マツダ デミオを売ろうと思ったとき、どのようにしたら高く売ることができるのでしょうか。

デミオを売ろうと思う理由は、「子育てがひと段落して、好きな車を買いたいから」「新しい車の方が、デザインが洗練されていて格好がいいから」「都心部への転勤で不要になってしまったから」などさまざまです。

また、年々車の安全装備が充実してきている点も、車を買い替えるときの理由として挙げられます。

デミオから新しい車に買い替えるのであれば、デミオを高く買い取ってもらい、新車購入費用を安く抑えるのが賢い考え方です。

ところが、マツダ デミオのように人気のある車であっても、デミオを高く評価してくれる業者に出会わなければ、高く買い取ってもらうことはできません。では、そのような業者に出会うためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

デミオがいくらで買い取られたのか知る

デミオを高値で業者に売るための最初のステップは、過去に同じようにデミオを査定に出した人が、中古車買取り業者にいくらで買い取られたのかを知ることです。

なぜなら、あなたがデミオを査定に出すときにいくらで売れるのかおおまかな金額を把握しておかなければ、査定人が提示する金額が高いのか安いのか判断することができないからです。

例えば、あなたがデミオを査定に出す際に、過去にデミオが、いくらで取引されたのか把握することなく査定や下取りを依頼したとします。そこで提示された金額が仮に30万円だとしましょう。

この30万円という価格が「高いのか」「安いのか」を、査定金額が提示された時点で判断することができるでしょうか。

自動車の買取業者で働いている人であれば判断するかもしれません。しかし、大半の人は判断することができないでしょう。なぜなら、多くの人は市場で、いくらで取引されているか知らないからです。

一方、過去に中古車買取業社にいくらで買い取られたのか把握していれば、査定金額が出た時点で極端に安い査定に引っかからずに済みます。

例えば、上記の30万円で取引されていた車が、過去に同じ年式・走行距離で、60万円で取引されていることを知っていれば、この提示価格が安すぎると判断することができます。

このように、デミオを売るときは過去にいくらで中古車買取業者に査定され、買い取られたのか確認しておかなければいけません。

初代と2代目デミオは登場してから年数が経過しているものの、積載できる荷物が3代目、4代目に比べて優れています。初代デミオなどに長く乗り続けている人に交換部品の需要があるため、10万キロを超えても無料で引き取られるといったことはないでしょう。

4代目 デミオ

4代目デミオは、2014年に登場しました。先代のデミオからデザインが刷新されたほか、軽油を燃料とするディーゼルエンジンが選択できるようになったなど、先代に比べると大きく変わっています。

買取実績は以下の通りです。

年式 グレード 走行距離(km) 査定時期 最高買取提示額 最低買取提示額
2015年式(平成27年式) 不明 10,001〜15,000 2017年3月 140万円  135円

※買取価格は、中古車一括買取サービス・オークションでの取引を参考にしています。相場価格はあくまで参考までにしてください。またすべてのグレードを網羅できていないものもあります。ご了承ください。

