bB

「家族が増えたし、もっと荷物が乗せられるミニバンが欲しい」「税金などの維持費がかからない軽自動車に乗り換えたい」など、bBを手放す理由はさまざまです。

これから新しい車への買い換えを考えているのであれば、新車の負担額を少しでも減らしたいですよね。

それなら、今乗っているbBをできるだけ高く売るようにしましょう。

このページでは、bBの買取相場額が年式に応じてどのように変化しているのか、また高く売るにはどうすればいいのか解説していきます。

このページで紹介している内容を覚えて、あなたのbBを高く売るようにしましょう。

bBの買取相場

まずは、bBの買取相場が年始に応じてどのように変化していくのか確認してみましょう。

bBがいくらで買い取られているのか知らなければ、安く買い叩かれてしまっても気がつくことができません。

そのため、まずはbBの買取相場額を知っておきましょう。

下のグラフは、国内の中古車買取業社を利用した人の買取実績や、オークションの落札相場を参考に算出しています。

グラフの縦軸が「新車登録からの経過年数」、横軸が「買取査定額」を表しています。この買取り価格は1年に1万キロ乗ることを想定しています。

bB買取り相場

年式新車登録からの経過年中古車買取業社の査定額目安査定額の価格差
2016180万〜125万円45万円
2015272万〜120万円48万円
2014365万〜110万円45万円
2013460万〜105万円45万円
2012552万〜95万円43万円
2011645万〜91万円46万円
2010728万〜72万円44万円
2009820万〜53万円33万円
200895万〜35万円23万円
2007103万〜26万円18万円
2006112万〜20万円18万円
2005122万〜20万円18万円
〜2004〜131万〜16万円15万円

bBの買取り査定額に差が出るのはなぜ?

同じ年式のbBにも関わらず、なぜこれほど買取価格に差が出ているのでしょうか。

一般的には、年式と走行距離によるものが大きいと言われています。

ところが、それ以外にも買取価格の差が大きくなる要因があるのをご存知でしょうか。

実は、「誰がbBを買取るか」によって査定額が大きく変わります。

売却先の業社による違い

まず、最も価格差が出る要因はこの「売却先の業社」による違いです。

実は、あなたがこれからbBを売ろうとしているのであれば、次の2つのいずれかを選択することになります。

  • 新車購入の割引を受けるための「下取り」
  • 中古車買取り業社で現金化する「買取り」

まず、下取りとは何かについて解説します。

「下取り」とは

下取りとは、新車に乗り換えるときに、あなたのbBを査定してもらって、bBの査定額分だけ新車から値引きしてもらうことです。

面倒な手続きをディーラーがしてくれることから、こちらを選択するひとが大半です。

ただし、下取りの特徴として「下取り額があいまいになりやすい」「安い金額からスタートして、最終的に査定額が高くならない」という点があります。

たとえば、本来50万円で下取りされてもおかしくないbBが、なぜか最初の見積額が30万円になることがあります。

それがどういうわけか、新車購入の交渉を進めていくうちに40万円、50万円と査定額が高くなっていくのです。

あなたも、最初の提示額が安くても、新車購入の商談を進めるうちに、ディーラーから「あなたが真剣に購入を検討してくれているため、ディーラーの私もお車を高く買い取れるよう頑張ります!」と前向きに考えてくれれば嬉しいですよね。

そうして最終的な提示額が高くなったほうが、「高く売ることができた! ラッキー!」と感じるのです。

しかし、そうして最終的にディーラーが頑張って出した金額のカラクリをご存知でしょうか。

実は、ディーラーが査定額を上げることができるのは、新車を安くするための「新車割引分」があるからなのです。

これは、新車購入者を少しでも増やすために、ディーラーがおこなっているキャッシュバック制度です。

もちろん、この割引分をディーラーが使えば利益が減るため、ディーラーとしては使わないに越したことはありません。

よくありがちなのが、交渉を進めていくうちに「下取り査定額」と「新車割引分」があいまいになってしまうことです。

下取りの様子

たとえば、上記のように最初は下取りの割引だけしていたのが、交渉をすすめるうちに「下取り」と「新車割引分」を合計して値引くというものです。

車を購入する立場だと、「割引されてラッキー!」と思いがちなので、この違いはあまり気にしないかもしれません。

しかし、限界まで交渉すれば「下取り50万円」「新車割引分の10万円」の合計で60万円分は交渉の余地があったのに、合計50万円分しか割引されなかったら悔しいですよね。

このように、下取りでは最終的に査定額を大きく見せることで、新車購入者に満足して下取りをしてもらうことができるのです。

このようなディーラーの割引を回避する方法として、中古車買取業社に査定を依頼する「買取り」を利用する方法があります。

買取りとは?

