ティーダの写真

この記事では、あなたの日産 ティーダの買取相場と、高く売るための具体的な方法を解説していきます。

ティーダから新しい車に乗り換えようとしたとき、自分が今乗っているティーダがいくらで売れるのか気になりますよね。「年式は少し古いけれど、エンジンも快調に動くし高く売れるはず」と思っているかもしれません。

ただ、ティーダの状態がどんなに素晴らしい状態であったとしても、評価されないお店に売りに出せば、安く買い取られてしまいます。

実際、私の家族が何も知らないままディーラーに査定を依頼したことがありましたが、毎年5月に支払う自動車税の還付金額分だけしか査定額がつかなかったこともありました。つまり、車両の買取価格が0円だったのです。

そのときは、複数の中古車買取店に査定をしてもらって車両価格が15万円になったため、無料で引き取られるという最悪の事態は免れました。ただ、このことを知らずに安く買い叩かれる人は多くいます。

あなたがこのようなことにならないために、このページでは次の2つのことを紹介していきます。

  1. 買取相場の活用方法
  2. 複数買取店の査定額を簡単に比較する方法

これら2つのポイントは、高く売るためにどちらも不可欠です。2つのポイントをしっかりおさえて、あなたのティーダを高く売るようにしましょう。

ティーダの買取相場

はじめに、ティーダの買取相場を確認していきます。

査定相場は安く買い叩かれるのを防ぐために必要なものです。ティーダが相場より極端に安い金額を提示されたときに、買取相場を知っていれば安く買い叩かれるのを防ぐことができます。

たとえば、はじめに査定してもらった業社に次のような査定額を提示されたとします。

A社:10万円

この金額だけでは、査定額が高いのか安いのか判断することができませんよね。では、査定相場が15万〜20万円と知っていた場合はどうでしょうか。

先程提示された10万円が安すぎるのがわかりますよね。このように、査定相場は安く買い叩かれないために必要な知識になるので把握しておきましょう。

  • 本ページで紹介している買取相場は、中古車買取サービスやオークションでの取引価格を参考にしています。価格はあくまで参考程度にしてください
  • すべてのグレードを網羅できていない場合があります
  • 買取価格の走行距離は年式における平均走行距離です。走行距離により買取価格が前後することがあります
年式グレード走行距離目安相場価格
2012年式(平成24年式)アクシス +プラズマ20,000〜30,000km24〜28万円
15M12〜19万円
15M SV +プラズマ15〜23万円
15M FOUR SV +プラズマ15〜22万円
2011年式(平成23年式)アクシス30,000〜50,000km18〜26万円
15G14〜21万円
15M11〜24万円
15M SV9〜21万円
15M FOUR14〜20万円
2010年式(平成22年式)アクシス50,000〜70,000km10〜18万円
15G10〜17万円
18G9〜19万円
15M6〜14万円
15M FOUR10〜17万円
2009年式(平成21年式)アクシス60,000〜80,000km7〜11万円
15G4〜8万円
18G5〜7万円
15M4〜8万円
15M FOUR9〜15万円
15S4〜7万円
2008年式(平成20年式)15G60,000〜80,000km4〜7万円
18G5〜7万円
15M5〜7万円
15M FOUR7〜13万円
15S3〜5万円
15S プラスナビHDD5〜8万円
2007年式(平成19年式)アクシス70,000〜100,000km3〜6万円
15G3〜5万円
18G3〜5万円
15M3〜5万円
15S2〜5万円
15S プラスナビHDD3〜6万円
2006年式(平成18年式)アクシス80,000〜100,000km3〜5万円
15G3〜5万円
18G3〜5万円
15M3〜5万円
15M モダンコレクション3〜5万円
15S2〜5万円
2004年式(平成18年式)15G100,000km〜3〜5万円
18G3〜5万円
15M3〜5万円
15S2〜5万円

ティーダを高く売るために、査定額を比較

ティーダの買取相場がいくらか把握できたところで、あなたのティーダを高く売る方法を解説します。残念ながら、相場がわかったからといっていきなり査定に出しても、相場通りにティーダが売れるようなことはありません。

