ハリアー

「子供がもうすぐ産まれるから、サイズの大きいミニバンに乗り換えたい」「10年以上乗って古くなったから、新しい車に乗り換えたい」「ベンツ・BMWなどの欧州車に乗り換えたい」など、トヨタのハリアーを手放す理由はさまざまです。

もしあなたが、ハリアーに不満が出てきているのであれば、乗り換えるタイミングであるといえるでしょう。

せっかくハリアーを売却するのであれば、少しでも高く売って次の車の購入費用を抑えたいですよね。

この記事では、ハリアーのおおよその買取価格、ハリアーの買い替えをした人がどのようなきっかけで売却したか、そしてハリアーを高く売る方法を紹介していきます。

どうすればハリアーを高く売ることができるのかを知り、あなたのハリアーの売却を成功させるようにしましょう。

ハリアーの買取価格はいくら?

まずは、ハリアーの買取価格が年式に応じてどのように変化していくのか確認してみましょう。

ハリアーの買取価格がいくらなのか知らなければ、査定で提示される買取額が適切な買取額なのか分からないばかりか、安く買い叩かれてしまう恐れもあります。

そのため、まずはハリアーの買取価格を把握しておきましょう。

下のグラフは国内の中古車買取業社の買取価格や、オークションの落札価格を参考に算出したものです。

グラフの縦軸が「購入してからの経過年」、横軸が「買取査定額の目安」を表しています。

ハリアーの相場

年式新車登録からの経過年中古車買取り業社の査定額目安査定額の価格差
2016年1年220万〜320万円100万円
2015年2年195万〜295万円100万円
2014年3年178万〜280万円102万円
2013年4年160万〜253万円93万円
2012年5年143万〜201万円58万円
2011年6年120万〜175万円55万円
2010年7年80万〜161万円81万円
2009年8年50万〜145万円95万円
2008年9年25万〜139万円114万円
2007年10年23万〜120万円97万円
2006年11年19万〜80万円61万円
2005年12年10万〜62万円52万円
2004年13年10万〜55万円45万円
2003年14年2万〜50万円48万円
〜2002年15年2万〜30万円28万円

ハリアーの買取価格に差が出る理由は

同じ年式のハリアーにも関わらず、なぜこれほど差額が出てしまっているのでしょうか。

中古車売却で、「年式」「走行距離」によって買取額に差が出るということは、一般的に知られています。

ただ、査定額に差が出る理由はこれだけではありません。

実は、「どの売却先に売るか」で査定額が大きく変わってくることはご存知でしょうか。

売却先による違い

査定額がもっとも大きく変わるのは、「売却先の違い」と言ってしまっても過言ではありません。

あなたも同じ商品を買うときでも、さまざまな店舗と比較して購入店を決めたことはありませんか。

たとえば、「店員の対応が良かった」「価格が安かった」「保証内容が充実していた」など、あなたなりの基準で比較して、買うお店を選んでいますよね。

あなたのハリアーを買取る業社も同じように、さまざまな基準を持ってあなたのハリアーの査定をおこないます。

自動車の売却についていえば、次の2つが主に車を売る方法になります。

  • 新車購入代金から割引してもらう「下取り」
  • 中古車買取店で現金化してもらう「買取り」

それぞれ説明していきます。

「下取り」とは

下取りとは、あなたが新車を購入するときに、あなたの車を新車ディーラーが買い取って割引することです。

納車の日にディーラーまであなたのハリアーで乗って行き、帰りは新車に乗って帰ってくることができるなど、面倒な手続きがないのが特徴です。

ただ、下取りにはデメリットがあります。

それは「安い金額から下取り額の交渉がスタートして、最終的な査定額が高くなりにくい」ということです。

たとえば、新車購入の相談をし始めたときに、ハリアーを下取り査定に出したとします。ディーラーは50万円という金額を提示したとしましょう。

そうして、新車購入の手続きをすすめるにつれて「下取り額が上がるよう頑張ります」という営業マンの努力の甲斐あって、最終的に下取り額90万円という金額がつきました。

ただ、ここであなたももう少し価格交渉が出来るかとドキドキしながら、「95万円にはなりませんか」と交渉してみると、「本日決めていただけるなら……頑張ります」という回答です。

