出典:Carview

このページでは2003年から2008年まで発売されていた18系クラウンの買取相場を紹介しています。

あなたの18系クラウンがいくらで売れるか気になりますよね。特に、18系クラウンは改造などまったくしていないノーマルな状態か、バリバリ改造した状態かで極端に分かれます。

特に、改造した18系クラウンを売却するときには売り先を間違えてしまうと、非常に安く買い叩かれることになりかねません。

18系クラウンの買取相場を知り、高く買い取ってもらうためにはどうすれば良いのはひとつずつ解説していきます。このページを参考に、あなたの18系クラウンを高く売るようにしましょう。

なお、全世代のクラウンを網羅した買取情報は「クラウンの買取相場は?年代別買取価格・相場一覧」で、クラウンマジェスタの買取情報は「トヨタ クラウンマジェスタの買取相場や下取りはいくらなの?」詳しく解説しています。

18系クラウンの中古車市場での評判

18系クラウンは最終モデルの発売が10年以上前であったにもかかわらず、中古車市場で人気のある車種です。

その理由として、クラウンに憧れる20〜30代の独身男性から熱狂的な人気があるからです。また、改造が好きな男性が、18系クラウンを豪華なVIP車(外装装備を豪華にした車)にしているのも特徴です。

中古車価格が100万円以上で販売されている18系クラウンが多いことからも、その人気ぶりがうかがえます。

VIPテイストの18クラウンは非常に人気

中古の18クラウンの中でも、群を抜いて人気のクラウンがあります。

それが、VIPテイストに作り込まれた18クラウンです。

VIPテイストとは?

VIP(Very Important Person)は”超重要人物”という意味です。車の外装部品や内装部品を交換することで、高級車の雰囲気を作り出した状態をVIPテイストといいます。

車高を低くしたり、車内音響を豪華にしたりなど車両によって程度はさまざまです。

なぜなら、改造のために使っている金額もさることながら、こだわっている人ほど共感される技を駆使した改造をほどこしているからです。

たとえば、極太のマフラーに交換したり、オーバーフェンダー仕様にしたりすると、改造費だけで軽く100万円を超えてしまいます。

ゼロベースからVIPテイストを出していくのは時間もお金もかかるため、買ってすぐに乗れるVIP車は人気があるのです。

18系クラウンのリセールバリュー

18系クラウンのリセールバリューは年々下がり続けています。まずは下の表をご覧ください。

年式新車価格(平均)買取価格(平均)リセールバリュー
2007年式(平成19年式)474万円41万円8.6%
2006年式(平成18年式)440万円31万円7.0%
2005年式(平成17年式)435万円27万円6.2%
2004年式(平成16年式)426万円18万円4.2%
2003年式(平成15年式)407万円10万円2.4%

新車本体価格は300万円を軽く超え、高いモデルになると500万を超えるグレードもありました。しかし2008年、2012年、2018年の3回のモデルチェンジがあったこともあり、3世代前の18系クラウンのリセールバリューは10%を切ってしまっています。

また、上記のリセールバリューは中古車買取店のリセールバリューを参考に算出しています。

残念ながらディーラーの下取りでは、2〜3万円程度(リセールバリュー1%未満)にしかならないことがほとんどです。それどころか、廃車料金を請求される場合もあるため、売却時はリセールバリューの高い買取店を選ぶことが大切になります。

18系クラウンの買取相場

18系のクラウンの買取相場を解説します。ここで紹介している相場は中古車買取店の買取相場の価格です。

改造車の18系クラウンの査定は後で詳しく述べますが、中古車買取店と改造車買取専門店で評価ポイントが違うので注意してください。

  • 本ページで紹介している買取相場は、中古車買取サービスやオークションでの取引価格を参考にしています。価格はあくまで参考程度にしてください
  • すべてのグレードを網羅できていない場合があります
  • 買取価格の走行距離は年式における平均走行距離です。走行距離により買取価格が前後することがあります
年式グレード走行距離相場価格
2008年(平成20年)ロイヤルサルーン プレミアム80,000〜90,000km37〜49万円
アスリート39〜58万円
アスリート プレミアム25〜39万円
2007年(平成19年)ロイヤルサルーン 90,000〜100,000km16〜32万円
ロイヤルサルーン プレミアム14〜33万円
ロイヤルサルーン 6スペシャル30〜42万円
アスリート18〜44万円
アスリート G29〜41万円
アスリート プレミアム33〜59万円
アスリート スペシャル16〜37万円
2006年(平成18年)ロイヤルサルーン100,000〜120,000km11〜23万円
ロイヤルサルーン G11〜26万円
ロイヤルエクストラ9〜22万円
ロイヤルサルーン スペシャル9〜34万円
アスリート27〜45万円
アスリート スペシャル32〜45万円
2005年(平成17年)ロイヤルサルーン100,000〜120,000km5〜20万円
ロイヤルサルーン G9〜16万円
ロイヤルサルーン プレミアムエディション5〜17万円
ロイヤル エクストラ4〜11万円
アスリート20〜41万円
アスリートG15〜43万円
アスリート プレミアムエディション7〜36万円
2004年(平成16年)ロイヤルサルーン120,000〜150,000km6〜10万円
ロイヤルサルーン G5〜17万円
アスリート5〜19万円
アスリートG5〜23万円
2003年(平成15年)ロイヤルサルーン120,000〜150,000km4〜9万円
ロイヤルサルーン G3〜10万円
アスリート4〜12万円
アスリートG5〜13万円

