トヨタ ハイエースを売ろうと思ったとき、どのようにしたら高く売ることができるのでしょうか。

ハイエースを売ろうと思う理由は「オイル漏れが多くなってきた」「エアコンが効かなかったり、エアコンからスーという音がしている」「走行距離が30万キロ、50万キロを超え維持費が高額になってきている」などさまざまです。

また、法人であれば業務で年間何十万キロも走行し、減価償却期間を過ぎたために、新しいハイエースへの買い替えを検討している場合もあるでしょう。

ハイエースを高く買い取ってくれる業者を見つけるには、適切なステップを踏んで査定を依頼する必要があります。なぜなら、適切なステップを踏んで売却を行わなければ「市場で人気がないから」「交換部品代が高いから」など、理由をつけて安く買い叩かれてしまうからです。

実際、世界規模でハイエースは走行距離が100万キロを超えてもなお、乗り続けられている車なので市場で人気がないということはありえません。下の写真はアフリカ大陸ウガンダの首都(カンパラ)のタクリー乗り場の写真です。

出典:WordPress

この写真の大半の車がハイエースです。日本での走行距離が30万キロや50万キロを超え、エアコンが効かなくなって廃車同然の状態であったとしても問題ありません。

ハイエースはどんなに状態が悪くても中古車として海外に輸出され、文字通り「エンジンがまったく動かなくなる」まで乗られ続けます。

事故で大破したハイエースですら高値がつきます。なぜなら、部品取りの車として小さな部品の一つでも原型をとどめていれば価値があるとみなされるからです。

そのため、ハイエースは年式・走行距離に対して高額な査定金額を引き出すことができるのです。

では、ハイエースを高値で売るためには具体的にはどのようなステップを踏んでいけばいいのでしょうか。この点について確認していきます。

ハイエースの大きさと乗車定員

ハイエースは目的別に「バン」「ワゴン」「コミューター」の3グレードが用意されています。「人を乗せる」「荷物を乗せる」「人も荷物も乗せる」のいずれかによって、全幅・全長・全高と乗車定員が変わっています。

この中で、特に日本国内で人気があるのが「バン」の「スーパーGL」です。なぜなら、貨物車(4ナンバー)として登録することができるからです。

貨物車として登録することができると、自家用車(3ナンバー)として登録するより、毎年納付する自動車税が安くなるメリットがあります。

「バン」の全幅・全長・全高と乗車定員

全幅 全長 全高
標準 169.5 469.5 198.0
標準ルーフ・ジャストロー 169.5 469.5 198.5
ハイルーフ 169.5 469.5 224.0
ハイルーフ・ジャストロー 169.5 469.5 224.5
ワイド・ミドルルーフ 188.0 484.0 210.5
スーパーロング・ワイド 188.0 538.0 228.5

また、バンはグレードによって乗車定員が異なります。

グレード 乗車定員
スーパーGL 5人
DX(GLパッケージ)3人乗り 3人
DX(GLパッケージ)6人乗り 6人
DX(GLパッケージ)9人乗り 9人

「ワゴン」の全幅・全長・全高と乗車定員

全幅 全長 全高 乗車定員
GL/DX 188.0 484.0 210.5 10人
グランドキャビン 188.0 538.0 228.5 10人

「コミューター」の全幅・全長・全高と乗車定員

全幅 全長 全高 乗車定員
GL/DX 188.0 484.0 210.5 14人

ハイエースがいくらで買い取られたのか知る

ハイエースを中古車買取業者に高く買い取ってもらうためにはどうしたらいいのでしょうか。まずあなたがしなければいけないことは、ハイエースがいくらで買取業者に買い取られたのか知ることです。

なぜ買取業者に買い取られたか知らなければいけないのでしょうか。それは、買取査定に出したときに業者の提示した金額が「安いのか」「高いのか」判断するための基準を知らなければいけないからです。

5代目ハイエース(H200系)の中古車査定価格と買取実績

出典:Wikipedia

5代目ハイエースは2004年に登場しました。年々改良と変更が加えられ排出ガスや有害物質の排出削減、また最高出力と最高馬力がパワーアップするなどの工夫がなされています。

