「マークⅡの燃費が悪くなってきた」「今こそ、BMWやメルセデス・ベンツに買い換えたい」「家族で出かけるのに便利なミニバンに乗り換えたい」など、買い替えを検討する理由はさまざまです。

この記事では、トヨタのマークⅡやマークXを高く売るにはどうすればいいのか、また買い替えで失敗しないための具体的な方法まで解説していきます。

この記事を読んで、あなたのマークⅡやマークXを高値で売却するようにしましょう。

マークⅡ/Xの買取相場

マークⅡとマークXの買取り額がおおよそどれくらいなのか、まずは確認してみましょう。

下のグラフは、私が国内の中古車買取業者の査定額と、オークションサイトのデータから抽出しマークⅡとマークXのおおよその買取金額です。

グラフの縦軸が「購入してからの経過年」、グラフの縦軸が「買取り額」を表しています。表とグラフは1年1万キロを走行したときの目安です。

マークⅡ/Xの買取相場グラフ

青棒「マークX」、赤棒「マークⅡ」

年式新車登録からの経過年買取り額目安査定額の価格差
2016年1年180万〜270万円90万円
2015年2年147万〜260万円113万円
2014年3年110万〜248万円138万円
2013年4年100万〜217万円117万円
2012年5年65万〜165万円100万円
2011年6年62万〜118万円56万円
2010年7年44万〜85万円41万円
2009年8年25万〜81万円56万円
2008年9年11万〜70万円59万円
2007年10年8万〜50万円42万円
2006年11年5万〜40万円35万円
2005年12年5万〜20万円15万円
2004年13年3万〜19万円16万円
2003年14年2万〜16万円14万円
2002年15年2万〜16万円14万円
〜2011年〜16年1万〜10万円9万円

マークⅡの査定額に差が出るのはなぜ

マークⅡとマークXの査定額は、あなたがどのように車を査定に出すかによって大きく変わってきます。

一般的には「車種」「年式」「走行距離」の3つで査定額が分かると言われています。しかし、それ以外にも査定額を決定する大きな要素があります。

売却業社による査定額の違い

査定額が決まる上で最も重要になるのが、「売却先」です。どの業社に査定してもらうかによって、査定額の金額が変わってしまうといっても過言ではありません。

実は、車の売却には大きく「下取り」と「買取り」があります。

新車購入の割引のために査定する「下取り」

「下取り」とは新車購入時に、今乗っているマークⅡやマークXをディーラーに売り、売却時に出た査定額分だけ新車から割引してもらうことです。

ディーラーの下取りは、今乗っている車を新車の納車まで乗り続けられたり、査定の手続きを全てディーラーで進めてくれたりするなどのメリットがあります。

ただし、ディーラーの下取りは「下取り額が安い」「最初の提示額が安く、高く売るまでに手間がかかる」などのデメリットがあります。

個人的には、後ほど説明する中古車買取業社の「買取り」に比べると、査定額が安くなりがちなためオススメではありません。

私が経験したのは、新車ディーラーで車を買おうと最初に訪問したときの査定額が「30万円」で、新車購入の契約書を作成する頃には査定額が「50万円」になっていたということがありました。

また、新車を販売する大半のディーラーには、販売促進のための「新車割引」があります。これは、新車購入で少しでも購入者の満足度を上げるためのディーラーの販売施策です。

ところが、「新車割引」がいくらになっているか容易にわかればいいのですが、たいていの場合「下取り」と「新車割引」が合算されてそれぞれいくらなのかわからなくなっています。

ディーラーにとって、割引金額が購入者にわかってしまうのは避けたいのです。

なぜなら、詳細な割引金額が分かってしまうと「あと◯◯万円割引できる」と購入者に交渉を迫られるため、利益が減ってしまうからです。そのため、具体的な金額提示ができないのです。

ディーラーは提示金額をいくらでも操作できる

極端な例ですが、割引合計額が50万円と提示された場合、購入者の好みに合わせてどちらでも提示することができてしまいます。

下取りの見せ方

たとえば、お客さんが割引額を重視するなら「割引額」を多めに提示できます。また、下取り車の査定金額を重視するなら「下取り額」を高めに設定することでお客さんに満足して車を買い替えてもらうことができるでしょう。

ディーラーがこのような方法で割引をするのには理由があります。それは、最初から割引上限額を提示されるよりも、徐々に割引額を上げていったほうが買う側の満足度が高いからです。

たとえば、あなたがスーパーで飲み物を買うとき、「定価90円」で販売されるより、「通常100円のところ、セール中につき10%オフの90円」として買うほうが、なんとなくお得感がありませんか。

