valid

車を維持し続けていく上で避けては通れないのが車検です。車検を通していない車は法律で公道を走らせてはいけないことになっています。また、次回車検の検査日を1日でも過ぎてしまった場合であっても、公道を走行してはいけません。

しかし、車を複数台所有していたり長い間車に乗っていなかったために車検のことをすっかり忘れていたりする人もいます。特に、家族で亡くなった方がいると車の処分方法が分からずに、何年も放置し続けてしまうという人もいます。

では、もし車検を通していない車が手元にあるときどうすればいいのでしょうか。このことについて説明していきます。

車検の切れた車を公道で運転するリスク

そもそも、車検切れの車を公道で運転すればどうなるのでしょうか。もし車検が切れた状態で公道を走行したことが警察に発覚すれば、厳しい行政処分が待ち受けています。そのため、車検が切れる前に車検を受けなければなりません。

車検切れの車を公道で運転してしまった場合、どのようなリスクを背負うことになるのか確認していきます。

行政処分のリスク

車検が切れた車を公道で運転するのは法律違反になります。法律に違反した場合は、以下の行政処分を受け入れなければなりません。

・違反点数 6点

・30日間の免許停止

・6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金

ちなみに、違反点数が15点以上になると「免許の取消」となります。免許の取消になると罪状に応じて1年から最大10年間は運転免許試験の受験資格がないため、免許を取得することもできません。

さらに、運転免許を取るために何十万円もの高いお金を支払って自動車学校へ通わなければならなくなります。

そのうえ、車検が切れてしまっている場合は、自賠責保険の期限も切れてしまったいることが多いです。なぜなら、次回の車検の期間に合わせて自賠責保険に加入するのが一般的だからです。

なお、車検切れとは別に「自賠責保険が切れている車」で公道を走行しているのを検挙された場合。以下の行政処分を受けます。

・違反点数6点

・1年以下の懲役または50万円以下の罰金

車検切れと自賠責保険切れの違反点数は合わせると12点になり、90日間の免許停止となります。つまり、約3ヶ月車を運転することができなくなります。普段から車を運転する必要がある人にとって3ヶ月間は致命的です。

このように、車検が切れた車を運転するというのは非常に大きなリスクを背負うことになります。

車検の切れた車の処分方法

実は、車検の切れてしまった車を持ち続けること自体は何ら違法にはなりません。違法になるのは、車検の切れてしまった車を公道で運転してしまった場合です。

では、車検の切れてしまった車を有効に活用するにはどのような方法があるのでしょうか。

具体的には、大きく2つの方法があります。1つ目は再度車検を通して乗れる状態にすること。もう一つは、中古車として買取査定に出して売ってしまうことです。それぞれの方法について詳しく説明していきます。

再度車検を通して使用する

車検が一度でも切れてしまった車は二度と公道で走行することができなくなると思っている人も少なからずいます。しかし、車検が切れてしまった車であっても、再度車検に通すことで公道を走行できるようになります。

車検の前には車の状態を把握するための見積りがあります。この見積りをお願いするために、お店まで運ぶ必要があります。お店へ車を運ぶためには、車検をお願いするお店にレッカーをお願いするか、市役所や役場などへ行って仮ナンバーを発行してもらう方法があります。

車の販売店などに車検を見積もってレッカーする場合は、最寄りのディーラー(車の販売店)に問い合わせてみるとよいでしょう。その際は「車検が切れているため、レッカーをお願いしたい」旨も合わせて伝えると良いです。

ちなみに、ディーラー(車の販売店)は車検切れの車を引き取りに来る(あなたの代わりに運転していく)ようなことはありません。なぜなら、法律を犯してまでお客様の対応をすることはないからです。

この場合のレッカー代は10キロごとに約1万円かかるといわれていますが、決まった相場があるわけではなく料金体系はお店によって様々です。

では、仮ナンバーを発行する場合はどうでしょうか。この場合は少し手間がかかりますが仮ナンバー発行手数料の750円を負担するだけでディーラー(車の販売店)など、車検を受け付けている会社に公道を運転して車を移動することができます。

ただし、自賠責保険が有効であることが前提です。もし、自賠責保険が有効ではない(保険の満期を過ぎている)場合は1ヶ月分の自賠責保険に加入する必要があります。1ヶ月分の自賠責保険の費用は約6,000円です。

karimen

出展:台東区役所

上記の写真は東京都台東区の仮ナンバーの申請書です。申請書は自治体によって違うため、必要なときは市役所に確認してください。

また申請時にはたいていの場合で以下の書類が必要になります。

・自動車損害賠償責任保険証明書(原本かつ満期をむかえていないもの)

・自動車検査証など自動車を確認するための書類

・運転免許証など、申請者の本人確認書面

・手数料750円

・印鑑(シャチハタ不可)

車検切れ、自賠責保険切れの車を運転してディーラーに持ち込んだ場合

余談ですが、車検が切れた車で公道を運転し、車をディーラー(車の販売店)などに持ち込んでも警察に通報されるようなことはありません。また、仮にディーラー(車の販売店)が警察に通報したとしても、検挙されるようなことはありません。