実際の買取実績は以下の通りです。

年式 グレード 走行距離(km) 査定時期 最高買取提示額 最低買取提示額
2005年式(平成17年式) DX ワゴン 25,001〜30,000 2011年6月 200万円 200万円
2005年式(平成17年式) スーパーGL バン 150,001〜 2012年10月 100万円 80万円
2005年式(平成17年式) スーパーGL バン 60,001〜65,000 2011年2月 180万円 180万円
2006年式(平成18年式) スーパーGL 標準 バン 40,001〜45,000 2012年3月 146万円 140万円
2007年式(平成19年式) グランドキャビン ワゴン 110,001〜120,000 2016年1月 90万円 90万円
2007年式(平成19年式) スーパーGL バン 35,001〜40,000 2012年2月 172万円 110万円
2008年式(平成20年式)  GL コミューター 5,001〜10,000 2012年2月 195万円 190万円
2008年式(平成20年式) DX スーパーGL バン 25,001〜30,000 2010年3月 160万円 160万円
2009年式(平成21年式) GL ワゴン 40,001〜45,000 2012年1月 200万円 130万円
2009年式(平成21年式) スーパーGL バン 60,001〜65,000 2012年8月 196万円 190万円
2010年式(平成22年式)  GL ワゴン 20,001〜25,000 2014年10月 230万円 180万円
2011年式(平成23年式) スーパーGL バン 25,001〜30,000 2012年12月 200万円 200万円
2015年式(平成27年式) スーパーGL ロング・ワイドボディ・ミドルルーフ バン 10,001〜15,000 2015年12月 295万円 240万円

※買取価格は中古車一括買取サービス・オークションでの取引を参考にしております。相場価格はあくまで参考までにしてください。またすべてのグレードを網羅できていないものもあります。ご了承ください。

4代目ハイエース(H100系)の中古車査定価格と買取実績

出典:Wikipedia

4代目ハイエースは1989〜2004年まで生産されていました。先代の3代目に比べて燃料の給油口が右から左になりました。

また、4WDの車についてはレギュラーガソリンを燃料とするガソリンエンジンが廃止され、燃料が軽油のディーゼルエンジンとなりました。

実際の買取実績は以下の通りです。

年式 グレード 走行距離(km) 査定時期 最高買取提示額 最低買取提示額
1986年式(昭和61年式) スーパーカスタム ワゴン 150,001〜 2012年9月 3万円 0円
1993年式(平成5年式)  スーパーカスタム ワゴン 150,001〜 2014年4月 10万円  0円
1994年式(平成6年式)  スーパーカスタムリミテッド ワゴン 65,001〜70,000 2011年5月 50万円 50万円
1994年式(平成6年式) スーパーGL ロング ディーゼル バン 150,001〜 2012年9月 7万円 0円
1995年式(平成7年式)  リビングサルーン ワゴン 75,001〜80,000 2016年12月 116万円 77万円
1995年式(平成7年式) スーパーGL バン 150,001〜 2012年6月 22万円 8円
1995年式(平成7年式) スーパーカスタムリミテッド ワゴン 90,001〜95,000 2012年9月 20万円 10万円
1996年式(平成8年式) DX GL バン 150,001〜 2013年2月 31万円 0円
1999年式(平成11年式)  スーパーカスタム ワゴン 75,001〜80,000 2016年2月 55万円 35万円
2000年式(平成12年式)  スーパーカスタムリビングサルーン ワゴン 130,001〜140,000 2011年10月 40万円 40万円
2000年式(平成12年式) DX バン 140,001〜150,000 2012年3月 47万円 43万円
2001年式(平成13年式) スーパーGL バン 85,001〜90,000 2010年6月 59万円 59万円
2002年式(平成14年式) DX ハイルーフ スーパーロング バン 65,001〜70,000 2012年2月 40万円 30万円
2002年式(平成14年式) スーパーカスタムG ワゴン 120,001〜130,000 2011年1月 70万円 70万円

※買取価格は中古車一括買取サービス・オークションでの取引を参考にしております。相場価格はあくまで参考までにしてください。またすべてのグレードを網羅できていないものもあります。ご了承ください。

3代目以前のハイエースの中古車査定価格と買取実績

3代目以前のハイエースについては、発売されてから30年程度経過しています。たとえ動かない状態のハイエースであっても「部品取りの車」として3〜5万円程度で買い取られる可能性があります。