買取りとは、簡単にいうとあなたの車を中古車査定業社に査定してもらい、売却して現金にしてもらうことです。

ただし、現金にしてもらう過程がディーラーの下取りと大きく違います。

ディーラーは割引額を小さくして利益を確保することを目標にしています。

一方、中古車買取業社の場合はたくさんの車を買取り、利益を乗せて新しいオーナーに次々と売ることで利益を確保しています。

つまり、中古車買取業社にとって売るのが得意な車を買取るほど、利益が出やすいのです。

中古車買取り業社の利益構造

そのため、あなたのbBを求めている業社が愛車のbBを査定すれば、業社は簡単に次のオーナーにbBを売ることができるのです。

極端な話、売れる見込みがついているのであれば、あなたのbBをいくら出してでも中古車買取業社は買取りたいということです。

そのため、あなたのbBを売るときは中古車買取業社に売るのがおすすめです。

また、「買取り」には「下取り」にはないメリットがあります。それは、一旦現金を手にできるということです。

下取りは新車から割引きするだけなので、車を一括購入しない限り手元に現金がくることはありません。しかし、買取りの場合は現金が手元にくるため、お金の使いみちに融通がきくというメリットがあります。

たとえば、引っ越しをしたばかりのときに車を買い換えるのであれば、家具の準備など、なにかとお金が必要になりますよね。

子供を育てているのであれば、習い事を始めたり、進学したりでお金が急に必要な場面もあります。

下取りであれば、割引になるためあなたが現金を手にすることはありません。

しかし買取りであれば、売却額の半分は手元に残して、もう半分を新車購入の頭金として分けることもできるのです。

つまり、今必要なことに対してお金を使うことができるのです。

そのため、あなたのbBを売るときは、あなたのbBを高く買い取ってくれる業社を見つけることが大切になります。

bBの年式とグレード

bBの年式とグレードも買取価格に影響します。

ここでは、具体的にどの世代で何のグレードがあったのか確認していきましょう。

初代:NCP30系(2000年〜2005年)

初代bB

グレード新車価格
S125万〜149万円
S Wバージョン126万〜146万円
S Wバージョン マジョーラ2136万〜156万円
S Wバージョン HIDセレクション2126万〜146万円
S Xバージョン141万〜161万円
Z145万〜162万円
Z Xバージョン157万〜178万円
Z Xバージョン マジョーラ2172万〜188万円
Z Xバージョン キラメキ166万〜182万円
Z HIDセレクション146万〜162万円
オープンデッキ169万円

2代目:QNC20系(2005年〜2016年)

2代目bB

出典:Wikipedia

グレード名新車価格
S128万〜148万円
S エアロパッケージ148万〜149万円
S エアロ G パッケージ155万〜157万円
S ガーネットエディション132万〜148万円
S ガーネットエディション Ⅱ137万〜153万円
S HIDセレクション133万〜149万円
SQ152万〜154万円
S X146万〜147万円
S 煌(きらめき)154万〜170万円
S 煌 G164万円
Z138万〜157万円
Z エアロパッケージ157万〜178万円
Z エアロ G パッケージ164万〜183万円
Z Lパッケージ149万〜164万円
Z Q162万〜178万円
Z X156万〜171万円
Z 煌(きらめき)163万〜179万円
Z 煌 G173万〜187万円

