悩む女性

「エンジンに不調が出たので修理依頼したら、20万円近い見積もりになった」「車検の時期が近づいており、新しい車に乗り換えたい」など、ラクティスを乗り換える理由はさまざまです。

この記事では、ラクティスを高く売るにはどうすればいいのか、またラクティスの売却で失敗しないためにはどうすればいいか解説していきます。

この記事を熟読し、売却に関する知識をフル活用してラクティスを高く売却してください。

ラクティスの買取価格

まず、ラクティスの買取価格がどのくらいであったのか確認してみましょう。

下のグラフは、私が国内の中古車買取業社や、オークションサイトなどを参考に算出したラクティスのおおよその買取額です。1年間に1万キロ走行することを想定しています。

ラクティスの買取価格

年式経過年(年落ち数)買取価格の目安買取り価格の差
20161年60万〜115万円55万円
20152年55万〜110万円55万円
20143年50万〜100万円40万円
20134年34万〜70万円36万円
20125年17万〜57万円40万円
20116年15万〜51万円36万円
20107年14万〜50万円36万円
20098年14万〜30万円16万円
20089年6万〜26万円20万円
〜2007〜10年2万〜15万円13万円

ラクティスは2016年に、後継車のルーミー、タンクとなって販売が終了しました。

ラクティスはもともとヨーロッパ向けの車として開発されていた「トヨタ ファンカーゴ」の後継車種として発売されました。丸みがあるおしゃれなデザインだったせいか、中古車市場で女性に人気のある車になっています。

ところで、上記のグラフからも分かるように、買取価格に大きな差があります。なぜ、これほどまでに買取価格の差が生まれているのでしょうか。

ラクティスの買取価格に差が出る理由

ラクティスの買取価格に差が出る理由はいくつかあります。一般的には「年式」「走行距離」が査定額を決める上で重要な指標になると言われています。

しかし、実はそれ以外にも査定額を決定する上で重要な要素があります。

どの業社に売却するのか

ラクティスの買取価格の違いが生まれる一番の要因は、「どの業社に売却をするのか」ということです。

具体的には、あなたが新車を購入するときにラクティスを「下取り」として売却する方法。もうひとつは、中古車買取業社にあなたのラクティスを「買取り」してもらう方法です。

新車販売店の「下取り」で売る場合

「下取り」とは、新車購入のときにあなたのラクティスをディーラーに売り、新車の見積額からラクティスの下取り額分だけ割引してもらうことです。

前述の「ラクティスの買取価格」で示したグラフに比べると、査定額が安くなる場合が多いです。

なぜなら、新車購入の見積書には「下取り」と表示されているものの、実際には「下取り額」「新車値引の金額」を合計した金額で調整されることが多く、本当の金額が不透明になりやすいからです。

そのため、大半の人が買い替えのときにはこの方法を利用しますが、個人的にはおすすめの方法ではありません。

たとえば、新車購入の商談を始めたところ、ディーラーから「あなたのラクティスを下取りしたいので査定させてください」と言われたとします。

そうして査定を終えると、30万円という金額が提示されました。そうして、商談が終わるまで査定額の交渉をした結果ラクティスの査定額が40万円に増額されます。

フロアマットや車のコーティングなども依頼したため、それも合わせて値引き交渉をした結果、次にような査定額になりました。

  • 下取り:40万円
  • 新車値引:5万円

つまり、「合計45万円の値引」にまとまり契約を交わしたのです。ところで、この45万円という金額は本当に値引きの上限額になのでしょうか。

実は、この金額はディーラーが提示できる上限値引き額ではありません。なぜなら、前述のようにディーラーは安い金額から交渉を始めるため、実際の下取り額がいくらなのか明確に分からないからです。

もしかすると、実際の下取り額は45万円、55万円なのかもしれません。しかし、これらの情報はディーラーの社外秘情報のため、わたしたちには分からないのです。

このように、本当の下取り額をあたかも「下取り」「新車割引」の合計額であるかのように見せることができます。

ひどいディーラーになると、本来の下取り額にも満たない金額(今回の例でいうなら、最終的に「下取り額」35万円)を提示される恐れもあります。

ラクティスの下取り

なぜディーラーはこのような割引方法を使うのでしょうか。それは、ディーラーは1回の新車購入でしっかりと利益を確保しないといけないからです。

車は日用品と違って毎週買うようなものではありませんよね。自動車は何年、何十年に1回の買い物です。

また、自動車メーカーには多く競合がいます。そのような競争の中で選ばれるディーラーになるためには、ひたすらお客さんの満足度を上げるしかないのです。

あなたも1円も査定額が上がらないと言われるより、話が進んで査定額が上がったほうが嬉しいですよね。そのため、下取りの査定では査定額があいまいにされがちなのでオススメではないのです。