海外では3代目以前のハイエースが活躍しているのが現状なので、値段がつかないということはないでしょう。

1件でも多くの業者に査定してもらう

中古車市場でのハイエースのおおよその買取額を知った後は、中古車買取業者に1件でも多く査定を依頼しなければなりません。

なぜなら、査定を行い比較したときに「高いのか」「安いのか」判断することができないからです。ここまで読んだ時点で、ハイエースが何年でどれくらい買取価格が下がるのかおおよそ把握できたのではないでしょうか。

上記の表にあるように、ハイエースは年式が古くなっても買取価格が下がりにくい車です。一方、走行距離が伸びれば伸びるほど買取価格が下がっていきます。

このことから、ハイエースを売ろうと考えてから実際に査定に出すまでの期間が早ければ早いほど良いです。

「それなら、ハイエースに乗らないで他の車の使用頻度を増やしたらいいのではないか。それなら価値を維持したまま高く売れるのではないか」と考える人がいるかもしれません。

たしかに、ハイエースは年式が古くなっても買取価格が下がりにくいです。しかし、車というのは機械である以上、経年劣化を避けることはできません。乗ろうが乗るまいが劣化が進行していくのです。

また、「自動車税」「重量税」「自賠責保険」の他に「任意保険」の費用など維持するだけでもお金がかかります。さらに、交換部品の費用も年式と走行距離が増えるほど高額になっていきます。

「車を売ろう。でもまだその時じゃない」と迷う期間が長くなればなるほど車の価値は下がり維持費は増えていくため、最終的にあなたの手元に残っているお金が少なくなってしまうでしょう。

そのため、買い替えようと思い立ってから売るまでの行動が早ければ早いほど良いのです。

ハイエースは「部品取りの車」としても海外でも根強い人気があることは前述の通りです。では、高額であなたのハイエースを買い取ってくれる業者に出会うにはどうすればいいのでしょうか。

それは、あなたのハイエースを他社の買取業者と競合させながら査定することです。どういうことかというと、複数の買取業者に査定を依頼することです。

では、複数の買取業者に査定を依頼するにはどうすればいいのでしょうか。もっとも効率的に査定してもらう方法は、一括査定から査定を依頼することです。

あなたの近所の中古車買取業者を1件1件回りながら査定してもらう方法がありますが、時間がかかるうえ、ハイエースを高額で買い取りしてくれるか業者かどうか分かりません。

一方、一括査定であればハイエースを高額で買取している業者があなたのハイエースを容易に見つけることができます。なぜなら、あなたが一括査定に申し込んだ時点で、ハイエースを高く買い取る業者にも連絡が行くからです。

一括査定であなたから連絡をもらった業社は、あなたの車が保管されている場所へ足を運ぶため、あなたがハイエースを動かして業者のもとを訪れる必要がありません。

さらに、一括査定の良いところは1社だけが査定を行うのではなく、複数の業社が査定を行うことです。業者同士が他の買取業社と競合していることを意識しているため、あなたの足元を見るような査定は行われにくいです。

例えば、上記の表から新車登録から10年経過し、10万キロ走行したハイエースはおおよそ100万円程度で買い取られていることが確認できます。そのため、査定の際に買取業社が30万円と提示してきたときに買取金額が低すぎると判断することができるでしょう。

このときは、30万円と不当に安く査定を行った業社を見送り、次の業社の査定につなげるなど対応することが可能です。これは過去の買取査定額を把握し、また他の買取業社と競合していることを知っているからこそできることです。

これらのことを踏まえ、不当に安く買い取る業社を候補から外し、高く買い取ってくれる業社に査定をしてもらいましょう。そして、ハイエースを高く買い取ってもらうようにしましょう。


' width= 車を売るときにもっとも大切なのが、「査定額を比較する」ことです。今まで大切に乗ってきた車だからこそ、最後は高く売りたいですよね。

実際に私が車の売却をしたときも、ディーラーより中古車買取店のほうが、23万円高く買い取ってくれました。

ユーカーパックならたった1回の査定で、全国5000社以上の買取店がオークション形式で査定額を決めてくれます。入力も1分で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

一括査定サイト違って1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」「比較している最中に売却を強要される」というトラブルも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!【ユーカーパック】