また、査定依頼者の中には最初に提示した査定額で即契約する人もいます。そうなれば、ディーラーは利益を大きく得ることができるのです。

新車というのはなかなか売れるものではないため、「下取り額の増額」など、少しでもお客さんの満足度を上げて買ってもらえるように工夫しているのです。

現金で買い取ってもらう「買取り」

「買取り」とは、中古車買取業社にあなたのマークⅡやマークXを査定依頼して、査定金額を現金で受け取ることです。

中古車買取業社に査定を依頼するという手間がありますが、「下取り」に比べると査定額が高くなることが多いです。

実は、中古車買取業社は買い取った車に利益を乗せて売ることで、利益を得ています。

kaitori

つまり、中古車買取業社は「売れる可能性が高い車」を買取るほど儲かるのです。

言いかえれば、安く車を買い取れたとしても、売れる見込みのない車は維持費だけがかかるため利益が発生しません。

そのため、中古車買取業者は売れる見込みの高い車は、薄利を覚悟してでも買い取りたいのです。

また、中古車買取業社には競合業社が多くいます。ディーラーのように安い査定額の提示から始めていては競合業社にお客さんを取られてしまうため、いきなり買取り上限額を提示します。

そのため、中古車買取業社の「買取り」であれば、上記の図のように高い査定額を提示する業社に売却することで、あなたの愛車を高く売ることができるのです。

年式とグレード

マークⅡとマークXの年式とグレードも査定額に影響してきます。

世代が新しくなるほど買取価格は高い傾向にあります。なぜなら、世代が新しいほど最新技術が搭載され、キズや日焼けで劣化しにくい塗装が使われているからです。

ここでは、具体的にどの世代で何のグレードが販売されていたのか確認していきます。

マークⅡ:X110系まで(〜2004年)

マークⅡ

グレード新車価格
グランデ235万〜284万円
グランデ Four265万〜274万円
グランデ Four S246万円
グランデ G306万〜308万円
グランデ G Four326万円
グランデG ターボ333万円
グランデiR-S295万円
グランデiR-V (ターボ)336万円
2.0グランデ ナビ275万円
2.5グランデ ナビ313万円
iR244万円
iR-S289万円
iR-V338万円

初代マークX:GRX120系(2004年〜2009年)

グレード新車価格
250G260万〜262万円
250G リミテッド265万円
250G Fパッケージ234万〜252万円
250G Fパッケージ スマート253万〜283万円
250G Lパッケージ284万〜295万円
250G Sパッケージ264万〜294万円
250G Four290万〜314万円
250G Four リミテッド295万円
250G Four Fパッケージ264万〜284万円
250G Four Lパッケージ294万〜325万円
300G305万〜308万円
300G Sパッケージ332万円
300G プレミアム338万〜345万円
300G プレミアム Sパッケージ366万円

2代目マークX:GRX130系(2009年〜)

グレード新車価格
250G254万〜270万円
250G イエローレーベル267万円
250G リラックス256万円
250G リラックス ブラックリミテッド261万円
250G リラックス ブラックレザーリミテッド283万円
250G Sパッケージ279万〜284万円
250G Sパッケージ イエローレーベル291万円
250G Sパッケージ G's341万円
250G Sパッケージ リラックス284万円
250G Fパッケージ226万〜246万円
250G Four276万〜292万円
250G Four イエローレーベル289万円
250G Four ブラックリミテッド283万円
250G Four ブラックレザーリミテッド305万円
250G Four Fパッケージ248万〜268万円
プレミアム278万〜371万円
プレミアム Four300万円
プレミアム Lパッケージ361万円
250RDS318万円
250S297万円
250S Four319万円
350S335万〜342万円
350RDS356万円
350S G's400万円
GRMN500万円