そうして、ディーラーから「割引の総額95万円で手を打ちましょう」ということになりました。

このように交渉が進めば、「高く売ることができた! 良かった」と安心しますよね。

実は、新車を販売するディーラーはあなたが新車を少しでも安く購入できるように「新車値引」というものがあります。

下取りの仕組み

なぜこのような割引制度があるかというと、結果的に同じ金額になるまでの過程で割引されないよりも、割引されたほうが嬉しいと感じる人が多いからです。

ただ、新車値引きはディーラーとしては利益が減るため、積極的に使いたい割引ではありません。

そのため、交渉を進めていくうちに「下取り額」「新車割引額」があいまいにされがちなのです。

このように、高く売ることができたと思っていた金額が「実はもっと高く売ることができた」としたらなんだか悔しく思いませんか。

さらに、この時点で最初に提示した金額と最後に決まった下取り金額の差がありすぎて「本当の下取り額はいくらなんだ」と思ってしまいますよね。

これは、決して極端な例ではなく、新車購入時にはよくある交渉内容です。

下取り査定はこのように査定額が曖昧になりがちなので、あまりオススメではありません。

「買取り」とは

では、「買取り」とはどのようなものなのかというと、あなたの車を中古車買取業者などに、現金で買い取ってもらうことです。

買取り額を現金で渡されるので、新車の頭金を調整することができたり、住宅ローンなど別の支払いにまわしたりすることができます。「下取り」を行う新車ディーラーは新車を販売することで利益を得ています。

つまり、新車販売1件あたりの利益を大きくしなければいけません。

一方、中古車買取業社の場合、買い取った車に利益を乗せて売ることで利益を得ています。

買取り業社はどれだけ売買を素早く行うかで利益が変わってくるのです。

kaitori

「ハリアーは新車で買うと高いけれど、中古車なら手に入れられる」と考える人が多く、中古車市場に出せばすぐに売れていきます。

つまり、中古車買取業者は薄利でもほぼ確実に売ることができるため、下取りよりも高い査定額で買取ることができるのです。

そのため、あなたのハリアーを売るのであれば、高く買い取ってくれる中古車買取業社を見つけることが重要になります。

ハリアーの年式とグレード

ハリアーの年式とグレードも査定額に影響します。

ここでは、あなたのハリアーがどの世代の、どのグレードであったか確認しておきましょう。

初代:SXU10系、ACU10系、MCU10系(1997年〜2003年)

初代ハリアー

出典:みんカラ

グレード新車価格
2.2239万円
2.4244万〜269万円
2.4FOUR268万〜293万円
3.0269万〜294万円
3.0FOUR293万〜318万円
FOUR263万〜288万円
G254万円
S264万円
Extra G260万円

2代目:ACU30系, MCU30系, GSU30系(2003年〜2013年)

2代目ハリアー

出典:Wikipedia

グレード新車価格
240G249万〜291万円
240G アルカンターラ299万〜328万円
240G L262万〜305万円
240G L プライム307万〜331万円
240G プレミアムL281万〜325万円
240G L アルカンターラプライム316万〜340万円
240G L リミテッド260万〜284万円
300G281万〜309万円
300G アルカンターラ331万〜364万円
300G L294万〜327万円
300Gプレミアム L313万〜346万円
350G304万〜344万円
350G L317万〜358万円
350G プレミアムL336万〜378万円
350G L プライム357万〜381万円
350G L アルカンターラプライム366万〜390万円
AIRS343万〜400万円

3代目:ZSU60系, ASU60系, AVU65(2013年〜)

3代目ハリアー

出典:みんカラ

グレード名新車価格
エレガンス266万〜284万円
エレガンスG's304万〜322万円
グランド259万〜277万円
プレミアム290万〜308万円
プレミアム スタイルアッシュ299万〜317万円
プレミアム アドバンスド342万〜360万円
プレミアム アドバンスド スタイルアッシュ351万〜369万円

新車購入時点では、グレードによる価格差が大きかったことがこの表からもわかります。

しかし、年式が古くなるほどグレードは重要ではなくなってきます。

なぜなら、時間が立てばかつてオプションだった装備がマイナーチェンジなどで標準装備になっていることが多く、査定額が出るような差別化ポイントにはなりにくいからです。

たとえば、雨や雪道のカーブで横滑りを防ぐ、横滑り防止装置(VSC)は初代ではオプション装備でした。しかし、2代目以降のハリアーでは標準装備になっています。

それよりも、年式が古くなるほうが査定額に与える影響が大きくなります。

ハリアーの買取り査定額のグラフでも説明したように、査定額は年式が古くなるほど下がります。

そのため、買い替えを決めたらできるだけ早く売ることが大切になります。

走行距離

走行距離も査定額に影響します。

走行距離が低いほうが劣化している部品が少ないとみなされる場合が多いからです。

ただし、必ずしも走行距離が短いからと言って査定額が高くなるわけではありません。なぜなら、走行距離に応じて交換しなければいけない部品もあるからです。

たとえば、地面との摩擦で摩耗するタイヤや、エンジン内部のオイルは走行距離に応じて交換する必要があります。

また、車には非常に多くの「ゴム」部品が使われています。ゴムは経年劣化する部品なので、どんなに走行していなくても、5年以上経過すれば少しずつ不具合が現れてくるでしょう。