査定額が決まる要因は多数ある

中古車買取店に査定をしてもらうとわかりますが、買取金額はお店によって違いがあります。これは、買取店ごとに査定基準が違うからです。

一般的には年式と走行距離だけで決まると言われていますが、実は査定額が決まる要因はそれだけではありません。

  • グレードやオプション
  • 買取店の決算タイミング
  • 市場での人気
  • モデルチェンジのタイミング
  • 買取店の在庫状況やキャンペーン

これ以外にも買取金額は様々な要因が重なって最終的な査定額が算出されます。多くの店舗で、高く買い取れる車両と買い取れない車両があるのです。

そのため、ティーダを高く買い取ってくれる買取店を見つけることが大切になります。このような理由から、査定を依頼するときは複数の買取店に査定を依頼するべきなのです。

買取店の目安としては3〜4社を目安に査定を依頼するようにしましょう。

ティーダの査定額を簡単に比較するなら、一括査定を使う

複数の中古車買取店に査定を依頼して、査定額を比較しないと安く買い叩かれる恐れがあることは、ここまで説明した通りです。

ただ、複数の買取店を自力で回るのは「なんだか面倒くさそう」と思ってしまいますよね。

実際、3〜4社を回ろうと思うと丸一日かかります。具体的には、私が実際に4社回ったときは最初の査定から、最後の査定が終わるまで6時間近くかかりました。

私が4社を一軒ずつ訪問して査定してもらった体験談

移動時間やお昼の時間も含めたら、合計で8時間以上も査定のために走り回ったのです。さらに、ガソリン代も支払うことになり多少の出費も伴いました。

はっきり言って、時間をかけて査定してもらうのは時間とお金の無駄です。私なら二度とやりません。

では何を使うかというと、一括査定で査定額が比較できるサービスです。実際に私も利用したのが、「カービュー愛車無料査定」のサービスです。

一括査定とは?

出張査定で査定してもらっている様子一括査定とは、複数の買取店に無料で一度に査定を依頼できるサービスです。車種と年式から、即座にリアルな買取相場を教えてくれる業社もいます。

また、詳細な買取相場を知りたいときには、上記の写真のように車を駐車している自宅まで査定員が来て査定してくれます。買取店同士で査定額を競ってくれるため、面倒な交渉をしなくても高い査定額になりやすいです。

>>一括査定でティーダを査定するならこちら<<

私も一括査定を依頼してみたところ、4社を回ったときよりも、高い金額で買い取ってもらうことができました。この経験からも一括査定を利用して買い取ってもらったほうが高く買い取ってもらえると断言できるのです。

ディーラーの下取りは避けるべき

ティーダの査定を依頼するときに、絶対に避けて欲しいのが新車ディーラーの下取りです。年式、グレード、走行距離以外まったく評価されないからです。

たとえば、フロアマットやボディーのコーティングは新車購入時にはオプションとして購入しますよね。それ以外のオプションを合わせれば、車両本体価格に加えて40万円、50万円と高くなります。

オプション内容よっては、軽く100万円を超える人もいるでしょう。これらオプションが、ディーラーでは評価されないのです。せっかく高い費用を払ってオプションを選んだのに、悔しいですよね。

たしかに、車をディーラーに全部おまかせして売却に関して何もする必要が無いのは楽です。ただ、そこにプラス1時間ちょっとの手間を加えるだけでオプションなどが評価されて数万円どころか、10万円、20万円得することになったらどうでしょうか。

中古車買取店であれば、これらオプションも考慮して査定額を出してくれるため、高い査定額になりやすいのです。

そのため、ディーラーの下取りは避けるようにしましょう。

まとめ

ティーダのを高く売るためには、はじめに最低額のティーダの買取相場を知り、安く買い取られるのを防ぐことが大切だと解説してきました。

買取相場をあらかじめ知っておけば、買取業社が提示する金額が安すぎないか、高すぎないかすぐに判断することができます。

また、高く買い取ってくれる買取店を見つけるためには査定額が必要だと解説してきました。そのときは、自宅にいながら査定額を簡単に比較できる一括査定がおすすめです。

これらの方法を駆使して、あなたのティーダを高く売るようにしましょう。


私が過去に車の売却をしたとき、新車を販売するディーラーと、中古車買取専門店の査定額を比較してみたところ、34万円の差額をつけて中古車買取専門店に買い取ってもらいました。

私が実際に利用した中古車買取専門店は買取台数日本一の「ガリバー」。全国どこでも出張して査定してくれるだけでなく、代車の貸出しなども気軽に対応してくれます。入力はとても簡単、「車種」「年式」「走行距離」以外の、車の細かい情報を入力する必要はありません!45秒で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」ということも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
⇒【公式サイト】45秒で簡単に見積が依頼できる「ガリバー」はこちら