18系クラウンの売却方法

18系クラウンの売却方法には大きく2つの方法があります。なぜなら、売却先によってクラウンの評価が大きく変わるからです。

たとえば、普通車を求めている人が多い買取店に改造車を売却しても見向きもされないことは想像が付きますよね。

反対に、改造車の専門店に普通の車を売却しようとしても、改造済みの車から売れていくことになるため売却しにくいと言えるでしょう。

このように、18系クラウンを売却するときには適切な売却先に売らなければ高額な査定額が期待できないことを覚えておきましょう。具体的には2つの売却先があります。

ノーマル車→中古車買取専門店

VIP車などの改造車→改造車買取専門店

それぞれの違いについて解説していきます。

ノーマル車は、中古車買取専門店に売却

買ったまま何の改造もしていない18系クラウンを売却するのであれば、中古車買取専門店に売却するようにしましょう。

中古車買取専門店は多くの販路を持っているため、国内・国外の売却先から高く売れる販路を選ぶことができるからです。

たとえばノーマル状態であれば、改造車にする事もできますし、海外に輸出して部品取りの車として車を分解することもできます。18系クラウンの場合、日本国内では税金が高くなりやすいのと、故障したときの修理費用が高いことから、輸出されることが多いようです。

そのため、輸出に強い買取店に査定を依頼するほど高い査定額が期待できるでしょう。

改造車はレベルに応じて、改造車買取専門店に売却

改造車と一言で言っても、その度合はさまざまです。たとえば、タイヤのホイールだけを交換している軽度な改造から、車高を下げたり、フェンダーを交換したりといった原型に戻すのがほぼ不可能な改造まであります。

改造車の売却先は段階どの程度化によってよく考えるようにしましょう。

改造レベル:重→改造車買取専門店

改造費に100万円以上費やしたか、5点以上の改造をしたのであれば改造車の買取専門店に査定を依頼するようにしましょう。

通常の中古車買取専門店では、改造が多いほどマイナス評価になってしまいます。なぜなら、一般的には改造車は壊れやすいという認識があるからです。

そのため、店頭に展示してもなかなか買い手がつかないため売れず、買取額が安くなってしまうのです。

一方、改造車の買取専門店の場合は改造部品をひとつひとつ評価してくれるため、査定額が高くなりやすいのです。

改造レベル:中→改造車買取専門店

改造費が10万〜100万円費やしたか、2〜5点程度の改造をした場合、改造車買取専門店に売却を依頼するようにしましょう。

重度の改造ではないにしても、2〜3点程度の改造でもノーマルの状態からかけ離れてしまっています。「そこまで改造していない」と感じるかもしれませんが、外装部品を交換するのはもちろん、車高を下げたりキャンバー角を変える改造も大半の人は受け入れられません。

そのため、中程度の改造でも売却先は買取専門店に依頼するようにしましょう。

改造レベル:軽→中古車買取専門店

軽い改造とは、車に詳しくない人でも簡単にノーマルの状態に戻せる改造を指します。

たとえば、ホイールの交換程度であれば簡単に元の状態に戻すことができます。このレベルの改造であれば、改造車買取専門店で評価されるポイントが少ないため、中古車買取専門店のほうが高く評価してもらえるでしょう。

まとめ

18系クラウンの買取相場について解説してきました。改造をまったくしていない18系クラウンか、コテコテに改造している18系クラウンかで売却方法がまったく違います。

改造をまったくしていない、もしくはホイールを交換する程度の改造であれば中古車買取業者に査定を依頼しましょう。

また、コテコテに改造している場合は、改造車の買取を専門とする改造車買取専門業者に査定を依頼するようにしましょう。


私が過去に車の売却をしたとき、新車を販売するディーラーと、中古車買取専門店の査定額を比較してみたところ、34万円の差額をつけて中古車買取専門店に買い取ってもらいました。

私が実際に利用した中古車買取専門店は買取台数日本一の「ガリバー」。全国どこでも出張して査定してくれるだけでなく、代車の貸出しなども気軽に対応してくれます。入力はとても簡単、「車種」「年式」「走行距離」以外の、車の細かい情報を入力する必要はありません!45秒で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」ということも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
⇒【公式サイト】45秒で簡単に見積が依頼できる「ガリバー」はこちら