3代目 デミオ

出典:Wikipedia

3代目デミオは、2007〜2014年に生産されました。2代目デミオに比べて小型軽量化されています。

買取実績は以下の通りです。

年式 グレード 走行距離(km) 査定時期 最高買取提示額 最低買取提示額
2007年式(平成19年式) 13C−V 45,001〜50,000 2011年11月 38万円  38万円
2007年式(平成19年式) 13C(MT1.3) 20,001〜25,000 2014年4月 15万円 9万円
2007年式(平成19年式) 13C(AT1.3) 50,001〜55,000 2014年10月 20万円 17万円
2007年式(平成19年式) 15C(CVT1.5) 45,001〜50,000 2015年3月 15万円 12万円
2007年式(平成19年式) SPORT 25,001〜30,000 2010年8月 90万円 90万円
2008年式(平成20年式) 13C(AT1.3) 20,001〜25,000 2015年1月 35万円 25万円
2008年式(平成20年式) SPORT (CVT1.5) 45,001〜50,000 2015年11月 45万円 32万円
2008年式(平成20年式) 13C-V(CVT1.3) 90,001〜100,000 2014年11月 25万円 15万円
2008年式(平成20年式) 13C 4WD(AT1.3) 140,001〜150,000 2014年10月 10万円 10万円
2009年式(平成21年式) SPORT 15,001〜20,000 2014年5月 81万円 81万円
2009年式(平成21年式) 不明 70,001〜75,000 2014年3月 30万円 15万円
2010年式(平成22年式) 13C スマート(AT1.3) 120,001〜130,000 2015年6月 25万円 20万円
2010年式(平成22年式) 13C -V 15,001〜20,000 2012年11月 50万円 50万円
2011年式(平成23年式) 13C(AT1.3)  70,001〜75,000 2016年1月 37万円  36万円
2011年式(平成23年式) 13スカイアクティブ(CVT1.3)  10,001〜15,000 2016年7月 45万円  30万円
2012年式(平成24年式) 13C-Vスマート(CVT1.3) 25,001〜30,000 2014年12月 65万円 65万円
2012年式(平成24年式) 不明 5,001〜10,000 2014年7月 45万円 45万円
2013年式(平成25年式) 不明 20,001〜25,000 2017年1月 35万円 30万円

※買取価格は、中古車一括買取サービス・オークションでの取引を参考にしています。相場価格はあくまで参考までにしてください。またすべてのグレードを網羅できていないものもあります。ご了承ください。

2代目 デミオ

出典:みんカラ

2代目デミオは、2002〜2007年に生産されていました。初代デミオから車内が広くなりました。また、荷物を多く載せることができるといった実用的な面は継承されつつ発売されました。

3代目以降のデミオに比べると積載性が良く、デミオにこだわりがあり、アウトドアを楽しみたい人には人気のある車種です。

買取実績は以下の通りです。

年式 グレード 走行距離(km) 査定時期 最高買取提示額 最低買取提示額
2002年式(平成14年式) CASUAL 25,001〜30,000 2011年3月 25万円  20万円
2002年式(平成14年式) CASUAL MT1.5 150,001〜 2014年12月 2.8万円 1万円
2002年式(平成14年式) SPORT 45,001〜50,000 2010年11月 18万円 15万円
2003年式(平成15年式) SPORT AT1.5 100,001〜110,000 2017年1月 40万円 30万円
2003年式(平成15年式) Cozy 35,001〜40,000 2011年9月 30万円 30万円
2003年式(平成15年式) CASUAL 25,001〜30,000 2012年2月 20万円 20万円
2003年式(平成15年式) SPORT 90,001〜100,000 2011年11月 12万円 5万円
2004年式(平成16年式) CASUAL 55,001〜60,000 2010年3月 30万円 30万円
2004年式(平成16年式) Cozy 1.5 70,001〜75,000 2010年7月 30万円 30万円
2005年式(平成17年式) SPORT AT1.5 75,001〜80,000 2013年3月 10万円 0円
2005年式(平成17年式) SPORT MT1.5 70,001〜75,000 2014年7月 21万円 0円
2005年式(平成17年式) CASUAL AT1.3 80,001〜85,000 2014年2月 45万円 15万円
2006年式(平成18年式) CASUAL  5,001〜10,000 2011年5月 50万円  50万円
2006年式(平成18年式) 不明 50,001〜55,000 2014年4月 17万円 15万円
2007年式(平成19年式) CASUAL 5,001〜10,000 2011年11月 48万円 45万円
2007年式(平成19年式) CASUAL 20,001〜25,000 2016年7月 23万円 15万円

※買取価格は、中古車一括買取サービス・オークションでの取引を参考にしています。相場価格はあくまで参考までにしてください。またすべてのグレードを網羅できていないものもあります。ご了承ください。

初代 デミオ

出典:みんカラ

初代デミオは、1996〜2002年の間に生産されていました。1990年代のマツダは経営不振におちいっており、当時の経営危機を立て直すための車としてデミオが開発されました。