中古車買取業者の「買取り」で売る場合

「買取り」とは、中古車査定業者に査定してもらった後、現金で買い取ってもらうことです。

下取りのように、1台販売して利益を大きく確保する新車ディーラーとちがって、中古車買取業社は買い取った車に利益を乗せて売却することで利益を得ています。

kaitori

たとえば、30万円の利益を中古車買取業社が手にする場合を考えてみます。この場合、業社は15万円で2台売るか、10万円で3台売るかで目標の利益を得ることができます。

逆に言えば、いくら利益を少なくしても、売れない限りは利益が発生しないのです。そのため、中古車買取業社は売れる中古車であれば、いくら出してでも買取りたいのです。

また、そのような車は他の業社も求めている車です。そのため、業者同士で査定額を競うということが頻繁に起こります。

買取りで価格が上がる?

その結果、買取額が上がっていくことになり、下取りとは比較にならないほど査定額が高額になることがあるのです。

そのため、あなたのラクティスを売却する際には、高く買い取ってくれる中古車買取業者を見つけることが大切になります。

ラクティスの年式とグレード

ラクティスの年式とグレードも査定額に影響します。世代が新しくなるほど、機能が良くなっていくため査定額が高くなる傾向にあります。

どの世代で何のグレードが販売されていたのか確認していきます。

初代ラクティス:P100系(2005年〜2010年)

初代ラクティス

出典:みんカラ

グレード新車価格
G144万〜162万円
G HID148万〜165万円
G パノラマ158万円
G L156万〜174万円
G L HID157万〜173万円
G L パノラマ170万〜174万円
G S164万〜184万円
X132万〜154万円
X HID136万〜158万円
X L144万〜166万円

2代目:P120系(2010年〜2016年)

2代目ラクティス

出典:Wikipedia

グレード新車価格
G150万〜181万円
G スマートストップ159万円
G プライムスタイル174万円
レビス142万〜171万円
S170万〜176万円
X137万〜167万円
X スマートストップ144万円
X V131万〜158万円

このように、ラクティスの新車価格はグレードによって金額差があることがわかります。

ただ、年式が5年、10年と古くなればなるほど、グレードによる買取価格の金額差はほとんどなくなっていきます。

車自体が古くなったり、当時は金額差を付けていたオプションが現行のモデルでは標準装備になっていたりするからです。

また、年式が古くなるほど交換しなければいけない部品が増えるため、車検代が高くなります。業社によっては、高くなる車検代を考慮して安く買取る業社もいるのです。

年式は査定額に影響してきますが、グレードは新車購入時ほど査定額に影響しなくなってくることを覚えておきましょう。

走行距離

ラクティスの査定額を決める上で、走行距離も査定額を左右する要因になります。

たとえば、5万キロ走行したラクティスより、10万キロ走ったラクティスのほうが酷使されているのは容易に想像がつきますよね。車は走れば走るほど、摩擦や劣化がある程度は進行するのは避けられないのです。

では、走行距離が少ないからと言って査定額が高くなるかというと、必ずしも高くなるとは言えません。なぜなら、車の部品には時間が経過するごとに劣化する部品があるからです。