走行距離

走行距離も査定額に影響します。一般的には、走行距離が少ないほど査定額が高くなります。

ただし、走行距離が短いからと言って必ずしも査定額が高くなるわけではありません。走行距離に関わらず、年数に応じて交換しなければいけない部品があるからです。

たとえば、車に使われているゴム部品です。ゴムは使用頻度によらず空気に触れているだけで、表面にヒビが入ったり、固くなったりして割れてしまいます。

ゴムが使われているのはタイヤだけでなく、ドアの枠部分、エンジン周辺部分などたくさんあります。

買取業者に、「次のお客さんに手渡すまでに修復が必要」と判断されると修理・交換する必要があるため、多少の修理費用が必要になります。

そのため、走行距離が短いからと言って高額な査定額が出るとは限らないのです。

マークⅡ/Xを高く売る方法

マークⅡやマークXを高く売るにはどうすればいいのでしょうか。

実は、「複数の査定業者へ査定依頼する」「査定時に現状できるベストコンディションにする」の2つを守れば高い査定額を引き出すことができます。

実際、私が過去に車の査定をしたとき、この方法で30万円以上の差額を出して売却することができました。

それでは、これら2つの方法について詳しく解説していきます。

複数の中古車買取業者に査定依頼

まずひとつ目は、複数の中古車買取業者に査定依頼することです。

本記事の前半で、あなたの愛車を高く買い取ってもらうのであれば、ディーラーの「下取り」ではなく、中古車買取業社の「買取り」に出すほうが良いことを解説してきました。

ただし、それだけでは不十分です。「複数業者への査定依頼」をしないと高額な査定額を引き出すことができません。

たとえば、あなたが1社に査定依頼をして次のような査定額を提示されたとします。

  • 買取店A:45万円

この金額だけを見て、査定額が高いか安いかを判断することはできませんよね。なぜなら、高いか安いか判断する基準がないからです。

過去の買取相場を解説しましたが、あくまでおおよその目安に過ぎません。つまり、同じ車であっても売る人やタイミングによって査定額は変わってしまうのです。

では、複数の買取業社に査定依頼した場合はどうなるのでしょうか。

たとえば、上記の「買取店A」以外に2件、合計3件の中古車買取業者に査定依頼したとします。

  • 買取店B:50万円
  • 買取店C:60万円

こうして複数社に査定依頼した結果、「買取店C」がもっとも高く買い取ってくれることが判明しました。このケースであれば、1件だけ査定をするより15万円も査定額を上げることができるのです。

また、中古車買取業社はディーラーの下取りと違って最初から高い査定額を提示してきます。

そのうえ、地域や時期などのタイミングによっては、業者同士で買取りたい車が重なることがあります。そうなれば、次々に高い査定額を提示します。

前述の通り、買取店が欲しい車は「自社で売れる見込みのある車」なのです。

このように、複数の中古車買取業者に査定を依頼したほうが査定額は高くなりやすいです。では複数業者に査定を依頼するにはどうすればいいのでしょうか。

実は、複数業者に査定を依頼する方法には2つあります。

あなたが業社を選定して、1件ずつ査定依頼

1つめの方法は、複数業者に次々に電話やメールなどで査定を依頼する方法です。あなたのペースに合わせて1件ずつ査定を依頼して進めることができます。

ただ、この方法は1件ごとに1から車の情報を説明していかなければなりません。1度や2度なら良いですが、回数が増えるほど「また説明しなきゃいけないのか」という気分になります。

また、運悪くしつこい査定人に当たってしまった場合、売却の意志を示すまで何時間も帰らせてもらえないこともあります。

そうなれば、複数業者に査定を依頼して高い査定額を出すはずが、1社の査定で疲れ切ってしまい妥協して売却することになりかねません。

このようなことを防ぐためには、次に紹介する一括査定を利用した方法がオススメです。

一括査定依頼を利用する方法

一括査定を利用する場合、最初に車種・年式・走行距離などの「車の情報」と住所や電話番号などの「個人情報」を入力して、指定した中古車買取業社に一斉送信します。

最初に情報を入力しなければいけない手間はありますが、査定の電話で1件ずつ同じ説明する手間が省けます。

私の場合、一括査定で4件の業社に査定してもらいました。(最初は5件依頼したのですが、1件だけ電話が非常に遅かったためお断りしています)

査定で長時間交渉しても業社のペースに乗せられてしまうだけなので、査定時間を1件30分に絞ってしてもらいました。たとえば、以下は私が出張査定を依頼したときに組んだシフトです。

査定シフト

査定の予定を打ち合わせる電話が、1件あたり15〜20分ほどだったので、査定にかかった時間は合計3時間ほどです。

たった3時間で、30万円以上の査定額の差がつきました。このように、一括業社を利用した査定は短時間で高い査定額を引き出すことができるのです。

中古車買取業社が嫌がる査定依頼はしない

一括査定は高い査定額を引き出すのに良い方法であることを説明してきました。ただ、ここでやらないほうが良い方法があります。

それは、同時に複数業者を呼んで査定してもらうことです。

業社にとって、「査定額」というのは絶対に他の競合に漏らしたくない情報だからです。

私も最初はこの方法を検討していたのですが、この方法では業社は査定額を出さずに帰り、追って電話で査定額を知らせることが多いと実際に査定に来た査定士から聞きました。

仮に現場で出したとしても、競合に査定額を知られるのを避けるためあえて安い金額を出して、査定から降りる業社もいるそうです。

せっかく高値で買い取ってもらうチャンスを自ら潰すようなことになってしまうのはもったいないですよね。

そのため、短時間で終わらせたかったとしても、高い査定額を引き出したいのであれば、同時に複数業者を呼ぶような査定はやめましょう。

査定前にやっておくべき「3つのお掃除」

査定に出す前には、車を綺麗な状態にして査定に出すようにしましょう。せっかく業社選びがうまくいっても、肝心の車の印象が良くなければ良い査定結果は得られないからです。