なぜなら、道路交通法違反は証拠がない限りは現行犯逮捕で逮捕するのが原則だからです。そのためディーラーの敷地に車があっても、その敷地までどのようにして運んだのか警察は確認する手段がありません。

つまり「レッカー車で車を搬送した」「仮ナンバーを使って運んだ」「車検の切れた車を運転してきた」のいずれの方法でディーラー(車の販売店)に運んだのか、警察は確認することができないのです。

しかし、車検に通していない車の公道の走行は法律違反なのは当然として、たいていの場合で自賠責保険が切れていることが多いです。もし、このような状況で交通事故を起こしてしまえば、被害者と事故後のやりとりを全て請け負わなければなりません。

さらに、人に怪我をさせてしまうような事故を起こしてしまえば生涯に渡って損害賠償をし続ける可能性もあります。被害者が何の外傷もなかったとしても、首の痛みを訴え続ければ、加害者本人が完治するまで面倒を見続けなければなりません。

そのため、仮ナンバー取得時に自賠責保険が切れてしまっている場合は、たとえ1日しか運転しないとしても自賠責保険は加入するようにしましょう。

また、1年以上車検を通していない車に対して車検を通して公道でも乗れるようにした場合、開けた期間分(車検を通していない期間分)の自動車税を納付しなければなりません。そのため、乗用車の中で最も安い軽自動車であっても2年間未納であれば、「29,500円(自動車税)×2年分=59,000円」を余分に支払う必要があるのです。

こうしたことがあるため、車検切れの車を長年放置していた場合は廃車として売ってしまうことも検討するといいでしょう。

廃車にする

車検が切れた車を廃車にする場合は、車の処分業者に手渡す方法もあります。しかし、業者の中には車検が切れて数年間放置されたような車であっても買取を行ってくれる業者がいます。

つまり、本来は処分業者にあなたがお金を支払うつもりであった車であっても、買取の見積り査定に出せば、業者があなたにお金を支払って廃車を買い取ってくれるのです。

なぜこのようなことが可能なのかというと、たとえ廃車であっても車の部品の中には使える部品があるからです。数年間放置していたような車であっても廃車を買い取ってくれる業者はいます。

dsc04464

・車種:トヨタ ハイエース

・カラー:シルバー

・走行距離:3万キロ以上

・年式:2008年(平成20年)

・査定時期:2015年

・査定会社と査定額:宇佐美自動車株式会社(15万円)

このように、エンジンがかからず動かせない状態であっても、部品取りで使えるために買取金額がつきます。

業者同士で査定競争させると査定額が上がる

また、たとえ買取額が0円であったとしても、処分業者にお金を支払わずタダで引き取ってくれることを考えると、買取業者の活用は非常に効果的です。

では、近所にある中古車の買取業者へ車の買取を依頼すればいいのかというと、そういうわけではありません。近所の買取業者で1件目の査定となると、車をタダ同然で引き取られてしまう可能性が高いです。なぜなら廃車には相場がないため、買取業者が好きなように価格設定することができるからです。

他の業者に査定依頼(競争)をしていないことが業者に悟られれば、当然ながら限りなくタダに近い金額で引き取られてしまいます。

そのため、他の買取業者にも車を査定してもらっているということを業者同士で理解してもらわなければならなりません。

車を売る側が1円でも高く車を買い取ってもらいたいと思うように、買取業者も1円でも安く車を買い取りたいと考えています。買取業者は安く買い取って高く売った差額が利益となるからです。

では、あなたにお金を支払ってまで引き取ってくれる買取業者を見つけるためにはどうすればいいのでしょうか。それは、一括見積り査定で査定依頼をかけることです。一括見積り査定であれば、業者は「買取業者同士で競争している」ことが最初から分かります。

業者は査定で何かしらの成果(つまり買取実績)を出さなければ、査定するまでにかかった経費(交通費、人件費等)がすべて無駄になってしまいます。

しかし、お客様の方からお店を訪れるようなことがあればこれらの費用がかからないばかりか、買値を左右できる業者のほうが立場は上になります。これでは、買取業者から良い条件を引き出すことができません。こうした事態を避けるため、たとえ廃車であっても一括見積りすべきなのです。


私が過去に車の売却をしたとき、新車を販売するディーラーと、中古車買取専門店の査定額を比較してみたところ、34万円の差額をつけて中古車買取専門店に買い取ってもらいました。

私が実際に利用した中古車買取専門店は買取台数日本一の「ガリバー」。全国どこでも出張して査定してくれるだけでなく、代車の貸出しなども気軽に対応してくれます。入力はとても簡単、「車種」「年式」「走行距離」以外の、車の細かい情報を入力する必要はありません!45秒で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」ということも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
⇒【公式サイト】45秒で簡単に見積が依頼できる「ガリバー」はこちら