たとえば、ゴム部品は走行距離に関わらず極端な環境変化で劣化してしまいます。日本の気候は、夏は40度近く、冬は氷点下まで寒くなります。

また湿度も極端に変わるなど、1年間を通して環境の変化が激しいため、走行距離によらず部品の劣化が起きるのです。

このように、走行距離が短いからといって査定額が高くなるわけではないことを覚えておきましょう。

ラクティスの車内の綺麗さ・ニオイ

ラクティスは他の車に比べると、女性に支持されている車です。そのため、売却のときにはいかに多くの女性に受け入れられる状態であるかが重要になってきます。

たとえば、シートが汚かったり、車内がタバコ臭かったりすると、大半の女性には受け入れられません。

ターゲット層に受け入れられない車は、中古車買取業者でも売れるかどうが分からず、維持費を支払いながら在庫として持ち続けるリスクを考慮してしまうのです。

そのため、車内が綺麗かつ、臭いが染み付いていない状態が理想の状態だといえます。車内のニオイをとったり、シートを綺麗にしたりする方法は後ほど解説します。

キズやへこみの有無

キズやへこみも査定額に影響します。

たとえば、あなたが車を買う立場になったときのことを考えてみてください。キズやへこみのある車より、ない車のほうが良いですよね。

車の査定が行われるときも、キズやへこみのない車のほうが買い手は付きやすいため査定額が高くなります。

ただ、「過去にぶつけてしまった傷がラクティスに残ってるし、修理したほうがいいのかな」と考える人もいるかもしれません。

実は、キズやへこみがあったとしても、それを修理する必要はありません。なぜなら、修理する費用のほうが高くついてしまうからです。

たとえば、10万円かけて修理したとしても、売却時の査定額に2万円分の減額がなくなっただけなら、トータルでみれば8万円の損になります。

このように、修理費用のほうが高くついてしまうことが多いため、キズやへこみがあったとしても修理せずに査定に出すようにしましょう。

また、業社によっては「キズが多少ある車」に価値を見出す業社もいます。

たとえば、スーパーなどでちょっと見た目が悪いけれど、味は問題ない商品が「わけあり商品」として少し安く売られることがあります。

中古車販売店の中には、このように少しのキズやへこみが入っている車を「ちょいキズ優良車」のような形で販売しているお店もあります。

このようなお店の客層は、少しでも良い車を安く手に入れたい人となるため、多少キズがある状態はむしろ強みとなるのです。

そのため、後で詳しく説明しますが、キズやへこみがある車ほど複数の買取り業社に査定依頼することが大切になります。

ラクティスを高く売るためにできること

ラクティスを高く売るためにはどうすればいいのでしょうか。

ここでは、あなたがラクティスを高く売るために、今すぐできる3つの事を紹介します。これらの方法を実践し、あなたのラクティスを高く売るようにしましょう。

複数の中古車買取業社に査定依頼する

あなたのラクティスを1円でも高く売るために、新車購入の割引として買い取られる「下取り」ではなく、中古車買取業者の「買取り」を利用するほうが良いと説明してきました。

しかし、無闇に中古車買取業社に査定を依頼するだけでは高い査定額を引き出すことはできません。

高額査定を引き出すためには、複数の買取業者に査定を依頼して査定額を比較することが大切になります。

たとえば、1社査定して次のような査定額を提示されたとします。

  • 買取店A:40万円

おそらく1社だけでは金額を高いか安いか判断することはできないでしょう。車の査定額は年式や走行距離だけでなく、買取業社の査定基準の違いによって大きく変わってくるからです。

では、複数の買取り業社に査定を依頼した場合はどうなのでしょうか。

  • 買取店B:35万円
  • 買取店C:50万円

合計3社に査定を依頼したことで、最初に査定を行った業社の査定額は一番高い査定額では無かったことが分かりました。

この場合であれば、3社目の買取店Cに売却することで1件だけ査定するより10万円も高く売却することができるのです。

このように、複数業者に査定してもらうことによって高く買い取ってくれる業社を見つけることができます。

複数業者に依頼する具体的な方法

では、複数業者に査定を依頼するには、具体的にどのような方法で行えばいいのでしょうか。依頼の方法は大きく2つあります。

  1. あなたが1件ずつ中古車買取業者に査定依頼する
  2. 一括査定を利用した、複数業者による出張査定

中古車買取業社に1件ずつ査定を依頼する

この場合、あなたの地域の査定業者をあなたが見つけて1件ずつ電話やメールをしていきます。あなたのペースで査定を進めることができるため、気持ち的には楽に感じるかもしれません。

しかし、1件ごとに車のことについて同じ説明をする必要がありますし、しつこい業社に捕まってしまうと売却の意志を示すまで帰らせてもらえないということもあります。

そうなれば、複数業者で査定額を比較するはずが、しつこい業社の言い値で売ってしまうという結果になる恐れもあるのです。

1度しかない売却でこのような失敗はしたくないですよね。このような失敗をしないために、2つ目の方法をオススメしています。

一括査定を利用して複数業者に査定を依頼する

一括査定は、最初に車種・年式・走行距離を入力して業社に査定依頼します。

その後、査定業者から電話で車に関する質問に回答し、査定日時・場所を打ち合わせ査定してもらいます。

このとき、「出張査定」かつ「1社30分で査定額を出す」といったように、こちらから方法と査定時間を指定することによって査定業者のペースで査定が進むのを防ぐことができます。