買取実績は以下の通りです。

年式 グレード 走行距離(km) 査定時期 最高買取提示額 最低買取提示額
1996年式(平成8年式) L 120,001〜130,000 2011年2月 1万円  0円
1997年式(平成9年式) GL 55,001〜60,000 2014年2月 2万円 0円
1997年式(平成9年式) LX-G 90,001〜100,000 2010年5月 1万円 0円
1999年式(平成11年式) E-DW5W B5 80,001〜85,000 2010年9月 1万円 0円
1999年式(平成11年式) 1.3L 30,001〜35,000 2010年3月 5万円 0円
2000年式(平成12年式) LX-G 65,001〜70,000 2011年8月 5万円 1万円
2001年式(平成13年式) LX-G 40,001〜45,000 2010年8月 15万円 15万円
2001年式(平成13年式) B3 50,001〜55,000 2010年4月 4万円 1万円

※買取価格は、中古車一括買取サービス・オークションでの取引を参考にしています。相場価格はあくまで参考までにしてください。またすべてのグレードを網羅できていないものもあります。ご了承ください。

1社でも多くの業者に査定を依頼する

中古車買取業者にデミオがいくらで買い取られたのか確認した後は、1件でも多くの中古車買取業者に査定を依頼する必要があります。なぜなら、同じ年式・走行距離であっても業者によって買取価格が異なるからです。

デミオに限らず車というのは生産されてから、年数が経てば経つほど買取価格が安くなっていきます。なぜなら、気温や湿度の変化で室外に露出している部品は酸化・劣化が少しずつ進行するためです。

業者の中にはそのことを利用して、「部品が劣化しているから」などの理由をつけて不当に安くデミオを買い取る業社がいます。

上記の内容を理解していただければ、あなたの売ろうとしているデミオが過去にいくらで中古車買取業者に買い取られたのか判断できるでしょう。

そのため、悪徳業者に引っかかることはないでしょう。つまり、あなたのデミオを安く買い取る業社を避けることができるようになります。

しかし、上記の表で記載があるように、同じ車であるにも関わらず、買取価格が異なることがあります。これは、車に対してどのような価値を見出しているのか、業者によって変わるからです。

例えば、上記の表より走行距離が10万キロを超えているようなデミオであっても価格がついていることがわかるでしょう。

どんなに走行距離が長く、古いデミオであってもエンジンなどの部品取りの車として中古車買取業者に高値で買い取られることがあるのです。

では、あなたのデミオを高く買い取ってくれる業者に出会うにはどうすればいいのでしょうか。それは、ディーラーなどの下取りだけでなく、買取一括査定を利用して多くの業者に査定を依頼することです。

もしあなたが、業者に査定を依頼するときに1件ずつあたって探そうとすると、たった1件査定を依頼するだけでも非常に時間がかかります。

また、あなたが他の業社と買取価格を比較していると伝えても、業者側はそれが本当なのか分かりません。

そのうえ、中古車買取業者を1件ずつ回った場合、2件目以降の買取業者のほうが高い金額を提示できます。そのため、1件目の業者からすれば高値の提示が難しくなります。

一方、一括査定であればあなたの査定依頼が業社同士で競争になっていることを、査定依頼が入った時点から業者は把握しています。

上記の理由から、業者は最初から高値を提示しなければ、他の業者に流れてしまうことを理解しています。そのため、最初から高値を提示することが可能なのです。

特に、あなたがデミオをすぐにでも売る姿勢を示すほど業者は高値で買取ります。その理由は、業者の立場になってみればすぐに理解できます。それは、あなたの車が買取れたことが業者の実績につながるからです。

以上のことから、より高値でデミオを買い取ってもらうには、一括査定を利用するなどして、過去の買取実績を把握した上で、多くの査定を依頼するようにしましょう。

そして、不当に安くデミオを買い取る業者を候補から外し、高額買取をおこなってくれる業社を見つけ、高額で買い取ってもらうようにしましょう。


私が過去に車の売却をしたとき、新車を販売するディーラーと、中古車買取専門店の査定額を比較してみたところ、34万円の差額をつけて中古車買取専門店に買い取ってもらいました。

私が実際に利用した中古車買取専門店は買取台数日本一の「ガリバー」。全国どこでも出張して査定してくれるだけでなく、代車の貸出しなども気軽に対応してくれます。入力はとても簡単、「車種」「年式」「走行距離」以外の、車の細かい情報を入力する必要はありません!45秒で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」ということも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
⇒【公式サイト】45秒で簡単に見積が依頼できる「ガリバー」はこちら