マークⅡやマークXに限らず、中古車査定は新車に近い状態であるほど査定額が高くなります。ここでは、新車の状態に近づけるためにできる3つのことを紹介していきます。

車内のゴミ掃除

車内掃除

まず1つ目は、車内のゴミ掃除です。実は、座席の下やシートの隙間などには、長い年月をかけてたまったゴミが蓄積されています。

このようなゴミはガソリンスタンドや自宅にある掃除機で綺麗にしてしまいましょう。大半のガソリンスタンドの掃除機は、3〜5分100円で使用することができます。

また、自宅にコードレスの掃除機がある場合などは、それを使うのもいいでしょう。

臭い取り

消臭スプレー

2つ目は車内のニオイ取りです。車内のニオイを消すためには、シートや壁面に消臭スプレーを使用するようにしましょう。

査定人が車内のニオイをかいだときに、気になるニオイがあると減点(減額)につながってしまいます。

特に、タバコを車内で吸ったりペットを車内で放っていたりした場合、それらの強いニオイが壁やシートについてしまっている恐れがあります。

またタバコやペットに縁がないとしても、自分では気が付かない「加齢臭」や「化粧のニオイ」など査定人が気になってしまうニオイがする場合もあるでしょう。

そのため、可能な限り「ニオイがしない」状態に近づけることが、査定でマイナスポイントを避けるために重要です。

消臭スプレーを使用するときは、窓やドアを開けるなどして換気しながらおこなうようにしましょう。

また、樹脂の表面に吹きっぱなしだと水滴の跡が残ってしまうため、いらなくなった布などで水滴を広げるようにして跡を残さないようにしましょう。

洗車

3つ目は洗車です。あなたが定期的に洗車してきたのであれば、査定前日にいつも通りに洗車するようにしましょう。

前回いつ洗車をしたかまったく覚えていない場合、ガソリンスタンドのコイン洗車などで、「ワックス付き」の洗車を査定前日にするようにしましょう。

塗装が綺麗な状態であれば、どんなに古い車であっても査定人に悪い第一印象を持たれることがないからです。第一印象が悪いと、故障している箇所や、不具合がないかと否定的に査定されてしまうでしょう。

たとえば、あなたが初対面の人に挨拶したとき、目も合わせず、返事もしてくれなかったら良い印象は持ちませんよね。そうなれば、「この人は自分に合わない」と否定的に見てしまうでしょう。

車の査定でも第一印象は大切です。第一印象が良ければ「大切にのられていたに違いない」と査定人が解釈してくれるのです。反対に第一印象が悪ければ、「買い取ってから故障が判明するかもしれない」と故障による修理を恐れて、高い査定額を出しにくくなります。

長期間洗車をしていないと、塗装の光沢が失われていますがワックス付きの洗車をすることによってその光沢がいくらか戻ります。

このように、査定で第一印象を良くするためにも査定前日までには洗車をしておくようにしましょう。

まとめ

マークⅡとマークXを高く売却するためには、新車購入時の「下取り」で出すのではなく、中古車買取り業社の「買取り」を利用したほうが、査定額が高くなることを説明してきました。

さらに、査定を依頼するときも個別に1件ずつ査定を依頼するより、日時と場所をこちらで決めて一括査定を利用したほうが最終的に短時間で高い査定額を引き出すことができます。

査定を依頼する前には「車内清掃」「ニオイ取り」「洗車」をおこなって査定人に良い第一印象を持ってもらうようにしましょう。

ちょっとした手間をかけるだけで、何万・何十万円も査定額が大きく上がるのが一括査定です。マークⅡやマークXを高く売りたいのであれば、このページで解説した方法を駆使して高く売却してください。


私が過去に車の売却をしたとき、新車を販売するディーラーと、中古車買取専門店の査定額を比較してみたところ、34万円の差額をつけて中古車買取専門店に買い取ってもらいました。

私が実際に利用した中古車買取専門店は買取台数日本一の「ガリバー」。全国どこでも出張して査定してくれるだけでなく、代車の貸出しなども気軽に対応してくれます。入力はとても簡単、「車種」「年式」「走行距離」以外の、車の細かい情報を入力する必要はありません!45秒で終わり、無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

1社だけに依頼するので、一括査定で起こりがちな「電話が鳴り止まなくて困る」ということも起きないので安心です。

今まで長い時間を過ごしてきた愛車だからこそ、少しでも高く売りたいですよね!
⇒【公式サイト】45秒で簡単に見積が依頼できる「ガリバー」はこちら