たとえば、タイヤは乗っている頻度に関わらず5年も使用していると走行距離がすくなくても、かなり劣化してきます。

10年使い続ける人はごく少数ですが、これほど使っていると走行中いつパンクしてもおかしくありません。

あなたもスニーカーや革靴を年単位で放置していたら、靴底のゴムがボロボロ剥がれ落ちたという経験はないでしょうか。

このように、ゴム部品は走行距離に応じて定期的に交換する必要があるため、部品交換を想定して工賃を査定額から引く業者もいるのです。

ハリアーを売却する理由は何か?

ハリアーを売却した人は、いったいどのような理由で手放すことを決めたのでしょうか。

いずれの理由にしても、買い換えをして後悔した人は少ないようです。

なぜなら、買い換えを検討する時点で、何かしらの解決したい不満があるからです。

それでは、実際にハリアーを売った人がどのような不満を持っていたのかひとつずつ紹介していきます。

レクサスや外車に買い換えたい

たとえば、ハリアーを購入した人が比較する車種に、トヨタの高級車ブランドのレクサスやベンツ・BMWなどがあります。

特に、「ハリアーを買ってみたけれど、やっぱりレクサスに乗りたい!」という人が多いです。

たしかに、ハリアーは高級セダンの快適さと乗り心地を両立したSUVを謳っていますが、レクサスのような本物の高級セダンの乗り心地には及びません。

また、レクサスは今や国内外で認知されている高級車です。おそらく、あなたの知り合いと被ることがない車といっても過言ではないでしょう。

維持費が高い

また、ハリアーの維持費が高いことで売却を検討する人もいます。

売却した後は、維持費が安い軽自動車やコンパクトカーなどに乗り換えるようです。

具体的に、2年間でかかる費用はどれくらい変わってくるのでしょうか。

車種名ハリアー 350G L 2WDN-BOX カスタムG(軽自動車)Vitz 1.3F L(コンパクトカー)
自動車税(2年分)116,000円21,600円69,000円
自賠責保険(25ヶ月)26,680円25,880円26,680円
自動車重量税32,800円6,800円24,600円
任意保険(2年分)115,600円60,400円83,400円
ガソリン代(e燃費参照)286,000円(8.8km/L)163,000円(15.4km/L)164,000円(15.3km/L)
車検整備代80,000円40.000円50,000円
高速代(ETC, 2000キロ)57,000円46,000円57,000円
合計714,080円363,680円474,680円