bBは購入するときに非常に幅広くグレードがあるため、購入するときには金額差があります。

しかし、売却するときにはグレードの価格差は、買ったときの金額ほどはなくなってしまいます。むしろ、年式による差のほうが大きいといえるでしょう。

たとえば、5年経過したbBと、10年経過したbBを比べると買取価格の差はかなり小さくなっていますよね。

そのため、購入するときに高いグレードのbBを買ったとしても、年式が5年、10年と古いほどグレードの差が小さくなってしまうのです。

そのため、少しでも高く売りたいのであれば、少しでも早く売ることが大切になります。

走行距離

走行距離も査定額を決める要素になります。

走行距離が伸びれば、エンジンやタイヤが劣化していくからです。

たとえば、買ったばかりのスニーカーであっても、1ヶ月間歩きっぱなしだったらスニーカーの底がすり減ってしまいますよね。

車もスニーカーのように、たくさん走行すればしただけ交換する部品が増えるため、買取額は安くなる傾向にあります。

ただし、走行距離よりも年式のほうが査定額に与える影響は大きいです

なぜなら、走行距離に応じてメンテナンスが必要な箇所より、年数が経過したら交換しなければいけない箇所のほうが多いからです。

たとえば、あなたの家の外に置いてあるもの(特に日射や雨風にさらされてるもの)は劣化が早いですよね。

車も日射や雨、また朝晩の急激な温度変化で劣化してしまいます。

そのため、走行距離が5千キロにも満たないとしても、5年、10年経過した車の査定額は下がってしまうのです。

むしろ、1年1万キロ程度乗っていた車のほうがオイル交換などでメンテナンスする機会が多くなるため、状態はいいかもしれません。

走行距離が少ないからと言って、車の状態が良いとは限らないことを覚えておきましょう。

bBのカラー

bBは個性を出す車であるためか、どの色も人気があるといえます。

一般的な車は、「目立った色でないほうが良い」という理由から、白色・黒色が人気です。

しかし、bBはカスタムすることが前提の車です。そのため、他の人とは違う車が欲しいという人が多く、どの色でも人気があるようです。

改造やカスタムの有無

前述の通り、bBはカスタムすることを前提に作られた車です。

一般的な車については、カスタムされておらず新車のまま乗られて、売却するときも買った状態に戻すほうが査定額が高くなる傾向にあります。

ところが、bBはその反対にカスタムしてあるほうが査定額が高くなりやすいです。

なぜなら、エアロパーツ(装飾パーツ)でカスタムされたbBを安く手に入れたい若い人が多く、根強い人気があるからです。

たとえば、現在発売されている新車にエアロパーツ(装飾パーツ)をつけて購入するとなると、エアロパーツの生産量自体が少ないため、購入総額が非常に高くなります。

一方、bBはカスタマイズすることを前提に作られているため、エアロパーツを比較的安く手に入れることができたのです。

また初代bBは発売から時間が経過しているため、中古車であれば比較的安く手に入れることができます。

そのため、「1台目は新車を買えないけれど、かっこいい車が欲しい」という人に根強い人気があるのです。

そのため、カスタムしてあるbBを持っている人は「査定額が安くなるのではないか」というのは気にせず、bBを高く買い取ってくれる業社に売るようにしましょう。

bBを買い換える理由

ここまで、bBがいくらで買い取られているのかを解説してきました。

では、bBを買い換える理由にはどのような理由が多いのでしょうか。

家族が増えた

家族の形が変わるときにbBの買い替えを検討する人が多いです。

結婚して独身ではなくなったり、子供ができて家族の人数が増えたりしたときに車体サイズが大きいミニバンに買い換えるのです。

たとえば、家族揃って出かける場面を考えてみてください。

子供が旅先で、「いつも乗っている自転車に乗りたい!」「キャンプがしたい!」など要望があれば、親としては子供の希望を叶えてあげたいですよね。

そんなとき、大きな荷物でも楽々乗せられて、長時間運転しても疲れないミニバンのほうがbBよりも使い勝手がいいのです。

維持費が高い

bBの維持費の高さが気になって買い換える人もいます。

bBは普通自動車なので、車検ごとに重量税を払い、毎年5月には自動車税を支払わなければいけません。

たとえば、bBは2年に1回支払う重量税が24,600円、毎年支払う自動車税が34,500円(2017年11月時点)かかります。

そのうえ、登録年から13年経過すれば自動車税・重量税ともに課税額が増えるため、支払金額が増額します。

このような理由から、自動車関係の税金が安い軽自動車に乗り換えるのです。

たとえば、新車の軽自動車に乗り換えれば、重量税が6,800円、毎年支払う自動車税が10,800円(2017年11月時点)です。

軽自動車に乗り換えると、2年間で65,200円、毎年3万円以上節約できるのです。

3万円もあれば、欲しかった家電、子供へのプレゼントなど色々なものが買えますよね。また、将来何かあったときのために貯金することもできるでしょう。

このように、軽自動車に乗り換えることで税金にかかる費用は半分以下になります。

bBの不具合が目立つようになった

年式が古くなり、エアコンの効きが悪くなったり、エンジンから異音がしたりするため買い替えを検討する人もいます。

車を通勤車や、子供の送り迎えの車として毎日使っている場合、ちょっとした不具合でも気になってしまいます。