たとえば、私が過去に車を売却したときも一括査定を利用しました。

私の場合は、4件の査定業者に依頼して、査定時間を午前11時〜午後1時までの2時間(1社30分)で査定を依頼しました。

査定依頼後の電話が1件15〜20分くらいでしたので、査定全体でかかった時間は合計3〜4時間程度です。ただ、その時間で査定額が30万円もつきました。

あなたのラクティスを高く買い取ってもらう方法として、一括査定はベストな方法であるといえるでしょう。

車内のニオイとホコリを取り除く

査定に出す前には、車内のニオイやホコリを取るようようにしておきましょう。一般に、査定をするときには「新車」の状態に近いほど評価が高くなります。

まずニオイについてですが、ファブリーズなどの「消臭剤」を使たり、車の樹脂部分はしぼったタオルなどで拭いて消臭するようにしましょう。

ところで、消臭剤とよく勘違いされるものに「芳香剤」があります。

消臭剤はニオイを消すためのものですが、芳香剤はにおいをつけるためのものです。芳香剤の香りは好みが激しく分かれます。

かなり極端な例ですが、良かれと思って芳香剤でニオイをごまかしたとしても、査定をする側には「悪臭がある」と評価をつけられる恐れあります。そのため、消臭剤と芳香剤を間違えないようにしましょう。

次に、ホコリなどのゴミについてです。シートの間に挟まったゴミなどは、ガソリンスタンドにある掃除機を使ったり、自宅の掃除機を利用したりするなどして取り除くようにしましょう。

車内掃除

また、長年乗っていると座席の下などにもホコリがたまります。このような場所も査定のときに確認されるため、ゴミを取り除くようにしましょう。

洗車する

査定の数日前には洗車もするようにしましょう。

なぜなら、査定のときには「どれだけ大切に車に乗られたか」という点も考慮されるからです。

たとえば、泥汚れがついたまま査定に出してしまうと、査定人は「車のメンテナンスもろくにしてこなかったのではないか」と考えるでしょう。

中古車買取業社が買い取った車を次の人に車を販売するときには、保証を付けて販売します。当然ながら、保証期間中に不備があれば業社が修理代を負担しなければいけなくなります。

買取業社は車を買取るときに、修理費用のことも考えて買取るため、「メンテナンスがされていなそう」と判断されてしまうと査定額を下げるしかないのです。

そのため、査定のときに「大切に乗られていたか」と印象づけることが大切になります。

月に1〜2回洗車をしていたような人は、査定数日前にいつも通りに洗車すれば問題ありません。

しかし、洗車を半年に1回、もしくは1度もしたことがないという人もいるかもしれません。

そのような場合、個人的にはワックスとシャンプー付きの洗車を、査定数日前にしておくことをオススメします。

金額的には1000円前後かかりますが、これだけで1万円以上の減額をされないと考えれば安いものではないでしょうか。

まとめ

ラクティスを高く売るためには、おおよそどれくらいの買取価格がつくのかを知ったうえで査定に出すことが大切だと説明してきました。

また、1件ずつあなたが査定を予約するのではなく、一括査定で査定時間をこちらで決めて、出張査定で査定してもらうことで、業社のペースに乗せられない査定をすることができます。

査定前にはラクティスの印象が良くなるように洗車と車内清掃をおこなうなどして、あなたのラクティスを高く売るようにしましょう。


私が過去に車の売却をしたとき、新車を販売するディーラーと、中古車買取専門店の査定額を比較してみたところ、34万円の差額をつけて中古車買取専門店に買い取ってもらいました。

私が実際に利用した中古車買取専門店は買取台数日本一の「ガリバー」。全国どこでも出張して査定してくれるだけでなく、代車の貸出しなども気軽に対応してくれます。入力はとても簡単、「車種」「年式」「走行距離」以外の、車の細かい情報を入力する必要はありません!45秒で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」ということも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
⇒【公式サイト】45秒で簡単に見積が依頼できる「ガリバー」はこちら