※ガソリンは1リットル140円、2年で18,000キロ走行を想定

なお任意保険は以下の条件で試算しています。

  • 運転者:26歳以上
  • 等級:10等級
  • 免許の種類:ゴールド
  • 年間走行距離:9000キロ
  • 対人・対物無制限、車両保険なし

上記の表からも分かるように、軽自動車に乗り換えると2年間で約35万円、コンパクトカーに乗り換えても2年間で約25万円節約できることがわかりました。

もし10年間乗ることを考えれば、軽自動車で約175万円、コンパクトカーで125万円節約することができるのです。

このように、維持費が高いことにうんざりして乗り換える人もいます。

ハリアーを高く売る方法

ではハリアーを高く売るにはどうすればいいのでしょうか。ハリアーを高く売るためには次の2つのことを行うことをオススメします。

私自身もこの方法で愛車を売却しましたが、買取り価格に30万円以上の差額がつきました。

複数業者に査定依頼

上記で説明してきたように、新車購入の「下取り」に出すより、中古車買取業社の「買取り」に出すほうが査定額は高くなります。

ただし、無闇に買取りに出すだけでは高額な査定額を引き出すことはできないでしょう。

高額査定を引き出すには、複数の中古車買取業者と査定額を比較するのが一番です。

たとえば、1社に査定を依頼して次のような査定額を提示されたとします。

  • 買取店A:90万円

この金額だけでは高いのか安いのか判断することができませんよね。

先ほど紹介した下記の買取りグラフと比較すれば、高いか安いか分かるのではないかと思うかもしれません。しかし、このグラフはあくまで目安です。

ハリアーの相場

中古車買取業者の査定額は地域や時期、得意とする車種によって変わってきます。そのため、あなたの地域での「今」の買取額を比較する必要があるのです。

では、複数の買取業者に査定を依頼した場合はどうなるのでしょうか。

買取店Aの他に2社に査定を依頼してみると、次のような査定額を提示されました。

買取店B:85万円

買取店C:105万円

こうして複数社と比較した結果、買取店Cに売却を依頼したほうが15万円も高く買い取ってもらえることが分かりました。

ハリアーの複数査定

中古車買取業者の買取り査定は査定額の提示が明確な上、競合に負けない査定額を意識している点でも複数社の査定はおすすめです。

複数業社に依頼する方法

これには2つの方法があります。

  1. あなたが業社を選定して、業社を1件ずつ訪問
  2. 一括査定を利用した、複数業社による出張査定

それでは、順番に解説していきます。

業社を1件ずつ訪問して査定依頼する場合

1つ目の業社を訪問する方法では、あなた自身で訪問時間を決めて1件ずつ中古車買取業者を訪問します。

自分のペースで査定依頼できるため、気持ち的に楽に感じるかもしれません。

しかし、「業社のペースで話が進んでしまい、売らないと帰らしてもらえない雰囲気だった上に、査定額も安かった」という事例も多くあります。

また、1社の足止め時間が長く、丸1日かけても足止めをくらったせいで、1社しか査定しもらえなかったということになりかねません。そのため、個別での訪問はオススメしません。

一括査定を利用して査定を依頼する場合

2つ目の方法は一括査定を利用して、出張査定してもらう方法です。

一括査定で一番初めに必要な情報を入力し、電話で査定してもらう日にちと場所を打ち合わせます。

業社を1件ずつ訪問して車検証を見せるなど個人情報を記入する手間を考えると、一括査定のように一度の入力で終わるほうが、手間が少ないでしょう。

さらに、査定時間を自由に設定できる点で使い勝手がいいです。

たとえば、私が一括査定を利用した際は午前11時〜午後1時までの2時間に、1社30分の査定時間を指定して4社依頼しました。

4社も査定依頼したにも関わらず、事前の電話打ち合わせを含め、合計3時間もかからず複数業社の査定を終えました。

これだけで、査定額が30万円も違ったのです。

あなたのハリアーを高く売るのであれば、一括査定を利用して売却することをオススメします。

ハリアーを綺麗にする

査定前には、あなたのハリアーを綺麗にしておきましょう。

具体的には、査定員が査定を始める瞬間に「汚い」という印象を抱かせないようにします。

車の査定では車のボディ(塗装面)をチェックされるだけでなく、車内の状態も査定の減額の対象になるからです。

たとえば、シートにジュースなどこぼしてシミができていたり、車内でタバコを喫煙して臭いが染み付いていたりすると大幅な減点につながります。

既に付着してしまった汚れはどうしようもありませんが、取り除ける汚れについては、綺麗にしておくべきです。

たとえば、シートの隙間に挟まった菓子クズはガソリンスタンドの掃除機で吸い込んだり、壁面についた泥汚れはしぼったタオルで拭き取ったりすれば綺麗にすることができます。

車内掃除

たったこれだけで、1万円以上の査定額が減額されずに済むのであればやっておいて損はないですよね。

また、車外の塗装についても査定日から起算して2〜3日以内に洗車しておきましょう。

もしあなたが、月に1〜2回定期的に洗車しているのであれば、いつも通りの洗車方法をしていただければ大丈夫です。

もし、あまり洗車してこなかったという人であれば、ガソリンスタンドにある洗車機の「ワックス・シャンプー」タイプの洗車をオススメします。

この洗車方法であれば洗車後に光沢が出るため、綺麗に乗っていた雰囲気を出すことができるからです。

このように、査定前に車内・車外ともに綺麗にしておくことで査定の減額を防ぐことができます。

まとめ

ハリアーを高く売るには、買取り価格の目安を知った上で複数業者に査定依頼することが大切であると説明してきました。

どんなにあなたのハリアーが綺麗に乗られていたとしても、大切に使われたことを高く評価してくれる業社に出会わない限り高く買い取られることはないのです。

ここまで説明してきた方法を駆使して、あなたのハリアーを高く売却するようにしましょう。


私が過去に車の売却をしたとき、新車を販売するディーラーと、中古車買取専門店の査定額を比較してみたところ、34万円の差額をつけて中古車買取専門店に買い取ってもらいました。

私が実際に利用した中古車買取専門店は買取台数日本一の「ガリバー」。全国どこでも出張して査定してくれるだけでなく、代車の貸出しなども気軽に対応してくれます。入力はとても簡単、「車種」「年式」「走行距離」以外の、車の細かい情報を入力する必要はありません!45秒で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」ということも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
⇒【公式サイト】45秒で簡単に見積が依頼できる「ガリバー」はこちら