また、夏の昼間や、冬の早朝にエアコンが効かないのは、とても耐えられるものではありませんよね。

このような不具合が目立ち、気になる場合も買い替えを検討する要因になるようです。

これらの理由にあなたも当てはまるのであれば、車を買い換える時期がきていると言えるでしょう。

bBを高く売る方法

では、あなたがbBを高く売るためにはどうすればいいのでしょうか。

あなたがbBを高く売るために、ここであげる2つのことを実行することをオススメします。

これは私自身が、過去に愛車を高く売ることができた経験からオススメしている方法です。

複数業者に査定依頼

下取りをするのか、買取りしてもらうのかによって査定額が大きく変わってくるというのは説明した通りです。

つまり、あなたのbBを少しでも高く売りたいのであれば、中古車買取り業者に「買取り」を依頼する必要があります。

ただ、これだけでは高い査定額を出すことはできません。さらに高く買い取ってもらうには複数業者に査定を依頼するようにしましょう。

たとえば、1社に査定を依頼して次のような査定額を出されたとします。

  • 買取店A:30万円

この金額だけで、あなたは査定額が高いか安いか判断することができるでしょうか。

おそらく、査定金額が一つだけでは安いか高いかの判断はできませんよね。

では、複数の買取業者に査定を依頼した場合はどうなるのでしょうか。

上記の中古車買取業者A以外に、2社査定依頼をしたところ、次のような査定額を提示されました。

  • 買取店B:25万円
  • 買取店C:40万円

3社査定をすれば、A社より高く買い取ってくれるC社がいることが分かりました。

このようにあなたのbBを高く買い取ってくれる業社に売却すれば、10万円も多くお金を手にすることができます。

bBの売り方

このように、複数業者に査定を依頼することで業社の査定基準に沿って違った評価をするだけでなく、業者同士で査定額を競争してくれます。

その結果、あなたのbBを高く買い取ってくれる業者をみつけることができるのです。

では、複数業者に査定依頼するには、具体的にどうすればいいのでしょうか。

このことについて、私は複数業者で査定額を競争させるために「一括査定」を利用することをオススメしています。

なぜなら、私自身一括査定のサービスを利用して30万円の差額をつけて、軽自動車を売却した経験があるからです。

車の買い換えを考えているから高く売る方法はないかという相談をよく受けますが、例外なく一括査定をオススメしています。

このとき、こちらから店舗に出向くのではなく、査定時間を決めて出張査定であなたのbBを停めている駐車場まで査定に来てもらいましょう。

たとえば、私が実際におこなったのは午前11時〜午後1時の2時間の間に、1社30分ずつ合計4社に査定してもらいました。

こうすれば、買取り業社のペースで査定を進められることもなく、簡単に比較することができました。

その結果、最後に査定してもらった業社に、一番高い査定額を付けてもらうことができました。あなたもbBを売却するときに、ぜひ参考にしてみてください。

車を綺麗にする

査定前には、あなたの車を綺麗にしておきましょう。

なぜなら、査定人があなたの車を見たときに、汚いよりもきれいな方が第一印象が良いからです。

ここでいう綺麗にするとは、車内と車外の両方を指します。

まず車内については、自宅の掃除機や、ガソリンスタンドなどに設置されている掃除機でシートの隙間や、床に落ちているゴミを吸い取るようにしましょう。

また、内側の壁面についても、濡らしてギュッと絞ったタオルで軽く拭いておくといいです。こうすれば、しっかり手入れされていたという印象をもってもらえます。

次に車外についてです。車外についてやっておいたほうが良いことは洗車です。

たとえば、綺麗な車を見たときと、泥汚れにまみれた車を見たときでは、どちらの車がいいでしょうか。

綺麗な車のほうが、断然見た目の印象が良いですよね。

買取業社が査定をおこなうときも、年式が古い車であったとしても綺麗な車のほうが「大切に乗られてきた」という印象を持ちます。

このように、良い印象があることによって査定額がマイナスになるのを防ぐことができます。

まとめ

bBを高く売るためには、年式や走行距離だけでなく、売却する業社も考えて査定をおこなうことが大切です。

どんなにあなたのbBが良い状態であったとしても、それを「良い状態」と判断してくれる業社に査定してもらわない限り、高額な査定を引き出すことができません。

そのため、売却の際には、複数の査定業者に査定を依頼して査定額を競わせたり、高い評価をつけてくれたりする業社を見つけて売るようにしましょう。


' width= 車を売るときにもっとも大切なのが、「査定額を比較する」ことです。今まで大切に乗ってきた車だからこそ、最後は高く売りたいですよね。

実際に私が車の売却をしたときも、ディーラーより中古車買取店のほうが、23万円高く買い取ってくれました。

ユーカーパックならたった1回の査定で、全国5000社以上の買取店がオークション形式で査定額を決めてくれます。入力も1分で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

一括査定サイト違って1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」「比較している最中に売却を強要される」というトラブルも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!【ユーカーパック】