格にこれほどの差額が出るのでしょうか。

シミュレーターはあくまで目安にすぎない

それは実際の買取は一括査定を利用して、複数社と査定額を競争させたからです。一方、シミュレーションサイトでは他者と下取り価格を競争させることを想定していません。

さらに、自動車メーカーの本業は新車の販売です。車の下取りは、あくまで新車販売のためのきっかけに過ぎません。そのため、あえてはじめに低い金額を設定して、実際の下取り価格をこの参考価格より上げることによって、新車の購入を促す狙いもあります。

例えば、このシミュレーターで「下取り額10万円」と算出されたとします。実際に新車販売店で下取りに出したところ「通常は10万円です。ただ、今月いっぱいであれば20万円で下取りすることが可能です」と言われれば、新車購入に向けてお客さんの背中を押すことができるのです。

また、上記のトヨタと日産のシミュレーションには、車の査定額を決める上で重要な「走行距離」の選択画面がありません。

当然ながら、年式が同じでも走行距離が1万キロ未満の車と、15万キロ以上走行した車の劣化度合いは大きく違います。

例えば、走行距離が15万キロを超えている車より、1万キロ未満の車の方がブレーキを使用した回数も、エアコンを使用していた時間も少ないので、交換部品が少ないと考えられるでしょう。

一方、走行距離が伸びれば、交換しなければいけない部品も増えます。つまり、交換部品や修理の費用がかかるため、実際に店頭に持って行って査定額が1万円にもならないこともあるのです。

このような理由から、メーカーの下取り査定のシミュレーションは非常に曖昧な査定額になります。

過去の売却結果から買取査定額を確認する方法

過去に一括査定サイトを利用した人が、実際にいくらで査定をしてもらったのかを確認する方法があります。

みんカラ 買取相場」というサイトを利用すると、過去に一括査定を利用していくらで査定をされたのか知ることができます。

サイトにアクセスすると、次のような画面が出ます。画面が出たらページの下の方へ行き「車の買取情報を調べる」という部分を探します。

引用:みんカラ

この画面が現れたら、調べたい車のメーカーを選択します。メーカーを選択すると、50音順で車種名が表示されます。

引用:みんカラ

表示された車種から査定額を調べる車種を表示します。今回調べるプリウスは「ハ行」にありましたので、これを選択します。

選択すると、車種の買取に関するデータのページが表示されます。このページを下にいくと、「(車種名)の買取の口コミ」という箇所があります。

引用:みんカラ

そこで、「過去に売った人が実際にいくらの査定額を提示されたのか」を確認することができます。

ただ、このままだと今回調べるプリウスの相場価格がわからないため、年式順に並べ替えます。「年式」矢印の↓(下向き)を選択すると、年式が新しい順に並び変わります。

この中から、あなたが価格を調べたい車に、「グレード」「年式」「走行距離」が近いものを選択します。

引用:みんカラ

私の友人のプリウスに近い条件であったものを探したところ、上記のように48万円という結果が出ました。

先ほどのシミュレーションの価格とは違い、実際に売ったときの金額に近くなりました。一括査定の場合は複数業者を交えて価格を競争するため、買取価格は高くなります。

ただ、このサイトの査定額は自己申告制です。そのため、必ずしも正確な情報が掲載されているとは限りません。

さらに、査定に関する情報は「過去の情報」であるため、現在の査定額とはかけ離れてしまいます。

前述のように中古車の買取相場は流行や、気候、季節など様々な要因で価格が決定するからです。

そのため、あなたが実際に車を売ることを考えており、なんとなく価格を調べたのであれば、上記の価格情報は参考にする程度にとどめましょう。さらに、実際に売却するときには必ずしもここに掲載されている金額通りにはならないことも覚えておきましょう。

まとめ

ここまで、匿名で中古車の下取り査定額を知る方法を紹介してきました。

匿名で知ることができる情報は限られていますが、少なくとも売ろうとしている車に値段が付くかどうか、という情報は知ることができます。

実際に車を売るときには、新車購入予定のディーラー1社に下取り価格交渉するだけでなく、複数の中古車買取業者にも査定を依頼して、査定額を競争させることが重要です。

なぜなら業者によって中古車を買い取る目的が違えば、利益源も違うからです。前述のように、自動車メーカーは中古車下取り台数ではなく、新車販売数で利益が左右されます。一方で、中古車買取業社は中古車をどれだけ買い取ったかで利益が決まります。

そのため、新車販売店より、中古車買取業社の方が査定額を上げてでも、1台でも多く中古車を買取りたいのです。

私の友人も、最初は上記のように匿名で調べた価格に落胆していました。しかし、一括査定と下取りを併用して複数の業者で査定をすることを提案し、実行してもらいました。

結果は、当初20万円にしかならなかった査定額が、最終的には54万円になるなど、非常に満足のいく結果になりました。

そのため、今回のように匿名で調べたときの価格より高い金額で車を売りたいのであれば、一括見積り業者を利用するなどして、複数の中古車買取業者に査定を依頼するようにしましょう。


私が過去に車の売却をしたとき、新車を販売するディーラーと、中古車買取専門店の査定額を比較してみたところ、34万円の差額をつけて中古車買取専門店に買い取ってもらいました。

私が実際に利用した中古車買取専門店は買取台数日本一の「ガリバー」。全国どこでも出張して査定してくれるだけでなく、代車の貸出しなども気軽に対応してくれます。入力はとても簡単、「車種」「年式」「走行距離」以外の、車の細かい情報を入力する必要はありません!45秒で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」ということも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
⇒【公式サイト】45秒で簡単に見積が依頼できる「ガリバー」はこちら